【8306・8316・8411】メガバンク


1.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/05(土) 04:34:00.40 ID:5rAfXN5G.net

01/14 8306 三菱UFJFG バークレイズ Over継続 840→810円
02/05 8306 三菱UFJFG シティG 1 → 3格下げ 935円 → 490円
02/09 8306 三菱UFJFG Buy継続 1100円 → 730円
02/23 8306 三菱UFJFG GS 買い継続 1040円 → 720円
02/26 8306 三菱UFJFG CS OP継続 890円→700円
02/26 8306 三菱UFJFG UBS Neutral→Buy格上げ 870円→665円
03/04 8306 三菱UFJFG BNPパリバ BUY→HOLD格下げ 1000円→520円
03/04 8306 三菱UFJFG SMBC日興 1継続 955→665円

01/14 8316 三井住友FG バークレイズ Equal継続 5200→4900円
01/26 8316 三井住友FG MSMUFG Over継続 6200→5700円
02/05 8316 三井住友FG シティG 2 → 3格下げ 4900円 → 3200円
02/09 8316 三井住友FG Buy継続 6890円 → 4610円
02/23 8316 三井住友FG GS 買い継続 7900円 → 5690円
02/26 8316 三井住友FG CS OP継続 5700円→4100円
02/26 8316 三井住友FG UBS Buy継続 5685円→4285円
03/04 8306 三井住友FG BNPパリバ BUY→HOLD格下げ 5700円→3300円

01/26 8411 みずほFG MSMUFG Over継続 275→300円
02/05 8411 みずほFG シティG 2 → 3格下げ 260円 → 170円
02/09 8411 みずほFG Hold継続 300円 → 210円
02/23 8411 みずほFG GS 買いHold継続 360円 → 250円
02/26 8411 みずほFG CS Neutral継続 230円 → 170円
02/26 8411 みずほFG UBS Neutral→Buy格上げ 260円→200円
03/04 8306 みずほFG BNPパリバ BUY→REDUCE格下げ 300円→150円
03/04 8306 みずほFG SMBC日興 2継続 285→190円

2.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/05(土) 04:34:43.41 ID:5rAfXN5G.net

割安でも銀行株避けるべき、マイナス金利環境足かせ=グロス氏

[ニューヨーク 3日 ロイター] – 著名債券投資家でジャナス・キャピタル・グループのビル・グロス氏は、マイナス金利が
視野に入る状況では、割安感が出ていても銀行株を買うべきではないとの考えを示した。最新の投資見通しで述べた。
イールドカーブが世界的にフラット化し銀行の利ざやが細る中で、マイナス金利は銀行収益に打撃を与えると指摘。
最近の世界的な銀行株急落の原因は、エネルギー・コモディティ業界のデフォルト(債務不履行)の可能性というよりは
、「銀行は厳しい規制下に置かれているだけでなく、将来の株主資本利益率(ROE)が公益株とほぼ似通った水準に
なると投資家が認識しているため」と述べた。
またマイナス金利に起因する一時的な勢いで高値をつけているとし、米独国債への投資も勧めないとした。

3.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/05(土) 04:35:06.69 ID:5rAfXN5G.net

市場ニュース
2016年03月04日13時06分
【材料】国内大手証券、三菱UFJフィナンシャル・Gをトップピック銘柄として強調
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>が3日続伸、東証1部市場の売買代金ランキングで2位となり、ETFを除けば
個別で実質1位の大商いとなっている。週末要因で直近上昇した分の利益確定売りが出て売り買い交錯となっている。
 国内大手SMBC日興証券が三菱UFJフィナンシャル・グループの目標株価を955円から665円に引き下げる内容の
リポートをリリースした。投資評価は「1」を継続、マイナス金利影響で今後の利益予想を引き下げたのが原因となっている。
 同証券のアナリストは、目標株価を引き下げているが「株主還元、子会社利益の相対優位は揺らがない。トップピック
強調、還元政策は不変:総還元16年3月期45.8%→20年3月期49.2%と着実に拡大」とポジティブな印象が強い
内容で紹介している。
《MK》
株探ニュース

4.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/05(土) 04:36:14.80 ID:5rAfXN5G.net

みずほ・第一生命の運用会社、10月統合で合意、アジア最大。
2016/03/03 日本経済新聞 夕刊
 みずほフィナンシャルグループと第一生命保険は3日、系列の資産運用会社を統合してつくる新会社の詳細で合意した。
「アセットマネジメントOne」の社名で10月1日に発足させる。社長にはみずほ出身でDIAMアセットマネジメントの西恵正
社長を充てる。新会社の運用残高は50兆円規模とアジア最大になる。低金利で運用環境が厳しくなるなか、規模拡大
で運用力を高める。
 3日午後に発表する。統合するのはDIAMアセットマネジメント、みずほ投信投資顧問、新光投信、みずほ信託銀行の
資産運用部門の3社1部門。社名には「みずほ」や「第一」を使わず系列色を薄める。
 銀行系と生保系の強みを持ち寄り、預金からの資金シフトを促しやすい低リスク・低コストの運用商品を開発。年金基金
など機関投資家向けの助言業務も強化する。みずほと第一生命の拠点網や顧客基盤を使い欧米の運用マネーも取り込む。
 運用環境は日銀のマイナス金利政策で悪化し、魅力的な商品を提供する運用会社の役割が一段と重要になっている。
みずほは資産運用ビジネスを銀行、信託、証券に続く第4の柱と位置づける。第一生命は保険料の運用収益を高めるため
に新会社を活用する。
 米ブラックロックや米バンガード・グループなどグローバルな運用会社は100兆円を超す運用規模を持つ。

5.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/05(土) 04:36:44.61 ID:5rAfXN5G.net

「ワンみずほ」総仕上げ、カンパニー制導入を発表。
2016/03/04 日本経済新聞 朝刊
 みずほフィナンシャルグループは3日、4月からグループを横断するカンパニー制を導入すると正式に発表した。顧客別に5つの
社内カンパニーを設けて戦略づくりなどの権限を持たせて、グループ一体でサービスを提供できるようにする。銀行、信託、証券
の連携を強化する「ワンみずほ戦略」の総仕上げと位置づけ、他のメガバンクとの違いを出す。
 これまでもグループ横断の組織はあったが、傘下銀行や証券会社との役割分担があいまいだった。今後はカンパニー長が戦略
を立てて、収益目標の達成にも責任を持つ。銀行や証券のトップは営業など業務の執行に注力する。
 みずほはシステム障害や反社会的勢力への融資問題でグループ内の風通しの悪さが課題といわれてきた。佐藤康博社長は
傘下2銀行の合併や社外取締役の権限を強める委員会設置会社への移行などガバナンス強化を進めてきた。カンパニー制の
導入によって持ち株会社主導の経営体制をより明確にする。
 多様化する顧客のニーズに応える狙いもある。銀行、信託、証券の一体感を強めて、例えば銀行の顧客にも信託や証券の
サービスを円滑に提供できるようにする。

6.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 04:39:06.45 ID:5rAfXN5G.net

割安株買い、ROEの壁 安定・還元に投資マネー(スクランブル)
2016/03/05 02:00 日経速報ニュース 1193文字
 日経平均株価が約1カ月ぶりに1万7000円台を回復した。割安になった資源関連株が買い戻され、リスク回避の動きは
いったん収まったかに見える。ただ国内外の懸念材料は解消せず、投資家は企業業績の先行きに確信を持てずにいる。
2016年度は自己資本利益率(ROE)の改善が足踏みする可能性が高まってきたことも選択の幅を狭めている。
 「赤字は驚きだったが、株価はよく踏みとどまった」。4日、大阪チタニウムテクノロジーズ株の取引は売り気配で始まった。
前日、ポリシリコン事業の減損損失が原因で16年3月期の最終損益が赤字になると発表。一時11%安まで下げたが、
大引けは6%安にとどまった。岩井コスモ証券の岩崎彰氏は資源株への買いが緩衝材になったとみる。
 4日は値上がり率の上位に資源関連や機械株が並ぶ半面、それまで高かった通信、薬品株が売られた。小野薬品工業
が5%安、参天製薬やKDDIは4%安だった。昨夏も「資源株買い、通信・薬品株売り」が盛り上がった局面があった。
 中ピー民銀行(中央銀行)が人民元の基準値を大幅に切り下げて相場が大きく崩れた後の8月下旬、急落した資源や
ピー関連株に買い戻しが入った。しかし、買いは続かなかった。ピー景気の減速懸念がぬぐえなかったからだ。
 状況は今も変わっていない。リスク回避の動きが和らいだとはいえ、来期を見渡せば株式市場では業績の先行き懸念がくす
ぶる。アベノミクス相場の上昇を支えたROEの変調が投資家の不安を物語る。
 「利益の伸び悩みがROEの伸びを抑えている」。野村証券の松浦寿雄氏は警鐘を鳴らす。同氏の試算では、主要企業
の2015年度のROEは8.2%と2期連続で低下する。松浦氏によると、円安効果が薄れる2016年度前半の主要企業の
経常利益は前年同期比で減少に転じる可能性がある。減益になればROE8%割れは避けられない。
 日本企業全体の業績が再び「減益」モードに入るなら、銘柄の選別が一段と重みを増す。基準を切り替えた投資家た
ちのモノサシは何か。
 いちよしアセットマネジメントの秋野充成氏が注目するのは「現金」だ。業績が安定し、豊富な現金を持つ企業は昨年
以上の株主還元が期待できる。ディフェンシブ性の高い医薬品株や通信株が該当するという。既に株価が高い銘柄も
多いが「利益成長や自社株買いでROEが上がって割高さは薄れる」と指摘する。
 ニッセイ基礎研究所の井出真吾氏は円安に頼らずに利益成長が期待できる銘柄を探している。村田製作所は携帯電話
の不要なノイズを取り除いて通話の品質を上げる表面弾性波フィルターなどの最先端部品で競合に先行する。技術力を
支えに「多少の円高になっても売上高は伸び続け、利益も安定する」とみる。
 円安の押し上げ効果がなくなる16年度。投資マネーが向かうのは15年以上に「安定」「還元」といった銘柄になるのかもしれない。
(湯浅兼輔)

7.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 06:03:15.04 ID:P2hzZsxS.net

日銀、消えゆく緩和反対派、政府、新審議委員に桜井氏提示、「追加緩和しやすい」見方も。
2016/03/05 日本経済新聞 朝刊 5ページ 585文字 書誌情報
 政府は4日、日銀の新しい審議委員としてサクライ・アソシエイト国際金融研究センター代表の桜井真氏を起用する人事案を
ピーに提示した。1月のマイナス金利政策の導入決定に反対した白井さゆり元慶大教授(3月末で任期満了)の後任となる。
桜井氏は大胆な金融緩和政策に前向きとみられ、日銀が追加の金融緩和に動きやすくなるとの見方がある。
 桜井氏は日本輸出入銀行(現在の国際協力銀行)の研究員などを務めた国際金融の専門家。ピー晋三ピーの経済政策
でのブレーンである浜田宏一エール大名誉教授との共同論文がある。自民党で金融緩和が必要と主張する山本幸三氏とも親
交がある。丸三証券の安達誠司氏は「デフレを脱却するために強力な金融緩和が必要との考えで、今の金融政策にも賛同して
いる」と話す。
 ただ国内での知名度は高くなく、民間エコノミストの間でも「どういう人か分からない」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の嶋中
雄二氏)との声がある。日銀内でも知る人は少なく、実際の金融政策運営にどのような姿勢で臨むのか、読み切れない部分が残る。
 日銀の審議委員では、マイナス金利政策の導入に反対した石田浩二氏(三井住友銀行出身)も6月に任期満了を迎える。同
政策の導入は5対4のぎりぎりの表決だったが、反対派が相次いで去る。政府は石田氏の後任として調整していた政井貴子・新生
銀行執行役員の4日の提示は見送った。

8.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 06:03:58.49 ID:P2hzZsxS.net

定期預金金利、年0.01%に、みずほ・三井住友信託。
2016/03/05 日本経済新聞 朝刊 5ページ 150文字 書誌情報
 みずほ銀行は4日、定期預金の金利を7日から金額や期間にかかわらず年0・025%から年0・01%に引き下げると
発表した。三井住友信託銀行も一部を除く大半の定期預金で同様に引き下げる。三菱東京UFJ銀行、三井住友
銀行、りそな銀行はすでに同水準に下げており、大手5行で預金金利引き下げの足並みがそろった。

9.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 06:07:15.80 ID:P2hzZsxS.net

個人や年金の買い広がる(株式)
2016/03/05 日本経済新聞 朝刊 18ページ 276文字 書誌情報
 日経平均株価は今年に入って初めて4日続伸した。2月8日以来、約1カ月ぶりに1万7000円台を回復した。
世界の株式相場が落ち着きを取り戻しつつあるなか、打診買いの勢いがじわりと増した。午前は小安く推移したが、
午後に入ると水準を切り上げた。
 足元で相場の短期的な戻りを期待する雰囲気が広がっている。個人や年金とみられる主体から打診買いが入って
下値の堅さが鮮明となると、短期筋が株価指数先物に散発的な買いを入れた。
 JPX日経インデックス400、東証株価指数(TOPIX)も4日続伸した。日経ジャスダック平均株価は7日続伸。
東証マザーズ指数は5日続伸した。

10.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 06:34:09.53 ID:vpIUVV3m.net

M M H A K R W A Q S S S Q H Q N V D D K O K M A B H B W A T R X

★今買うといい株★ 8411 – (株)みずほフィナンシャルグループ

【今買うといい理由】
 日銀総裁「マイナス金利幅の拡大は必要なし」
  httpp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010431181000.html

 そして、8411 – (株)みずほフィナンシャルグループ は、
 EPS(1株あたり利益)=25.44、BPS(1株あたり資産)=330.57 である。
 なんとなんと、論理株価は584.97円、それが今なら184.7円で買える。
 200円以下なら何処で買っても長期で絶対に儲かるよ。
 物理的にはBPSの330.57円の価値が実際にある。
 潰れそうになったら公的資金注入があるから330.57円山分けはないけどね。

 シャープ買収 ホンハイと7日にも契約へ
  httpp://news.yahoo.co.jp/pickup/6193340
 ホンハイ会長が来日、シャープ支援7日にも最終合意へ
  httpp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2717987.html
⇒ジャンク債が優良債に化けました。増益が確定しました。

11.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 06:41:21.60 ID:XHA66GyY.net

日本株ADR4日、買い優勢 ソニーと京セラ、野村が高い
2016/03/05 06:11 日経速報ニュース 131文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】4日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は買いが優勢だった。
同日の日米株式相場がともに上昇し、日本株ADRも値上がり銘柄が多かった。ソニーや京セラ、野村、
キヤノン、アドテストなどが上昇。一方、NTTとNTTドコモは下落した。

12.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 12:41:33.26 ID:hgD9rUl4.net

シカゴ日本株先物概況・4日
2016/03/05 07:19 日経速報ニュース 185文字
【シカゴ支局】日経平均先物は4日続伸し、約1カ月ぶりに1万7000円を回復して引けた。
3月物は前日比185円高の1万7030円で引けた。4日の大取終値を30円上回った。2月
の米雇用統計や原油高を受け景気先行き見通しが改善し、米株とともに買われた。この日
の3月物高値は1万7175円、安値は1万6855円。
 推定売買高は7万2100枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

13.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 16:13:06.87 ID:F+96+1wg.net

NY株4日続伸 1万7000ドル台回復 2カ月ぶり。
2016/03/05 日本経済新聞 夕刊 1ページ 236文字 書誌情報
 【ニューヨーク=山下晃】4日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が前日比62ドル高と4日続伸した。
4日続伸は5カ月ぶりで、およそ2カ月ぶりに1万7000ドル台を回復した。米景気指標の改善が相次ぎ、週間
では366ドル高と3週連続で上昇した。
 ダウ平均の4日終値は前日比62ドル87セント(0・4%)高い1万7006ドル77セント。朝方発表された2月
の米雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比24万2千人増と、市場予想以上に増えた。米景気の先
行きに明るい見方が広がった。

14.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 22:35:36.58 ID:+PnuiJ5l.net

富士通、三井住友銀行の融資契約プロセスを刷新
httpp://dot.asahi.com/business/pressrelease/2016030400149.html

15.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 22:39:11.52 ID:+PnuiJ5l.net

R3とシティ、三菱UFJ、みずほなど世界主要銀40行、ブロックチェーン上で債券取引を実験
2016/03/05
 ブロックチェーン技術のスタートアップ企業である米R3CEVは米国時間2016年3月3日、同社のコンソーシアム
「Global Collaborative Lab」メンバーである40の世界主要銀行と共同で、五つの異なるブロックチェーン技術に
ついて実用可能性を評価する実証実験を成功裏に終えたと発表した。

 実験に参加した40行には米シティ、銀行、英HSBCなどのほか、邦銀では三菱UFJフィナンシャル・グループ、
みずほフィナンシャルグループが含まれる。

 この実験では、米チェーン(Chain)、英エリス(Eris Industries)、イーサリアムプロジェクト(Ethereum)、米IBM、
米インテルがそれぞれ構築したブロックチェーンについて、金融業務に応用する際の機能や性能を評価した。
Microsoft Azure、IBM Cloud、Amazon AWS上でそれぞれの分散台帳をホスティングし、R3が運用した。

 実験に参加した銀行は、これらの分散台帳に接続し、ブロックチェーン上で契約を自動実行できる技術「スマート
コントラクト」を応用し、コマーシャルペーパー(短期の無担保約束手形)の発行、二次市場での取引、償還などの
業務を支援するプログラムを実行させた。五つの異なる分散台帳について、同一のビジネスロジックに基づくスマート
コントラクトを実行することで、それぞれの分散台帳のパフォーマンスを正確に評価できるようにした。

 R3CEVは今後数カ月にわたり、コンソーシアムのメンバーと共に、分散台帳を使った金融アプリケーションの開発や
テストを実施する。

16.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/05(土) 23:12:03.72 ID:dZY+T8vc.net

去年の年末にヤフー掲示板にBNFさんが現れ

そーせい 小野医薬品 タカトリ

の3つの医療関連に期待という投稿をみて買いましたが
あっさりと株価が2倍になったのは恐ろしい

おまけにタカトリの株価も右上がり

BNFさまは先見の明があり

17.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/06(日) 07:12:25.91 ID:AkWJrdD1.net

仮想通貨技術で債券発行実験 世界の金融40行
httpp://www.nikkei.com/article/DGXLASGC04H20_V00C16A3NN1000/

18.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/06(日) 10:09:24.03 ID:tR5fKQQ7.net

中東で日本食普及支援、みずほ銀など450億円基金。
2016/03/04 日本経済新聞 
 みずほ銀行や官民ファンドのクールジャパン機構などは、中東で日本の農産物や食品の普及を後押しするためのファンドを
設立する。農林中央金庫や中東の政府系ファンドと共同で総額4億ドル(約450億円)を出資。現地で農産品の生産や食
品流通網の整備を手掛ける企業に投資する。
 中東の富裕層の間で人気が高まる高品質な日本の農産品などの輸出拡大につなげる狙いだ。4日夕にピー官邸で開く
「未来投資に向けた官民対話」で林幹雄経済産業相が表明する。
 月内にも出資する各社が基本契約を結び、4月以降に具体的な投資案件選びに着手する。4億ドルのうち日本勢は
みずほ銀が1億ドル、農林中金が5000万ドル、クールジャパン機構が4000万ドルを出資。残りを中東の湾岸6カ国が
共同出資するファンドやオマーンの政府系ファンドが負担する。
 投資先としては、現地で冷凍輸送網を構築して生鮮品を輸出しやすくしたり、バイオなどの先端技術を駆使して野菜工場
を建設する企業などを幅広く検討する。日本の食品メーカーや物流企業が中心となる見通しだ。
 政府は2020年に農林水産物の輸出額を15年の7500億円から1兆円まで増やす方針だ。環太平洋経済連携協定
(TPP)締結を機に日本食の輸出に弾みをつける。中東諸国はTPPに参加していないが、政府は今回の件をTPP域内など
への輸出増に向けたモデル事業にしたい考え。

19.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/06(日) 21:42:13.01 ID:rptta2su.net

【来週の見通し】 堅調な展開か。原油価格が落ち着きをみせるなか、グローバル市場で株高の動きが見られており、
日本株も引き続き戻りを試す展開が想定される。国内では1月景気動向指数や10-12月期GDP改定値、2月国内
企業物価指数、1-3月期法人企業景気予測調査など、注目指標が多数あるが、足元の環境では、弱い結果と
なった場合には、経済対策や追加緩和への期待が高まりやすい。良ければ素直に好感されそうで、マクロ環境を
悪材料視する動きは限定的と考える。海外ではECB理事会とドラギ総裁会見が注目材料。事前のドラギECB総裁
発言から、追加緩和の可能性は高いなか、欧米株高につながればリスクオンの流れが加速する展開も期待できる。

20.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 06:19:06.34 ID:2sUiIBRj.net

アニメ人材の育成支援、三井住友銀、インドネシアで。
2016/03/07 日本経済新聞 朝刊 5ページ 461文字 書誌情報
 三井住友銀行はインドネシアでアニメーション産業の人材育成を支援する。海外で専門学校を運営するカドカワの協力を得て、
同社のノウハウを現地のアニメ学校の教育プログラムに生かす。映像機器の導入費用もピーする。昨年から現地の大手財閥
ジャルム・グループの財団と取り組む企業の社会的責任(CSR)活動の一環。同国での知名度向上につなげる。
 アニメ制作などの人材育成を手がけるカドカワのグループ会社、カドカワコンテンツアカデミーを現地のアニメ学校に紹介する。
台湾で専門学校を展開する同社がノウハウを提供し、アニメ学校の教育の質を高める。三井住友銀として音響スタジオや試写
用シアターの設備購入資金のほか、教材用に日本の中古漫画本1400冊も寄贈する。
 インドネシアはアニメや映画などのコンテンツ産業の振興に力を入れているが、クリエーターの育成が課題だった。三井住友銀と
しては、昨年に実施した看護や海洋分野に続く現地の専門人材の育成支援となる。積極的なCSR活動を通じ、アジアの中で
も重点国と位置づけるインドネシアで存在感を高める狙いだ。

21.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 06:22:38.67 ID:2sUiIBRj.net

マイナス金利、下限はどこ?(景気指標)
2016/03/07 日本経済新聞 朝刊 16ページ 822文字 書誌情報
 欧州中央銀行(ECB)などに続き、日銀がマイナス金利政策を導入した。では「中央銀行がこれ以上は下げられない」という
マイナス金利の下限はどの程度か。
 ひとつの手掛かりは「マイナス0・5%説」。英中銀のイングランド銀行(BOE)が2013年に英議会向けの書簡で「マイナス0・
5%を下回る政策金利を1~2年以上続けるのは可能ではないと思われる」と指摘した。
 マイナス金利を嫌がる金融機関が中銀から預金を引き出し現金を自ら保有・管理しようとしても一定の費用がかかる。その費用
を金利0・5%分と想定し、小幅利下げなら金融機関は現金に置き換えないとの判断による。
 ただBOEは、金融機関が中銀に積んだ預金残高のかなりの部分にマイナス金利を適用するケースを想定していたもよう。これに
対し、日銀はごく一部の預金だけにマイナス金利を適用している点が異なる。
 そんな限定的なマイナス金利のやり方ならば、ユーロ圏の政策金利(預金金利)はいまのマイナス0・3%からマイナス4・5%程度、
日本はマイナス0・1%からマイナス3・5%程度まで下げられる――。米JPモルガンはこう試算している。真偽は不明だが、まだマイ
ナス金利を下げられる余地があるのは事実だろう。
 次の焦点は10日のECB理事会。マイナス金利をさらに下げる場合、日銀にならって預金残高を何段階かの階層に分け、それ
ぞれ違った金利を適用する方式を導入するとの観測が出ている。
 幅広い預金を対象にマイナス金利を下げすぎると、金融機関の収益が大きく圧迫されかねないためだ。「追加緩和なら、日本や
スイスのように銀行への影響を緩和しなければ」とECBのコンスタンシオ副総裁は示唆している。
 量的緩和政策で欧州に先んじた日銀は、マイナス金利政策で先行していた欧州の中銀に追随した。そして今度はECBが日本
を追う番となるか。是非は別として、先進国の金融政策は各国・地域の経験を吸収しながら進化していく。(編集委員 瀬能繁)

22.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 09:09:02.26 ID:IfeMzXjn.net

主な成り行き注文(東証・前場)シャープが199万株の買い越し 
2016/03/07 09:03 日経速報ニュース 147文字
 7日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄はシャープが199万株、神戸鋼69万株、
板硝子52万株、マネパG48万株などだった。
 一方、主な売越銘柄はみずほFGが189万株、三菱UFJ40万株、りそなHD23万株、富士通23万株などだった。

23.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 12:40:11.02 ID:6wH+DalI.net

有望中小へ融資増える?―金融庁「赤字でも成長資金を」、カネ余りに悩む銀行、問われる目利き力(エコノフォーカス)
2016/03/07 日本経済新聞 朝刊 3ページ

 赤字や債務超過だが、将来性はある――。そんな中小企業に融資すべきか、銀行界が揺れている。「不振企業への追い貸し
は不良債権を膨らませるだけ」と主張してきた金融庁が一転、成長への資金を供給せよと促し始めたからだ。日銀が異次元緩和
に動いて丸3年。カネ余りのなか貸出先の開拓に悩む銀行や、お金を借りられない企業にとって光明となるか。(玉木淳、高見浩輔)
 「業況が悪化した企業への対応に懸念を持っている」。2月下旬、金融庁と地方銀行との意見交換会。居並ぶ頭取らを前に
金融庁幹部は及び腰の融資姿勢の見直しを迫った。長い目でみて成長できる企業でも赤字などを理由に融資を避けていることを
問題視した。
厳しかった検査
 皮肉にも銀行が萎縮した原因の一端は金融庁にある。1990年代から日本経済を苦しめた不良債権問題にケリをつけるため
同庁は2002年、不振企業への融資を厳しく検査し始めた。倒産しそうな企業に融資し続けるのは問題の先送りにすぎない、と
の理由だ。
 だが金融システムの安定が最優先だった時代がすぎると新たな問題が浮上した。長期のデフレと経済の活力低下だ。その悪循環
を断つには日本経済の土台をなす中小企業のてこ入れが不可欠。前向きな投資などへの融資が不十分だ、と銀行がやり玉に挙がった。
 事実、中小企業向けの融資は低調だ。国内銀行の融資残高は15年末で183兆円。直近こそやや回復したが、90年代前半
の7割の水準だ。
 落ち込みが大きいのが焦げ付く危険のある「要注意先」に区分された企業への融資。残高は3年前の43兆円から32兆円へ
11兆円も減った。業績が上向き「正常先」に繰り上がった企業もあるが、「破綻懸念先」などへの格下げのほか最近では自主廃業
も急増した。
 「問題は将来性のある企業まで淘汰されてしまっていることだ」と話すのは複数の地銀で社外取締役を務める金融コンサルタントの
多胡秀人氏。赤字や債務超過といった表面的な基準だけで融資不可能と判断され、その企業がもつ技術力などの潜在力を見抜
けない例も多いという。
 原因の一つは政府が景気対策などで大盤振る舞いした信用保証協会の中小向け融資保証だ。銀行が焦げ付いた資金を取り
戻せる仕組みなため、審査が甘くなり“目利き”の力が弱まった。
 危機感を抱いた金融庁は手を打った。銀行検査での着目点などを示した「金融検査マニュアル」で、不振企業への融資を柔軟に
判定する姿勢を明らかにしたのだ。
 倉庫に出向き在庫を確認、売り場で商品の人気も調べ実力を判断――。ある地銀が債務超過だった家具製造卸の5億円の借り
換えに応じた際、どう将来性を見極めたかを例示し、こうした融資なら「問題なし」とお墨付きを与えた。
 金融庁が特に期待するのが半年から1年ごとに契約更新を繰り返す「短期継続融資(短コロ)」。担保や保証をとらず、定期的に
審査する必要があるので現場の目利き力が高まるとみる。
担保や保証なし
 地銀の多くは金融庁の「朝令暮改」に戸惑う。また手のひらを返すのではとの疑念からだ。それでも変化の兆しはある。
 地銀界が注目するのは石川県の北国銀行だ。中小企業に経営を指南する70人の専従チームをつくり「融資先を潰さない体制」を
構築。昨夏は金沢市の看板デザイン会社フリーハンドに対し担保や保証なしに融資する「当座貸し越し」で3千万円の枠を提供した。
 「こんな融資はしていけないと教わってきたが……」。チームを率いる竹内均・コンサルティング担当課長は苦笑する。起業からまもない
フリーハンド社は赤字となる懸念もあったが、将来性を評価したという。
 ではリスクはないのか。日銀出身で非営利法人の会長を務める森俊彦氏は「金融庁への点数稼ぎで銀行が見かけだけの成長融資
を増やす懸念もある」と話す。安易な融資は焦げ付きの危険を高めるし、経済全体でみれば企業の新陳代謝を阻む副作用もある。
 ただマイナス金利で融資の利ざやが縮小し、銀行の収益は先細りだ。低金利競争の消耗戦から抜け出すためにも、銀行が借り手を
見極めるという原点に立ち返る必要性は高まっている。
 今は赤字でも将来は明るい。そんな企業を発掘し、成長を後押しできれば銀行、産業界、そして日本経済の「三方よし」となりうる。

24.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 12:41:00.42 ID:6wH+DalI.net

主な成り行き注文(東証・後場)みずほFGが14万株の売り越し 
2016/03/07 12:32 日経速報ニュース 138文字
 7日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄はみずほFGが14万株、ガンホー8万株、
三菱UFJ8万株、NEC7万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は神戸鋼が58万株、日立20万株、東芝11万株、マネパG10万株などだった。

25.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 13:40:33.48 ID:6wH+DalI.net

みずほ証券、欧州株事業で英社と提携 銘柄調査など
2016/03/07 13:30 日経速報ニュース 361文字
 みずほ証券は英国の独立系証券レッドバーン社と欧州株事業で提携する。レッドバーンから欧州の主要企業の調査情報
を受け取って日本の機関投資家に提供。投資家から得た売買注文の執行をレッドバーンにつなぐ。自前で拠点を築くより早く
低コストでサービスを提供できると判断した。
 レッドバーンは企業調査と株式売買の執行サービスに特化した証券会社で、欧州株の銘柄分析には定評があるという。
みずほは調査リポートなどを国内の機関投資家に配信する一方、投資家から得た欧州株の注文執行をレッドバーンに委託し、
両社が手数料収入を得られるようにする。
 みずほ証券の海外株式業務は米国やアジアの拠点では自前で企業調査、株式などの売買執行サービスを提供してきたが、
欧州は手薄だった。国際分散投資の需要が高まるなか、提携を機に欧州株関連のサービスを拡充する。

26.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 14:22:03.97 ID:6wH+DalI.net

東証14時、やや下げ渋り膠着感強める 個人が主力株に押し目買い
2016/03/07 14:17 日経速報ニュース 538文字
 7日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はやや下げ渋り、小安い水準でもみ合っている。前週末比90円前後安い
1万6900台前半で推移している。日経平均の高値と安値の差は午前中に約122円だったが、午後には60円程度に縮小し膠着
感を強めている。個人投資家の間でトヨタや三菱UFJなど主力株に押し目を拾う動きが出ているとの声がある。為替市場で円高
・ドル安に一服感が出たこともあり、日本株の売りに歯止めがかかった。
 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は安値圏でもみ合っている。
 日銀の黒田東彦総裁は都内で開かれた読売国際経済懇話会で講演し、マイナス金利の導入で金融政策が限界に達したなど
との指摘は「完全払拭された」と発言。「必ず2%の物価安定を実現する」などと述べた。相場に特段の影響はなかったとの声が聞かれた。
 14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5181億円、売買高は16億4488万株。東証1部の値下がり銘柄数は954、
値上がり銘柄数は900、変わらずは89となっている。
 富士フイルムやオリンパスが下げ幅を広げた。スカパーJは下げ幅が5%を超えた。一方、千葉銀や新生銀は堅調。荏原や千代建も
大幅に上げている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

27.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 16:28:11.16 ID:BU8I2b8o.net

日銀総裁、マイナス金利「住宅投資・企業の資金調達にプラスの影響」
2016/03/07 14:39 日経速報ニュース 650文字
 日銀の黒田東彦総裁は7日、都内で講演し、マイナス金利付き量的・質的金融緩和について「かなり早い時期に家計の
住宅投資にプラスの影響が出るだろう」と述べた。主要銀行がそろって住宅ローン金利を引き下げたため、「足元で住宅ロー
ンの借り換えの話が相当多いと聞いている」と指摘。「新規の住宅投資をする人も有利な影響を受ける」との認識を示した。
 マイナス金利政策の導入で「企業の資金調達は一段と容易になっている」とも述べた。社債市場で発行金利が低下して
おり、「今後さらに社債を発行しようという企業が増えるだろう」と指摘した。黒田総裁は「企業の現預金や内部留保を設備
投資などに回す動きも積極化する」とも述べた。
 2月末にピー・上海で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では「マイナス金利政策に対する反対
論や意見はなかった」との認識を示した。世界経済の現状は、「リーマン・ショック直後のような危機的な状況ではない」とし、
新興国を含めた世界全体の成長率は今後加速していくとの見通しを示した。
 マイナス金利のさらなる引き下げなど追加緩和策に関しては、「現時点ではマイナス金利政策を着実に推進していく」と述べ
るにとどめた。
 消費税率の10%への引き上げの影響は「前回の半分強ほどにとどまる」と述べた。消費税率の引き上げ幅が2%と、2014
年4月の引き上げ時(3%)よりも小さいうえ、食料品は非課税となるため「駆け込み消費も反動減も前回ほどではない」との
認識を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

28.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/07(月) 20:18:37.60 ID:nH0WlER9.net

株、3月末まで1万7000円前後が上値めど・瀬下氏 円高が重荷
2016/03/07 17:06 日経速報ニュース 356文字
 瀬下哲雄・セゾン投信運用部長 日経平均株価は3月末までにかけて1万7000円前後を上値として小幅ながら軟調に
推移していくと見ている。2016年の年初からの世界的な株価下落には落ち着きが見られるものの、外国為替市場での円高
傾向が日本株にとっては重荷となる。当面は1ドル=125円前後といった円安方向に基調が転換するような動きが見られず、
日経平均は上値が重い展開が続きそうだ。
 今週から来週にかけて日米欧で重要なイベントが続く。もっとも、各イベントには波乱がないと見ている。10日の欧州中央
銀行(ECB)理事会が打ち出すのは小幅な金融緩和だろう。マイナス金利を導入したばかりの日銀は政策の現状維持、
世界景気の不透明感から米連邦公開市場委員会(FOMC)も利上げは見送るだろう。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

29.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 01:29:49.23 ID:oMbhcV0r.net

みずほかシャープか新生かで迷う

30.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 04:02:10.01 ID:TUwJXhfN.net

クジラ、年度末に動くか 夏の選挙控え、市場に思惑 スクランブル
2016/03/08 02:00 日経速報ニュース 1258文字
 「年度末にかけ株価テコ入れ策が出てくる」。市場でこんな思惑が浮上している。株価低迷を放置すれば夏の参院選
のマイナス材料になりかねず、ピー政権は株価押し上げに動かざるを得ない、との見立てだ。約140兆円の資産を持ち、
「クジラ」の異名をとる巨大投資家、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による買い支えも取り沙汰され始めた。
 「本年3月末の為替及び株価動向はピー的には極めて重要」。SMBC日興証券の末沢豪謙アナリストは最近のリポ
ートでこう指摘した。キーワードは「GPIF」と「選挙」だ。
 GPIFの2015年10~12月の運用成績は4兆7000億円強のプラスだった。だが今年1~3月はがらりと風向きが変わって
いる。ピー景気を巡る不安に欧州金融機関の信用リスク問題なども加わり、円高・株安が進んだためだ。SMBC日興
証券では「1日時点で7兆円程度損益が悪化した計算」としている。
 GPIFの今年度の運用結果は7月上旬に公表される見通しだ。例年金曜日に発表されることが多く、今年は7月1日
あるいは8日の可能性が高い。この後すぐの7月10日もしくは24日が参院選の投開票日の候補とされ、なんとも微妙な
日程になりそうなのだ。
 ピー晋三ピーは大きなピー目標である憲法改正をめざすうえで、次の選挙をかつてなく重視しているはず。直前に
発表されるGPIFの運用結果が数兆円規模の損失を出すような散々な内容ではたまらない。GPIFはピー政権下で
株式などリスク資産の比率を高めており、野党に格好の攻撃材料を与えてしまう。
 こうした連想が「株価テコ入れ」の思惑をピー激する。市場では大規模な経済対策を予想する声が強まっているほか、
ピーピーが消費税率引き上げを巡って「現段階では」といった表現を忘れないのをみて、「増税延期の布石では」と
深読みする投資家もいる。
 急速に高まってきたのがGPIFによる買い支えへの期待だ。今年に入って運用悪化で日本株の保有比率が計画を
下回り、かえって買い余力が生まれているようだ。大和証券の吉田亮平ストラテジストは4日時点でGPIFの日本株
保有比率は21.7%と、計画の中心値である25%を下回っていると試算。25%に戻すには4兆5000億円強の買い
が必要になるという。
 「クジラはもう動き始めているのかもしれない」との指摘も出ている。投資主体別のデータをみると、年金の動きを反映
するとされる信託銀行は2月第3.4週に合計8800億円強の日本株を買い越している。「政権が株価対策を考えるなら、
3月末にとどめず選挙直前まで続ける可能性もある」(吉田氏)
 とはいえ、7日の日経平均は5日ぶり反落となり、市場に熱気が戻ってきているわけでもない。「力ずくで株価を押し
上げてもヘッジファンドなどに売りの好機を提供するだけ」(クレディ・スイス証券の松本聡一郎氏)という声もある。
 アベノミクスは株価を重視しても、根底にある経済や企業の実力は素通りしていないか。市場にはこんなもやもやが
くすぶる。(証券部次長 山下茂行)

31.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 07:10:53.82 ID:/D92lnlC.net

MMF、全社が資金返還、マイナス金利で運用難。
2016/03/08 日本経済新聞 朝刊

 野村アセットマネジメントなど資産運用大手はMMF(マネー・マネージメント・ファンド)の運用をやめ、資産を投資家に返す
方針を固めた。マイナス金利のあおりで安定した利回りを確保できなくなったため。MMFを扱う全11社が償還する見通しで、
一時は残高が20兆円を超えた人気投資信託が事実上、姿を消す。
 MMFは主に短期金融市場(3面きょうのことば)の商品で運用する。元本保証ではないが、安全性に配慮した投信と位置
付けられてきた。4日時点の残高合計は1兆3723億円。
 日銀のマイナス金利政策導入後、組み入れ資産の利回りが急低下し、一部はマイナスになった。MMFの利回りは約0・02
%と過去最低水準となり、運用各社は「元本割れする前に償還したほうが投資家保護になる」と判断した。
 すでに全社が販売を見合わせている。残高で最大手の大和証券投資信託委託は10月、野村アセットマネジメントは8月を
メドに償還する方向だ。三菱UFJ国際投信は4~5月の償還に向けて手続きを進めている。日興アセットマネジメントなど5社
は7日までに償還を発表した。
 MMFは1992年5月に運用が始まった。安全性と銀行預金に比べた利回りの高さが個人マネーを呼び込み、2000年5月
に残高が21兆円に達した。だが01年の米エンロン破綻で同社債を組み入れたMMFが元本を割り、その後は人気が下火に
なっていた。
 マイナス金利の波紋は他の金融商品にも広がる。MMFと似た商品で、残高が10兆円強のマネー・リザーブ・ファンド(MRF)
の利回りも0・01%台に下がった。株や投信の売買に使う「決済口座」の役割があり、償還は難しい。運用会社が損失を補〓
でき元本割れは避けられるが、コストは運用会社にのしかかる。
 生保では、貯蓄性を重視した商品の販売を取りやめる動きが広がっている。T&Dフィナンシャル生命保険は一時払い終身
保険の一部販売を16日に休止する。太陽生命保険も提携先が取り扱う一時払い年金保険の販売を今月末でやめる。
 資産運用の選択肢が狭まるなかで、個人マネーは少しでも有利な利回りを確保できる商品に向かっている。財務省が2月に
購入を受け付けた個人向け国債への応募額は2335億円と前月比570億円増えた。1年7カ月ぶりの多さだ。発行時の金利
は0・05%と下限に張り付いたが、大手銀行の定期預金金利(0・01%)より高い。

32.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 07:13:36.70 ID:/D92lnlC.net

マイナス金利の副作用指摘、BIS報告。
2016/03/08 日本経済新聞 朝刊

 【ベルリン=赤川省吾】主要国の中銀で構成する国際決済銀行(BIS)は6日に公表した四半期報告書で金融緩和の副作用
を指摘した。銀行が余剰資金を中銀に預けた際に課すマイナス金利について「家計と企業がどのように行動するのか非常に不透明
だ」と言及。政策効果などに「多くの疑問が残る」として政策運営に慎重になるべきだとの考えをにじませた。
 BISのボリオ金融経済局長は各国中銀の金融緩和が市場の混乱の遠因になったと見る。欧州で銀行株などが急落したのは「低
金利で銀行の利ざやなどが大きく低下するとの連想が働いたため」と分析。日銀のマイナス金利の導入で「この心配が広がった」と語った。
 マイナス金利は日銀のほか、欧州中央銀行(ECB)やスイス中銀などが導入済み。政策効果の有無を巡って欧州では議論が割れ
ている。
 これまでもBISは行き過ぎた金融政策は危険だとのメッセージを繰り返し発してきた。金融緩和によって株や不動産などの資産価格
ばかりが上昇し、資産を持つ人が得する構図になったとも指摘している。

33.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 07:15:25.52 ID:/D92lnlC.net

都銀預金、13年ぶり伸び率、2月末5.9%増、マイナス金利影響。
2016/03/08 日本経済新聞 朝刊

 全国銀行協会が7日発表した預金・貸出金速報によると、手形と小切手の分を引いた2月末の実質預金残高は都市銀行が
前年同月と比べて5・9%増の309兆8069億円だった。2002年11月以来、約13年ぶりの高い伸び率となった。日銀が導入
したマイナス金利政策の影響で短期金利がマイナス圏に落ち込み、投資信託などのお金が預金にシフトしているようだ。
 都銀は三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、りそな、埼玉りそなの5行。2月末の実質預金残高は前年同月と比べて17兆24
50億円、前月と比べると8兆3905億円(2・8%)増えた。
 背景にあるのがマイナス金利政策の導入による短期金利の低下だ。金融機関は余ったお金を短期金融市場で他の金融機関に
貸して運用している。翌日物の金利がマイナス圏まで落ち込んだことで資金を貸して運用することが難しくなっている。
 日銀が7日発表した2月末のコール市場残高は5兆3485億円と、1985年12月以来、約30年ぶりの低水準だった。投信の
運用残高は前月から3兆8715億円(70%)減った。地銀が同8530億円(48%)、生損保が同7936億円(87%)減らし、
金融機関が資金をやりとりする短期金融市場の残高は急減している。銀行間市場に比べて金利が高い銀行預金に資金が流入し
ているとみられる。
 一方で2月末の都銀の貸出金残高は前年同月と比べて1・8%と平均的な伸びにとどまった。マイナス金利が貸し出しを増やす
効果はまだ限定的となっているようだ。

34.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 07:31:16.89 ID:Un1hFxqJ.net

日本株ADR7日 売り目立つ、NTTドコモや京セラが下落
2016/03/08 06:11 日経速報ニュース 143文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】7日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には売りが目立った。
同日の日経平均株価が下げたのを受け、日本株のADRにも売りが出やすかった。NTTドコモや京セラ、
みずほFGが下落。トヨタやアドテスト、オリックスも安い。一方、ソニーや三井住友FGは上げた。

35.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 09:25:59.33 ID:+5fM/kPw.net

主な成り行き注文(東証・前場)東芝が40万株の売り越し 
2016/03/08 09:04 日経速報ニュース 139文字
 8日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄は三菱UFJが41万株、東芝40万株、
日産自20万株、野村17万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は神戸鋼が120万株、三井物37万株、ヤフー34万株、シャープ33万株などだった。

36.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 09:26:38.32 ID:31jcS0de.net

■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■

ドル円見通し

================

105円~100円 (2016年3月末まで)

================

37.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 10:27:20.96 ID:+5fM/kPw.net

東証10時、一時200円超安 円高進行を嫌気、東芝や住友電など安い
2016/03/08 10:05 日経速報ニュース 576文字
 8日前場半ばごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を広げている。一時200円超安まで下げ、1万6700円台前半
で推移している。外国為替市場で円相場が1ドル=112円台後半を付けるなど円高・ドル安に振れ、輸出採算の悪化などを
嫌気した売りが自動車株や電機株などに広がった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も軟調に推移している。
 市場関係者の間では、円高による株安への影響が懸念されている。「米国株高と原油先物が上昇しリスク回避の動きは弱ま
っているが、114円よりも円高に振れると為替相場による企業業績の影響を懸念しやすい地合いになっている」(岡三オンライン
証券の伊藤嘉洋チーフストラテジスト)という。
 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6785億円、売買高は7億476万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1533と、
全体の約8割近くを占めた。値上がりは294、変わらずは111銘柄だった。
 東芝と住友電は下げ幅を拡大。味の素とセコムも一段安。中部電と大ガスは日中の安値圏で推移。一方、日東電は上げに
転じ、ソフトバンクが堅調。三井物と新日鉄住金、富士通は前日比プラス圏を推移している。
 東証2部株価指数は5日ぶり反落。アートSHDとラオックスが下げ、朝日インテクとインタートレは上げた。

38.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 10:40:35.79 ID:+5fM/kPw.net

三井住友FG - 【四季報先取り】三井住友FG
詳細
【続 落】上期好調だった有価証券売買部門益が下期急減速。インドネシアの減損約600億円もあり減益。17年3月期は
海外の伸び鈍化。国内の利回り低下も打撃。買収したシティバンクの赤字続く。経常益続落。
【マイナス金利対応】普通預金金利を20分の1に引き下げ。外貨預金金利引き上げ外貨調達コスト増に備え。NTTデータと
提携し脳科学の金融サービスへの応用模索。
(上記記事及び業績予想は『会社四季報』春号《3月14日ピー》の速報版です。今後、『会社四季報』の制作過程で内容
が変わる場合もあることをご承知おき下さい)

(百万円) 経常収益 業務純益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連本2015.03 4,851,202 1,310,461 1,321,156 753,610 551.2 140
連本2016.03予 4,900,000 1,200,000 1,200,000 750,000 548.6 150
連本2017.03予 4,850,000 1,150,000 1,150,000 720,000 526.6 150
連中2015.09 2,388,800 617,095 631,824 388,137 283.9 75
連中2016.09予 2,350,000 600,000 600,000 370,000 270.6 75

39.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 10:41:48.30 ID:+5fM/kPw.net

三菱UFJFG - 【四季報先取り】三菱UFJFG
詳細
【海外鈍化】国内預貸収支が一段と低下。与信費用も前号想定より増える。減益。17年3月期はM&A仲介手数料伸びる。
が、海外の伸び鈍化。国内の預貸収支続落。投信販売が低調。与信費用も増え利益再下降。
【買収積極化】フィリピン7番手銀行へ20%出資。カンボジアの小口金融機関、米国の投資ファンド管理会社も買収。マイナス
金利政策後、預金・住宅ローン金利下げ。
(上記記事及び業績予想は『会社四季報』春号《3月14日ピー》の速報版です。今後、『会社四季報』の制作過程で内容が
変わる場合もあることをご承知おき下さい)

(百万円) 経常収益 業務純益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連本2015.03 5,638,402 1,558,547 1,713,001 1,033,759 73.2 18
連本2016.03予 5,650,000 1,480,000 1,580,000 950,000 68.9 18
連本2017.03予 5,550,000 1,400,000 1,500,000 900,000 65.3 18
連中2015.09 2,991,884 820,213 969,908 599,321 43.0 9
連中2016.09予 2,950,000 780,000 930,000 575,000 41.7 9

40.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 12:42:00.96 ID:/8c6FTVd.net

株、期末接近で下げ要因に警戒 相場の円高抵抗力に期待も
2016/03/08 12:29 日経速報ニュース 1051文字
 8日午前の東京株式市場で、円高・ドル安基調を背景に輸出採算の悪化を懸念した売りが広がり、日経平均株価は1万6635円と
前日に比べ276円(1.6%)安で前場を終えた。市場では外国為替相場による悪影響を気にする声が増えている。為替相場に大きな
影響を与える日米欧の金融当局による政策判断の決定を控えて、投資家は積極的な姿勢をとりにくい。期末特有の為替相場の変動
リスクへの警戒も高まる。

 「リパトリエーション(海外収益の本国還流)や10日の欧州中央銀行(ECB)理事会といった各国の金融政策が意識されている」。
大和証券の高橋和宏投資戦略部部長は、世界経済の根強い先行き不透明感などを背景にした運用リスクの回避以外に、3月期末
前に海外での売上金などを円に替えて日本国内に戻すといった期末要因や主要国の金融政策への思惑による円買いが入る時期で、
株安に振れやすい相場環境になっていると分析する。
 すでに追加緩和を示唆したECBの政策判断と為替相場などへの影響に市場の関心は集まる。日本アジア証券の清水三津雄エクイ
ティ・ストラテジストも「ECB理事会を控えて、投資家は売買を手控える」と、目先は株式相場が一段高するような機運が乏しいと話す。
多くの上場企業が3月末の決算期日を控え、来期予想を含めた企業業績に影響を与える期末の円相場の水準を気にかける投資家は
多いようだ。

 振り返れば、日経平均は1000円ごとの心理的な節目を意識する展開が続いてきた。欧州金融機関への信用懸念が広がり、円高が
進行した2月12日に急落した後は戻り相場となった。2週間あまり1万6000円近くでの推移を続け、3月には中心価格を1万7000円に
切り上げて持ち合い相場を形成した。チャートは登り階段のように持ち上げる相場になっている。
 「1ドル=110円を超える円高進行やピーの大きな景気後退などがなければ、来期増益を保つ国内企業業績が見直され日経平均
1万8000円を目指しそう」(大和の高橋氏)。「一段の円高に振れなければ、3月末以降は年間で10兆円を超える潤沢な配当資金
が株式市場に流れ押し目買いが期待できる」(日本アジアの清水氏)。市場では下げ渋った後に水準を切り上げる「値固め相場」を
見込む向きが増えている。
 円高を嫌気した売りに堪えて日経平均が1万7000円を中心としたもみ合い相場が継続できれば、主要国の金融政策を巡る思惑で
動く為替相場から放れ、上昇基調を保つ可能性が高まりそうだ。〔

41.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 12:42:38.43 ID:/8c6FTVd.net

主な成り行き注文(東証・後場)野村が13万株の売り越し 
2016/03/08 12:32 日経速報ニュース 136文字
 8日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄は野村が13万株、三菱紙9万株、東ガス6万株、
三菱UFJ6万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は神戸鋼が24万株、東芝19万株、太平洋セメ18万株、宇部興17万株などだった。

42.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 14:29:54.81 ID:JK7LEou2.net

株、値ごろ感で買い入りやすく・河合氏 売り一巡で下げ渋る 
2016/03/08 13:04 日経速報ニュース 364文字
 河合達憲・カブドットコム証券投資ストラテジスト 8日午後の東京株式市場で日経平均株価は1万6600円近辺を
下値に下げ渋る流れか。午前の取引で円高を背景にした売りは一巡し、値ごろ感から買いが入りやすくなるとみている。
前場終盤に日経平均は下げ幅を300円超に広げたが、その後は下げ渋っている。やや行き過ぎの感があったということだろう。
 きょうの東京外国為替市場で円相場が対ドルで112円台まで円高・ドル安方向に振れて輸出関連株が売られたほか、
上海株式相場も軟調な展開で、東証1部の約9割の銘柄が値下がりするほぼ全面安の展開になった。午後も為替相場
やピー株の変動に左右される展開は続きそうだが、値ごろ感からの買いがやや優勢となり、前日比200円前後安い1万
6700円程度の水準で終えるとみている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

43.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 14:57:26.38 ID:JK7LEou2.net

公的年金、投資先を公開へ。
2016/03/08 日本経済新聞 夕刊 3ページ 150文字 書誌情報
 塩崎恭久厚生労働相は8日の閣議後の記者会見で、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人
(GPIF)の投資先について「個別銘柄を含めて一定期間後に開示する方向性を議論してきた」と述べ、保有株式を
公開する考えを示した。今ピーに提出する公的年金改革法案に盛り込む。年金運用の透明性を高める狙いだ。

44.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 15:12:02.32 ID:JK7LEou2.net

銀行、預金押しつけ合いに現実味 マイナス金利が直撃
2月の残高増加率13年ぶり高水準
2016/3/8 14:36日本経済新聞 電子版

45.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 18:02:21.06 ID:+oWZEEIZ.net

みずほFグループ - 【四季報先取り】みずほFグループ
詳細
【国内縮む】主力の資金利益減。投信販売も前年割れ。政策株売却益増えても経常減益。17年3月期は海外の貸出収益・
手数料収入の伸び鈍る。国内の資金利益はさらに縮小。海外展開経費や与信費用も増え減益。
【マイナス金利対応】2月以降、預金金利を複数回にわたって引き下げ。住宅ローン金利も下げる。16年度からの新中計は海外
優良大企業とのさらなる取引拡大に重点。
(上記記事及び業績予想は『会社四季報』春号《3月14日ピー》の速報版です。今後、『会社四季報』の制作過程で内容が
変わる場合もあることをご承知おき下さい)
(株)東洋経済新報社

(百万円) 経常収益 業務純益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連本2015.03 3,180,225 876,961 1,010,867 611,935 24.9 7.5
連本2016.03予 3,300,000 830,000 980,000 630,000 25.3 7.5
連本2017.03予 3,250,000 790,000 930,000 600,000 24.1 7.5
連中2015.09 1,637,697 446,725 574,590 384,198 15.5 3.75
連中2016.09予 1,600,000 420,000 550,000 370,000 14.9 3.75

46.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/08(火) 20:33:33.83 ID:nryP6hOH.net

日銀、ETFを336億円買い入れ 前回から増額(8日)
2016/03/08 17:57 日経速報ニュース 593文字
 日銀は8日、上場投資信託(ETF)を336億円買い入れた。買い入れは2月19日以来およそ2週間半ぶりで、
買い入れ額は前回(330億円)から増額した。不動産投資信託(REIT)の買い入れはなかった。

47.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 01:09:39.28 ID:ClYFEnpi.net

四季報全滅かぁ
でもなぜか、上方ありの
増配踏み上げ期待しちゃいますね。

48.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 01:29:15.81 ID:/Wenu/uZ.net

☆暴落で財産を失うケース(売買バタバタしないでホールドのすすめ)

優良株で30%位財産が目減り。
  ↓
 今ココ(我慢時ですよ)→長期で戻す。(下よりは確率大)
  ↓
耐えられなくなり売る。
  ↓
慌てて乗り換えた先でも高値掴み。
高速自働アルゴ相手にバタバタやり。
あっという間に財産の殆どをを失っている。

49.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 02:20:54.86 ID:uMR6yi0z.net

政策相場に危うさも 米大統領選など海外に火種 スクランブル
2016/03/09 02:00 日経速報ニュース 1240文字
 先週の4日続伸から一転して週明け以降、日経平均株価は下げが続く。株式市場では日銀によるマイナス金利導入後も
進まない円安にしびれをきらし、政府の財政出動への待望論が高まっている。だが国による財政政策に相場底上げへの期待
をつなぐ「政策相場」も視界良好とはいえない。海外に目を転じると様々な政策リスクの壁が立ちはだかるからだ。
 「相場が円高の重力から抜け出せない」。野村証券の元村正樹氏は語る。8日も一時1ドル=112円台後半まで円高が
進み、日経平均の下げ幅は300円を超える場面があった。
 日経平均と対ドルの円相場がどれぐらい連動したかを示す相関係数。野村の試算では直近で0.8超に上昇した。1に近づく
ほど連動性が高い。皮肉にも日銀がマイナス金利導入を決めてから「円高・株安」の形で連動性が高まっている。
 「金融政策はもはや限界だ」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘氏)。こんな声がわき起こる中で、期待が高まる
のが政府の財政政策だ。
 2月のG20財務相・中央銀行総裁会議では財政出動の必要性で一致した。ピーの全ピー民代表大会(全人代)では
交通網整備などに年2兆元(34兆円)を投じる方針が示された。次はお隣の日本、と市場は読む。SMBC日興証券の
阪上亮太氏は「選挙前に景気が悪化した時ほど大規模補正が組まれやすい」と話す。
 しかも日本は5月下旬の主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)の議長国。「世界の成長持続に貢献する」と
語るピー晋三ピーにとって財政出動は格好のアピールになる。「公共投資であれば出遅れの建設株」「成長産業なら予防
医療関連」――。財政拡大で恩恵を受ける業種・銘柄の見極めも始まった。
 政府が動けば株価を下支えするのは間違いない。だが「政策相場」の持続力はどうか。16年は「ピーイベント目白押しの
一年」とされる。海外に目を転じると米欧では不安材料が山積する。
 米ピーが専門のみずほ総合研究所の安井明彦氏は今週、米国を訪れた。政策論争に発展しない異例の大統領選を
目撃し、「経済政策の敗北」を感じ取った。
 共和党の指名候補で優勢なトランプ氏であろうが、民主党のクリントン氏であろうが、内向き志向であるのに違いはない。
環太平洋経済連携協定(TPP)にも否定的で、ピー政権の成長戦略の柱であるTPPには逆風も吹きかねない。
 欧州にも火種がある。6月下旬のEU離脱の是非をめぐる英国民投票。もし離脱が過半となれば「英ポンド安だけでなく、
日本企業が英国から欧州大陸に拠点を移すなど混乱が広がりかねない」(ニッセイ基礎研究所の伊藤さゆり氏)。
 証券の柳沢正和氏も政策リスクを警戒する。当局が株安の歯止め策を誤った1月のピーショックから「ヘッジファンド
は政策の失敗リスクに敏感になっている」と指摘する。
 ピー政権の大盤振る舞いが実現するとしてどこまで相場を浮揚させられるか。海外リスクの霧は深く、日本独自のプラス
材料だけでは力不足かもしれない。(川上穣)

50.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 06:13:28.14 ID:TFDEME64.net

社債、揺らぐ信用の物差し、マイナス金利が影響、「上乗せ」拡大相次ぐ、市場縮小を懸念する声も。
2016/03/09 日本経済新聞 朝刊 15ページ 1367文字 書誌情報
 日銀によるマイナス金利政策の影響で、社債の価格形成に異変が生じている。買い手の確保を狙って発行時の金利をプラス
に保つことが優先され、発行企業の信用力は変わらないのに「上乗せ金利」が拡大するケースが相次いでいる。一部企業は社債
発行に二の足を踏むようになっており、社債市場の縮小を懸念する声も出始めている。
 「国債利回りにかかわらず社債金利はプラスを維持するとのメッセージを込めた」。森トラスト総合リート投資法人の運用会社社長、
堀野郷氏は市場が大荒れだった2月に発行した期間3年の社債(投資法人債)を振り返る。需要調査で0・1%、0・11%、0・12
%と3種類の金利を提示。0・11%で発行できた。
 社債金利の決め方としては異例のことだ。通常は国債利回りをベースに、企業ごとに上乗せ金利を加えて決める。上乗せ金利は
国債では想定しない債務不履行(デフォルト)のリスクの対価だ。財務体質が良好で信用力の高い企業は上乗せ金利が少しですむ。
 マイナス金利政策の影響で国債利回りが大幅に低下し、状況が一変した。上乗せ金利を加えてもトータルの金利がマイナスになって
しまう場合があり、それでは買い手を集めるのが難しい。森トラストRが自社の信用力を度外視して金利の絶対水準をアピールしたのは
このためだ。
 日本通運の5年債や味の素の7年債なども金利の絶対水準を重視して条件を決めた。期間10年未満の起債はこの手法が標準
となった。国債利回りが10年物までマイナス圏で推移しているためだ。
 絶対値方式には問題がある。社債市場が培ってきた「上乗せ金利を『物差し』に信用力を測る」というノウハウが機能不全に陥りかね
ないのだ。
 日通が2011年10月と今年2月に出した5年債を比較すると分かりやすい。上乗せ金利は0・11%から0・26%へと急拡大した。
絶対値方式に切り替えたためで、同社の格付けはダブルA格のままなのに、「信用力が悪化した」ように見えてしまう。日通の浅羽正人
専任部長は「市場の評価が変わったとは思わないが、マイナス金利下で上乗せ金利拡大は受け入れざるを得ない」と話す。
 流通市場では高格付けで信用力の高い社債ほど上乗せ金利が拡大するという異常現象が起こっている。国債利回りが急低下する
なか、そもそも低位にあった高格付け社債の利回りがプラスを保つには上乗せ金利が大幅に拡大しないと帳尻が合わないからだ。この
結果、高格付け銘柄と低格付け銘柄の上乗せ金利の格差は縮小。「信用秩序」が揺らぎ、一部の投資家は運用が難しくなった。
 起債をためらう企業も出てきた。ある東証1部上場企業の財務担当者は「銀行借り入れの条件悪化につながりかねない」と懸念する。
借入金利を決める要素には社債の上乗せ金利も含まれ、「上乗せ金利拡大」が記録に残ると将来、融資を受ける際に不利になる
恐れがあるためだ。
 いち早くマイナス金利を導入した欧州では社債発行が細り始めている。15年の社債の発行額(ディールロジック調べ)はマイナス金利
導入前の13年比で2割減った。日本でも市場縮小が懸念されており、ニッセイ基礎研究所の徳島勝幸上席研究員は「銀行が貸し
出し態度を急に厳しくした際など、社債市場の機能が落ちていると企業は資金調達の道を閉ざされかねない」と指摘している。
(宮本岳則、松本裕子)

51.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 06:14:56.50 ID:TFDEME64.net

株信用買い残4週連続減、2年11カ月ぶり低水準。
2016/03/09 日本経済新聞 朝刊 17ページ 304文字 書誌情報
 東京証券取引所が8日発表した4日申し込み時点の信用取引の買い残高(東京・名古屋2市場、制度信用と一般信用の
合計)は前の週より375億円少ない2兆4497億円と4週連続で減少した。金額ベースとしては2013年4月以来、およそ
2年11カ月ぶりの低水準となった。
 この週(2月29~3月4日)の日経平均株価は米景気指標の改善や原油価格の上昇を受け、週間で826円(5%)上昇
した。こうした中、個人投資家を中心に利益確定売りが出て、信用買い残が減少した。「上昇の大きかった主力株やテーマ株
への利益確定売りが多かった」(大手ネット証券)という。
 信用売り残は前の週より823億円多い6237億円と3週連続で増加した。

52.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 06:16:56.95 ID:TFDEME64.net

相場、底入れのヒントは―悲観のピークを探る(マネー研究所セレクション)
2016/03/09 日本経済新聞 朝刊 22ページ 1266文字 書誌情報
 「下げ相場に名前がつけば、底入れが近い」という経験則があります。なんだかわからない理由で下げているときは、恐怖が広がり
ますが、誰もが納得する解説が出ると少し落ち着きます。解説が出るころは、悪材料が織り込み済みとなることが多いからです。
 今、株安の元凶をひと言で表すキーワードはありません。不安心理の払拭にはまだ時間がかかるでしょう。
 こんなとき、株式投資はどうしたらよいでしょうか。私は25年間、日本株のファンドマネージャーをやってきた経験があります。若いころ
は日々の急騰急落に一喜一憂していましたが、長い年月、運用をしていて1つよかったことがあります。「悲観―楽観」の1サイクルを
投資期間として考えることができるようになったことです。
 景気循環に基づく考え方で、株のサイクルは景気サイクルより短い場合が多く、近年は半年~1年で悲観―楽観が入れ替わって
います。2015年4月に、日経平均が2万円を超えたときは楽観が優勢でした。その半年前の14年10月、世界同時株安で日経
平均が1万4500円台まで下がったときは悲観が広がりました。
 14年10月は、米連邦準備理事会(FRB)が量的金融緩和第3弾(QE3)を終了したタイミングです。このとき、欧州景気が急速
に悪化するなど世界景気後退の不安が語られましたが、そこは悲観のピークでした。
 歴史に残る下落相場には名前がついています。「ブラックマンデー(1987年)」「IT(情報技術)バブル崩壊(2001年)」「リーマン
・ショック(2008年)」などです。一時的な下げでも、時代を象徴するものには名前がつきます。当時のFRB議長が量的緩和からの
出口戦略に言及して相場急落を招いた「バーナンキ・ショック(13年5月)」などです。今は不安材料が複雑に絡んでいる「複合ショック」。
あえて名前をつけるとしたら、第1候補は「資源安ショック」、第2候補は「中央銀行バブル崩壊」でしょうか。
 世界経済をけん引してきた新興国に元気がないのはピーの景気悪化などによる資源安が影響しています。中央銀行も株安に関与
しています。FRBなど中央銀行はリーマン・ショック後に量的緩和を始め、世界的な株高を演出しました。ところがFRBは昨年12月に
9年半ぶりに利上げを実施し、その揺り戻しが表面化しつつあります。ドルは世界の金融取引で圧倒的に使われており、FRBが金融
を引き締めると、世界中に引き締め効果が及びます。
 欧州中央銀行(ECB)、日銀は量的緩和を実施中ですが、景気浮揚効果が乏しく、マイナス金利の導入に踏み込みました。ところ
が、今のところプラスの効果はあまり出ていません。
 不安材料は、探せばいろいろあります。逆説的ですがこれだけ解説できるということは、悲観のピークが近づいているとも考えられるのです。
(楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジスト 窪田真之)
▼NIKKEI STYLE→マネー研究所→プロのポートフォリオ
【図・写真】株式投資では「下げ相場に名前がつけば、底入れが近い」という経験則がある

53.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 06:19:10.79 ID:TFDEME64.net

大手行、外貨預金の金利上げ(CHECK&CLIP)
2016/03/09 日本経済新聞 朝刊 23ページ 327文字 書誌情報
 日銀のマイナス金利政策の発表後、大手銀行が相次いで外貨預金の金利を引き上げている。三井住友銀行は2月16日
から米ドル建ての普通預金の金利を年0.01%から年0.2%に上げ、オーストラリアドルやニュージーランドドルの定期預金も
一部期間の金利を上げた。みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友信託銀行も米ドルなどの金利を上げた。
 各行は同じタイミングで普通預金の金利を年0.02%から年0.001%に下げている。預金者にとって一段の利息収入の
減少につながるため、外貨預金の金利引き上げをセットにして顧客の不満を和らげる狙いがあるわけだ。ただ外貨預金ではさら
に高い金利を提示するインターネット専業銀行も多い。顧客離れの抑止にどの程度の効果があるかは不透明だ。

54.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 06:38:07.55 ID:nYREypYw.net

日本株ADR8日、売り優勢 三井住友が3.5%安 野村も安い
2016/03/09 06:11 日経速報ニュース 162文字
【NQNニューヨーク=川内資子】8日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。
日米株式相場がともに下落した影響で、売られる銘柄が多かった。三井住友FGが約3.5%下げたほか、三菱
UFJや野村、みずほFGなど金融関連が軒並み売られた。ソニーやトヨタ、ホンダも安い。
 一方、NTTドコモとNTTが上昇した。

55.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 09:08:26.75 ID:PkNi0jDe.net

驚愕!東証一部上場企業(笑)の裏の顔
↓脅迫文!
↓ 
httpp://peace.2ch.net/test/read.cgi/antispam/1407426192/10
httpp://kanae.2ch.net/test/read.cgi/job/1400377632/29

リブセンス 詐欺センス   ⇒検索
リブセンス 詐欺 市川   ⇒検索
リブセンス インチキ    ⇒検索

29 :名無しさん@引く手あまた:2014/07/03(木) 11:41:13.78 ID:SIvIIlAm0
皆様に相談があります。
株式会社リブセンスから、1年以上に渡って恐喝されています。
転職会議というウエブサイトでの弊社の取扱いについて昨年の4月にクレームを差し上げたところ、削除したければ100万円以上の手数料が必要だと言われました。
すったもんだの挙句、仕方なくクレームを撤回したところ、受信手数料(クレームの相手をした)や弊社から仕事を邪魔され続けたということで30万円をずっと請求されています。
先日は、遅延利息で年10%の日割分を加算すると電話で凄まれました。
「東証一部上場会社をナメんじゃねぇ。お前のとこみたいなピー小さな会社なんかな、簡単にぶっ潰せんだからな。とりあえず30万元金位はとっとと支払え、ピーが!」と、こんな調子です。
「それかな、社長が持ってる株を1株2万円で100株引き取れ。3か月後には3万円確実だからお前も損しないだろ。winwinというやつだが、お前のような学歴のない奴にはわからないかな?」と訳のわからないことも言われました。
夜中にも多い時には10回以上の着信があり、とても怖いです。
女性社員は、電話で「お前は可愛くて乳デカいか?もしそうなら、一発ピー。5000円負けてやる」と言われたとのことです。
どう対応したらよろしいでしょうか?もう気がおかしくなりそうです。
転職会議というのは、こんな風にしてお金を集めるためのものなのでしょうか?

56.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 09:16:46.73 ID:rlrPpI81.net

主な成り行き注文(東証・前場)シャープが107万株の売り越し 
2016/03/09 09:02 日経速報ニュース 135文字
 9日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄はみずほFGが204万株、神戸鋼132万株、
シャープ107万株、東芝58万株などだった。
 一方、主な買越銘柄はヤフー13万株、NTT13万株、イーレックス9万株などだった。

57.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 09:17:04.80 ID:7UYUHlF0.net

■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■

58.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 09:58:34.85 ID:rlrPpI81.net

8316 三井住友
配信日時 2016/03/09 09:09:00 配信時価格[円] 3,440 前日比 -105
詳細 足元リバウンドをみせているが、長期金利が最低水準を更新するなか、銀行株には改めて業績懸念が強まる
可能性がある。ただし、ECB理事会を控えていることもあり、短期的なショート狙いとなりそうだ。《TM》【株式会社フィスコ】

59.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 10:09:54.15 ID:DoRTiHi1.net

東証>シャープが続落 「契約は来週にずれ込み」と伝わる
2016/03/09 09:41 日経速報ニュース 350文字
(9時40分、コード6753)続落している。前日比10円(6.2%)安の151円まで下げる場面があった。シャープと
鴻海(ホンハイ)精密工業の買収交渉について、「契約は来週にずれ込む可能性が出てきた」と一部報道で
伝わった。週内にも合意に至るとの見方があっただけに、いったん利益を確定する売りを出すきかっけとなったようだ。
 鴻海はシャープが抱える将来の損失に備え、主力行に一定の支援を求めており、支援内容の一部見直しを
協議していると伝わった。鴻海との交渉に関して、シャープは2月29日に「期限は設定していないが、早期の最終
契約締結を目指して協議を進めている」と発表して以降、正式な発表はしていない。報道について「協議内容に
関するコメントはできない」(広報)としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

60.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 10:17:28.88 ID:DoRTiHi1.net

東証10時、下げ幅拡大 円高を嫌気した売り続く
2016/03/09 10:08 日経速報ニュース 491文字
 9日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を拡大し、前日比250円程度安い1万6500円台前半で
推移している。円相場が1ドル=112円台半ばと円高・ドル安が進み、投資家の運用リスクの回避につながっている。
 今週に入ってからの下げ幅が500円近くになっていることもあり、1万6500円に近づくと押し目買いも入っている。JPX日経
インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はやや下げ幅を広げた。
 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6311億円、売買高は6億7803万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は
1646、値上がりは217、変わらずは74だった。
 個別では郵船や商船三井の海運株が軒並み大きく下げている。鉄鋼株や非鉄株の下げもきつく、新日鉄住金やJFE、
住友鉱、DOWAなど大幅安。自動車株のトヨタや日産自は下げ幅を縮小している。
 半面、傘下の一部百貨店の閉鎖を発表したセブン&アイが逆行高。KDDIやNTTドコモなど通信株の一角も高い。
 東証2部株価指数は続落。ラオックスや日精機が下げ、インタートレやサイオスは上昇した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

61.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 10:22:13.01 ID:7UYUHlF0.net

早く逃げたほうがいいぜwwwww

上海気配www

暴落ジャンwwwwwwwwwww

62.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 11:08:40.51 ID:1zr922zR.net

6338タカトリが
上市予定の胸腹水濾過濃縮装置は上市後5年目で
CART市場の95%シェア獲得を目指す(↓の15ページ目の記載を参考)。

ht://www.med-device.jp/pdf/development/vp/H25-017_25.pdf
Mobile-CART System による医療費削減効果は130 億円/年になると考えられる。

四季報より

胸腹水濾過濃縮装置は16年秋厚生労働省認可17年度中ピーに向け準備。

タカトリの上市予定の胸腹水濾過濃縮装置がCART市場世界トップシェアを
獲得したら、株価はそーせいのように200倍になりますか?

63.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 11:09:45.07 ID:GInaFGKM.net

銀行は底堅い
配当鳥か

64.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 11:19:46.03 ID:7UYUHlF0.net

追証発生! 
後場はSQ絡みで、一段安

65.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/09(水) 12:30:03.67 ID:Ocrpynkd.net

銀行はアホみたいに底堅いな

66.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 12:35:17.58 ID:W/mS+YDH.net

主な成り行き注文(東証・後場)NECが11万株の売り越し 
2016/03/09 12:31 日経速報ニュース 140文字
 9日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄はNECが11万株、りそなHD2万株、
日本郵政1万株、トプコン1万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は三菱UFJ70万株、昭電工13万株、板硝子11万株、日本郵船10万株などだった。

67.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 12:48:49.48 ID:7UYUHlF0.net

■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■ 

上海総合指数
2,817.44▼2.89%-83.94 12:29

■■■ 全部売れ! ■■■

ゴールドマン・サックス

●原油相場の上昇は持続可能でない(3月9日)
●原油価格は長期にわたって安値にとどまる公算

ドル円見通し Dollar yen prospect
================
105yen~100yen (end of march)
================

68.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/09(水) 12:53:38.06 ID:fpxShjFS.net

プラテン、キター!

69.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 14:36:28.15 ID:W/mS+YDH.net

みずほ銀、長プラを年0.95%に引き下げ 過去最低を連続で更新
2016/03/09 12:51 日経速報ニュース 253文字
 みずほ銀行は9日、大企業向けの融資金利の指標となる長期プライムレート(最優遇貸出金利)を現行の年1.00%から
0.05%引き下げ、過去最低水準の0.95%にすると発表した。引き下げは2カ月連続。「社債の利回り低下などの市場環境
の変化を考慮した」(みずほ銀行)という。10日から適用する。
 みずほ銀行は日銀がマイナス金利政策の導入を決めたことを受けて2月に長プラを過去最低の1.00%に引き下げていた。
目安となる国債利回りも最近急低下していた。長プラの1%割れは初めて。

70.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 14:36:42.50 ID:7UYUHlF0.net

 
■■■ 全部売れ! ■■■ 

上海総合指数
2,817.44▼2.89%-83.94 12:29

■■■ 全部売れ! ■■■

3月15日~16日
FOMC 
利上げ示唆ならダウ暴落、見送りならドル暴落
*相場の大波乱を予想する

■■■ 全部売れ! ■■■
ゴールドマン・サックス

●原油相場の上昇は持続可能でない(3月9日)
●原油価格は長期にわたって安値にとどまる公算

ドル円見通し Dollar yen prospect
================
105yen~100yen (end of march)
================

71.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 15:56:36.36 ID:g5bHJAsE.net

東証大引け、3日続落 円高嫌気し輸出関連に売り 海運や鉄鋼も下落
2016/03/09 15:24 日経速報ニュース 750文字
 9日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比140円95銭(0.84%)安の1万6642円20銭で終えた。
外国為替市場で円高・ドル安が進んだため投資家心理が悪化した。世界景気が減速するとの懸念を背景に欧米の株
式相場が下げていたのも、運用リスクの回避につながった。
 円高・ドル安を嫌気して輸出関連株を中心に朝方から売りが広がった。前場には心理的な節目となる1万6500円を
取引時間中として一週間ぶりに割る場面もあった。円相場の上昇が一服した後場には買いも入り、次第に下げ渋った。
ただ10日に予定する欧州中央銀行(ECB)の理事会の結果を見極めたいとの見方もあり、動きは限られた。
 11日の特別清算指数(SQ)算出に伴う期先物への乗り換え(ロールオーバー)は「順調に進んでいる」(みずほ証券の
三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との見方があった。
 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も3日続落した。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2806億円。売買高は22億4920万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1477、
値上がりは372、変わらずは94だった。
 個別では郵船や商船三井の海運株が軒並み大幅下落した。鉄鋼株や非鉄株も下げが目立ち、新日鉄住金や住友鉱
が売られた。円高による輸出採算の悪化を懸念し、日産自やファナックなどに売りが出た。浜ゴムやブリヂストンも大幅下落。
値がさ株のファストリやソフトバンクも安い。
 一方で一部百貨店の閉鎖を明らかにしたセブン&アイが上昇。通信株の一角に買いが入り、NTTやKDDIが高い。
ソニーや東エレクも上げた。
 東証2部株価指数は続落した。ラオックスやサイバーコムが下げ、RVHやアートSHDが上げた。

72.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 17:36:16.06 ID:ukRMq6cv.net

金融庁:「2階建て」などハイリスク投信の監視強化-投資家保護徹底(1)
2016/03/09 12:21 JST

 (ブルームバーグ):金融庁は株式や債券に為替などを組み合わせた「2階建て」「3階建て」と言われる複雑なリスク要因を
含む投資信託の設計・運用や販売が適切に行われているかどうか、監視を強化する。アベノミクスの下で政府が促す「貯蓄
から投資の流れ」に水を差すことのないよう投資家保護を徹底する。
 同庁の遠藤俊英監督局長がブルームバーグの取材に答えた。経験の浅い個人投資家や高齢者などへの過度な高リスク
商品の販売は、本人が納得していた場合でも「問題がある」などと指摘。監視・監督強化のため運用会社や銀行、証券会社
の経営陣にヒアリングを始めており、問題点などを共有する。
 日本銀行のマイナス金利も背景に預金からリスク資産への投資が加速する可能性がある。高齢化の進行で年金生活者など
の投資も増えている。こうした中、金融庁は金融商品に詳しい知識を持たない一般個人の投資拡大に備え監視強化に動く。
運用、販売会社のトップとの対話を通じ顧客の身になった営業を浸透させたい考えだ。

 「2階建て」投信は株や債券での運用に為替取引などを乗せて収益拡大を狙うのが特徴で、日本株や米社債などをトルコ
・リラなど高金利の新興国通貨建てで運用するものなどがある。野村証券や三菱東京UFJ銀行などの金融機関で広く取り
扱っている。昨年は新興国通貨の対円での下落で多くの投資家が損失を被った。
 遠藤監督局長は、こうした商品は「長期投資の精神と両立せず、疑問がある」と指摘した。「2階建て」の多くが採用する
配当の毎月分配を約束した「毎月分配型」は運用が振るわずとも配当するため元本が減るリスクがある。局長はこれに関する
説明不足を懸念した。同庁の調査では、個人向けでは毎月分配型が7割程度を占める。
 「2階建て」など複雑な投信についてMUFG、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、野村証、大和
証券の広報担当は顧客への適合性に配慮した販売を心掛けていると述べた。日本証券業協会広報担当の坪倉明生氏は、
中長期の資産形成に資する商品提供のあり方を検討課題としていると答えた。

手数料

 金融庁では「2階建て」投信などの手数料の高さも問題視している。同庁は昨年の調査で、投信のガバナンスや商品開発に
関連して「仕組みが複雑で高い手数料を得られる投信が多数提供されている」ことなどを問題点として指摘した。販売手数料
だけでも4%前後となっているケースがある。
 「2階建て」の販売手数料水準について、三菱UFJ広報担当の高原一暢氏は「販売員の説明および管理負荷に比例して
設定している。通常の投信と比較して特別高い水準という訳ではない」などと説明。大和証券広報担当の中川新治氏は
「顧客に提供するサービスの内容に応じて、総合的な判断のもと決定している」と述べた。
 遠藤局長は「複雑な商品は説明が複雑で顧客も理解しづらい。言い過ぎかもしれないが、高い手数料を取るために売る
 んじゃないかと思ってしまう」と述べた。その上で「業界として長年のビジネス慣行をぜひ改めてほしい」と期待感を示した。

受託者責任

 金融庁は2012年、証券会社などが毎月分配型や通貨選択型ファンドを販売する際に投資家に十分な説明を求める規制
を強化した。昨年9月にはフィデューシャリーデューティー(受託者責任)として「商品開発、販売、運用、資産管理それぞれに
携わる金融機関が徹底を図る」と行政方針に明記した。
 遠藤局長はインタビューで、フィデューシャリーデューティーに関する当局の見解を7月ごろに作成するモニタリングレポートで公表
する考えを示した。同局長は「われわれが規範を作り押しつけるのではなく、各金融機関が自ら規範を作り出し議論の中で認識を
共有するというのがあるべき姿だと思う」と述べた。
 金融機関では独自に「フィデューシャリー宣言」を行う動きが拡大している。昨夏以降、HCアセットマネジメント、セゾン投信
、東京海上アセットマネジメント、三井住友アセットマネジメント、みずほフィナンシャルグループなどが取り組み指針を公表した。
顧客第1主義や利益相反行為の回避、合理的な報酬を掲げる例が多い。
 こうした流れの中で、2階建て投信について、三菱UFJの高原氏は、顧客への説明に高い能力が必要なため「証券会社から
の出向者で作る専門組織での取り扱いに限定している」と述べた。三井住友Fの佐々木隆史氏は「販売に当たっては慎重に
対応しており、当行の売れ筋投信には入っていない」と述べた。

73.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 21:44:50.68 ID:c6wHl/Fr.net

ノルウェー政府年金基金、日本国債4300億円売却 昨年10~12月
2016/3/9 20:55

 運用資産100兆円を超える世界最大級の政府系ファンドであるノルウェー政府年金基金が日本国債を売っている。
9日公表した報告書によれば昨年10~12月に日本国債を4300億円程度を売却した。この基金は昨年9月まで日本
国債を買い増してきたが、金利の低下を受け、一部を売却したとみられる。
 ファンドを管理するノルウェー銀行によると昨年末の日本国債の保有残高は2兆7600億円と9月末と比べ16%減った。
保有債券全体(約36兆円)に占める割合も7.5%から6.5%へと低下。日本国債を売却した資金は欧州や新興国の
債券に向かった。
 背景にあるのは日本国債の金利低下。日銀の金融緩和の影響で10年物国債の利回りはこの間に0.35%から0.27%
へと下がった。市場では「投資妙味が下がったことで、資金の一部をほかの国の債券に入れ替えたとみられる」(証券会社)
との声が出ている。
 ノルウェー年金をはじめとする政府系ファンドは国民の資産を預かっているため長期的な視点で投資することが多い。
昨年9月までは国際分散投資の観点から日本国債の積み増しを続けていたが、その局面が一巡した可能性もある。
 日銀が2月にマイナス金利政策を導入したことで長期金利はさらに低下している。海外投資家で日本国債を買って
いるのは投機筋など短期的な値上がりを狙った投資家が多い。銀行や年金など国内の投資家も日本国債の保有を
減らしており、投機筋の売買で金利が振れやすくなっている。

74.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 21:48:40.02 ID:c6wHl/Fr.net

シャープに追加金融支援を…鴻海が主力行に要請

 経営再建中のシャープの買収をめぐり、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープの主力取引銀行に追加的な金融支援を
求めていることが8日、分かった。シャープの財務負担を軽減して経営再建を確実にするため、融資の金利引き下げを要請して
いる。主力行は応じるかどうか検討している。
 主力取引行の三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行はこれまでに、シャープに対して運転資金や社債の償還原資として計5100
億円の融資を行っており、3月末に返済期限を迎える。両行は借り換えに応じる方向で、関係者によると、鴻海はその際に金利を
引き下げるよう求めているという。
 また、買収に際し鴻海がシャープの優先株1千億円分を両行から買い取るとする条件についても一部の見直しを検討。シャープ
で将来発生する恐れがある「偶発債務」が現実化した場合に、金額を引き下げる案が浮上している。
 当初、シャープと鴻海は9日にも契約を締結する方針だったが、10日以降にずれ込む見通しとなったことを複数の関係者が明らか
にした。主力行との調整が続いているとみられ、主力行幹部は「週内の契約締結は厳しいだろう」との見方を示した。

75.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/09(水) 23:56:09.09 ID:XnLtEU8a.net

米国株、買いが先行 ダウ65ドル高 ECB追加緩和の思惑、原油高も
2016/03/09 23:49 日経速報ニュース 628文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】9日の米株式相場には小反発して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は
前日比65ドル51セント高の1万7029ドル61セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同15.485ポイント高
の4664.310で推移している。市場では欧州中央銀行(ECB)が10日に開く理事会で利下げなどの追加緩和に踏み切るとの
見方が多い。追加緩和で投資資金が株式市場に流入しやすくなるとの思惑が相場を押し上げている。原油先物相場の反発
も素材関連株などの買いを誘った。
 自社株買いのペースを速めると発表した製薬のファイザーが上昇。有機栽培の原材料を増やす計画を明らかにした食品の
ゼネラル・ミルズも高い。ヘッジファンドのパーシング・スクエア・キャピタル・マネジメント幹部などを外部取締役に迎えたと発表
したカナダの製薬大手バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルも上げている。アナリストが目標株価を引き上げ
たと伝わった石油のシェブロンにも買いが先行した。
 空輸網の提供でアマゾン・ドット・コムと契約を結んだと発表したエア・トランスポート・サービス・グループは急伸。東芝の医療
機器子会社売却を巡る独占交渉権を付与されたキヤノンの米預託証券(ADR)も買われている。
 マサチューセッツ州の店舗で従業員がノロウイルスに感染し、店舗を一時閉鎖したと伝わったチポトル・メキシカングリルが下落。
アマゾンも売られている。

76.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 07:13:28.62 ID:ieaoU0O8.net

材料株、はかない「乱舞」 個人長期マネーは様子見(スクランブル)
2016/03/10 02:00 日経速報ニュース 1218文字
 投資家の視界を遮る霧は晴れず、市場を重い空気が覆う。そんな時は短期資金を集めて激しく上下動する材料株がひときわ
目立つ。「仮想通貨」という旬のテーマを手掛かりに大化けしたマネーパートナーズグループ株。材料株の乱舞は何を映しているのか。
 「なぜこの株ばかり売買しているのかですか? 値動きが大きく日計りで値幅を取れるチャンスが多いからですね」。東京都に住む
30歳代の男性投資家は、先週からマネパG株の取引にほぼ集中しているという。
 外国為替証拠金(FX)専業大手のマネパGが、デイトレーダーたちの注目を集めるきっかけを作ったのは仮想通貨だった。
 政府は仮想通貨を「貨幣」と認定すると閣議決定。ビットコイン取引所「クラーケン」運営の米社と提携を検討するマネパGに
投資家が飛びついた。300円台で低迷していた株価は2週間で3倍以上になった。
 マネパGがクラーケンとの提携を検討すると発表したのは昨年7月のこと。会社側は「クラーケンとは交渉中で、それ以外とも話を
進めている。実際のサービス開始はまだ先だが、ビットコインの法整備が決まるなど状況は確実に前進している」(中西典彦取締
役)と説明するが、株価に売り向かう投資家もいる。
 現時点で投資家2人がマネパGの大量の空売りポジションを保有している。発行済み株式の0.5%以上の空売りを公表する
規則に従い、国内ヘッジファンドのキャピタル・マネジメントが38万株(発行済み株式の1.16%)、匿名の個人投資家が50万株
(同1.52%)の空売りをそれぞれ公表している。
 そして、株価が値幅制限の上限(ストップ高)である1132円まで買い進められた8日の取引終了後。保有比率約10%で
第2位の株主である楽天証券が、保有株328万株のうち23万株を売却したと発表した。
 楽天証券はマネパGを上場前から育ててきた「生みの親」だ。だが今では楽天証券がFXシステムを自前で開発し、関係は
薄れていた。「以前から売却を検討していた中で株価が急騰したものだから……」。楽天のある関係者は明かす。商いが急増
する中で、全株を市場で売却したという。
 9日、マネパG株は強弱感が対立し、乱高下した。朝方に高くなる場面もあったが、午後に一時値幅制限の下限(ストップ安)
まで急落した。売買が成立した回数を示す「TICK回数」は東証上場銘柄で最多の5万4554回。実に1秒間に平均3回、
売り買いが交錯した計算になる。
 テーマ性のある材料株が短期の値幅取りを狙う個人の格好の売買対象になるのは毎度の出来事。だが今回のマネパG株
のように、その寿命は短期化している。
 「年明けからの相場急落で結果的に個人の中でも一日で手じまうデイトレーダーの傷が浅く、個人マネーの売買の短期化
が進んでいる」。松井証券の窪田朋一郎氏はいう。長期投資の個人が減った結果として材料株の局地戦が短期化している
とすれば、今の相場は少し寂しい。
(証券部次長 川崎健)

77.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 07:23:25.17 ID:ieaoU0O8.net

「株主還元」銘柄に買い、期末控え優待の権利狙う。
2016/03/10 日本経済新聞 朝刊
 3月期末に向けて株式市場では、増配や優待などの「株主還元」銘柄が買われる動きが目立ち始めた。日経平均株価は
今週に入り3日続落しているが、下げた局面では個人投資家が積極的な押し目買いを入れ、相場の大崩れを防いでいる。
 9日の日経平均は前日比140円(0・8%)安となるなかで、前日に株主優待の拡充を発表したKDDIは3%高で取引を
終えた。現行のau端末割引クーポンに加え、1単元(100株)以上を保有する株主にお米やジュースの詰め合わせを贈呈
する内容だ。
 ジャスダック上場でアミューズメント施設を運営するアドアーズも前日に優待導入を発表し、この日は制限値幅の上限
(ストップ高水準)での買い気配だった。
 増配銘柄も有力な手掛かりになる。ココカラファインは2016年3月期の年間配当を従来計画の60円から70円(前期
は60円)に増やすと発表。今週に入って3%強下落していたが、9日は1・3%高と反発した。
 3月期決算会社から配当や株主優待を受け取る権利を得られる最終売買日は28日。カブドットコム証券の藤井明代
投資アナリストは「3月中下旬にかけて権利取りの動きが増える」とみる。
 また「円高が重荷となって株価の上値が重い中で、配当利回り銘柄の相対的な魅力が高まっている」(SMBC日興
証券の太田千尋投資情報部部長)。利回りが3%前後の日野自動車やNTTドコモは9日に逆行高した。

78.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 07:24:56.98 ID:ieaoU0O8.net

日本株ADR9日、高安まちまち ソニーが上昇、野村は下落
2016/03/10 06:14 日経速報ニュース 141文字
【NQNニューヨーク=神能淳志】9日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は高安まちまちの展開だった。
同日の日本株が下落した半面、米株式相場は底堅く推移したため、日本株ADRには売買が交錯した。ソニーや
NTT、京セラなどが上昇した。一方で、野村や日電産、三菱UFJなどが下げた。

シカゴ日本株先物概況・9日
2016/03/10 07:07 日経速報ニュース 234文字
【シカゴ支局】9日の日経平均先物は3営業日ぶりに反発した。3月物は前日比120円高の1万6795円で取引を
終え、9日の大阪取引所終値を165円上回った。原油先物相場の上昇を受けて投資家心理が改善し、米株と
ともに買われた。円相場の下落も支援材料になり、3月物は午後に1万6825円の高値を付けた。一方、安値は
1万6490円だった。
 推定売買高は8万2531枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。内訳は3月物が5万4082枚、6月物は
2万8447枚、9月物が2枚だった。

79.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 09:10:02.35 ID:4uyBx6bb.net

主な成り行き注文(東証・前場)東芝が53万株の買い越し 
2016/03/10 09:03 日経速報ニュース 138文字
 10日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFGが223万株、神戸鋼106万株、
東芝53万株、野村20万株などだった。
 一方、主な売越銘柄は関西電が18万株、日産自15万株、郵船13万株、東電10万株などだった。

80.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 10:19:45.31 ID:QBVcT+KU.net

ユーシーカード社長に北嶋氏 みずほ信託常務執行役員
2016/3/9 12:30
 みずほフィナンシャルグループのカード会社、ユーシーカードは4月1日付でみずほ信託銀行の北嶋信顕・
常務執行役員を社長に迎える人事を固めた。樋口一成社長は退任する。ユーシーカードは2020年の東
京五輪・パラリンピックを見据えて、訪日外ピーのカード利用促進やカード取引の安全対策を強化しており、
北嶋氏のもとで一段と強化する。

81.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 12:37:12.92 ID:GsvdtMdI.net

主な成り行き注文(東証・後場)みずほFGが24万株の買い越し 
2016/03/10 12:33 日経速報ニュース 138文字
 10日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄は神戸鋼が38万株、みずほFG24万株、
東芝16万株、東ガス9万株などだった。
 一方、主な売越銘柄はシャープが5万株、マネパG3万株、パイオニア2万株、伊藤忠2万株などだった。

82.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 15:52:21.78 ID:Iz8CCm35.net

東証大引け、反発 円高一服・原油上昇で主力株高、電力は下げ
2016/03/10 15:20 日経速報ニュース 884文字
 10日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発した。前日比210円15銭(1.26%)高の1万6852円35銭で
終えた。外国為替市場で円相場の円高進行が一服し、企業の輸出採算の悪化懸念が和らいで投資家心理が改善した。
年初から下げていた原油先物価格に回復傾向が見られたのも追い風になり、主力株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。
 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が9日に発表した週間の石油在庫統計でガソリン在庫が大きく減少した。需要が
回復しているとの見方が浮上し、ニューヨーク原油先物相場は昨年12月9日以来、3カ月ぶりの高値を付けた。東京株式市場
でも資源株に見直し買いが入り相場を押し上げた。
 大津地裁は9日、関西電の高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)運転差し止めを命じる決定をした。原発事業の
先行き不透明感が広がり、関西電が大幅安となった。他の電力株にも売りが波及し、業種別東証株価指数(TOPIX)で「電気
・ガス業」は前日比3%下落し、33業種で最も下落率が大きい逆行安となった。
 JPX日経インデックス400も4営業日ぶりに反発した。終値は前日比177.77ポイント(1.47%)高の1万2235.49。東証株価
指数(TOPIX)も4営業日ぶりに反発し、19.84ポイント(1.49%)高の1352.17で終えた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆431億円だった。売買高は19億8326万株。東証1部の値上がり銘柄数は1680と全体の
86%を占めた。値下がりは198、変わらずは65銘柄だった。
 トヨタやスズキが上昇した。国際石開帝石や三菱商も高い。三菱UFJやみずほFGが買われた。台湾のスマートフォン(スマホ)
大手と業務提携すると発表したグリーの上げが目立った。一方、NTTやKDDIが下落。三井不や菱地所も下げた。仮想通貨
の普及期待から上げ基調が続いていたマネパGが連日で下落した。
 東証2部株価指数は3日ぶりに反発した。ラオックスやRVHが上げた。一方、インタートレやアートSHDが下げた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

83.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 21:24:55.30 ID:npHG6+Cb.net

株、SQ予想 売り買いほぼ均衡か・10日時点推計
2016/03/10 18:37 日経速報ニュース 1363文字
 株価指数先物・オプション3月物は10日、特別清算指数(SQ)算出を迎える。SQ算出に関連した11日寄り付き
の現物株式の売買注文は、「日経平均株価」の裁定取引関連で採用1銘柄あたり約260万株の売買で、ほぼ売り
買い均衡が予想される。4日時点の建玉と7~10日の手口をもとに主要証券会社の現物株の売買を推計した。

 SQ算出日の寄り付きに現物株の買いが目立つとみられる証券会社はゴールドマン・サックス(73万株)、UBS(56万
株)、クレディ・スイス(38万株)、みずほ(33万株)など。一方、売りが想定されるのはモルガン・スタンレーMUFG(73万
株)、、ABNアムロ(それぞれ53万株)、メリルリンチ(42万株)などの証券会社だ。

 大阪取引所が開示している証券会社別の建玉と売買手口をもとに、先物のポジションやオプションのデルタ(先物に
対する感応度、プラスの1単位が先物1枚の買いにあたり、マイナスは売りを示す)を計算した。
 先物の売建てやそれに相当するオプションのポジションは「先物売り・現物株買い」の裁定取引になっていると想定。
この場合、SQ算出時には先物などが清算され、現物株には売りが出るとした。逆に先物の買建ては現物株買いに
つながるとした。

84.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 23:00:09.64 ID:FoRIOgix.net

欧州中央銀行、マイナス金利を拡大…量的緩和も
2016年03月10日 22時04分

 【フランクフルト=五十棲忠史】独仏などユーロ圏(19か国)を管轄する欧州中央銀行(ECB)は10日、フランクフルトで
定例理事会を開き、欧州経済を下支えするため、金融緩和策の強化を決めた。
 民間銀行から余ったお金を預かる際に適用する金利(中銀預金金利)を、現在の「マイナス0・3%」からさらに引き下げ、
「マイナス0・4%」とした。3月16日から適用する。
 ECBは、市場に大量のお金を流し込むため、昨年3月からユーロ圏の国債などを毎月600億ユーロ(約7・5兆円)ずつ
買い入れている「量的金融緩和」の拡大も決めた。今年4月から、購入額を月800億ユーロ(約10兆円)へと増やす。
 ECBが追加金融緩和を行うのは、ユーロ圏の物価上昇率が低迷し、持続的に物価が下落する「デフレ」に陥る懸念が
あるためだ。ECBは、経済が安定成長するために望ましい物価上昇率を「2%弱」としているが、欧州連合(EU)統計局に
よると、2月の物価上昇率は前年同月比0・2%減と、5か月ぶりにマイナスに逆戻りした。
 物価が上がらない状態が長引けば、消費者は将来の値下がりを見込んで、モノやサービスを積極的に買わなくなる。
その結果、企業は収益を上げにくくなり、賃金や雇用も伸び悩み、消費がさらに冷え込むという悪循環に陥りかねない。
ECBは、複数の政策手段を組み合わせ、経済活動を後押しする構えだ。

85.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/10(木) 23:12:20.18 ID:FoRIOgix.net

ドラギ総裁、追加緩和「様々な政策手段の相乗作用を利用」
2016/03/10 22:56 日経速報ニュース 370文字
【NQNロンドン=菊池亜矢】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は10日、理事会後の記者会見で今回決めた追加金融緩和に
ついて「様々な政策手段を組み合わせて相乗作用を利用する」と述べた。ECBは政策金利をゼロ%に引き下げたほか、金融機関
が中銀に預け入れる余剰資金の金利(中銀預金金利)のマイナス幅を拡大し、マイナス0.4%にする。加えて域内の国債などを買い
入れる量的金融緩和の毎月買い入れ額を200億ユーロ増やし800億ユーロにするほか、期間4年の新しい長期資金貸出オペレー
ションの実施も決めた。
 ドラギ氏は量的金融緩和については「必要ならば」17年3月以降も継続するとした。
 ECBスタッフによる新たな経済予測で、2018年のインフレ率の見通しは1.6%だった。16年は0.1%、17年は1.3%といずれも15年
12月時点から下方修正した。

86.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 03:40:22.07 ID:n/GVYeZw.net

キヤノン株の「変身」 市場の還元重視に一石(スクランブル)
2016/03/11 02:00 日経速報ニュース 1138文字
 キヤノンの大勝負に株式市場はどこか冷淡だった。10日の東京市場で同社株は逆行安となった。東芝が前日に医療機器子会社
の売却先にキヤノンを選んだと発表。買収価格が7000億円強の巨額に上り、成長より株主還元を求める投資家に嫌気されたようだ。
市場の還元重視志向は根強い。そこに落とし穴はないのか。
 キヤノン担当の証券アナリストらは、10日朝から投資家からの問い合わせに追われた。投資家の関心事は(1)東芝メディカルシステ
ムズの買収額「7000億円」の妥当性(2)今後の株主還元に変化はあるのか――の2点にほぼ絞られる。
 まず買収価格。買収先企業のキャッシュフローで買収代金を回収するのに何年かかるかを示す「EV/EBITDA倍率」は約25倍
とみられる。市場では医療機器メーカーのオリンパス株やテルモ株が15倍前後で取引されている。米運用会社トレードウィンズ・グロ
ーバル・インベスターズのピーター・ボードマン氏は「価格は高いと思う。成功の鍵は相乗効果にかかっている」と話す。
 買収による現金流出で「短期的には自社株買いの可能性は大きく後退した」との見方が広まった。あるファンドマネジャーは「巨額
買収で減損リスクを抱えるくらいなら配当や自社株買いで株主に資金を返してほしい」と話す。「既存事業が成熟する中、買収は
理解できる」(米運用会社ハリス・アソシエイツのデービッド・ヘロー氏)といった声はどちらかといえば少数派だった。
 こうした市場の反応は本当に正しいのだろうか。株主還元ではキヤノンは日本企業のトップクラスの実績を持つ。SMBC日興証券
によると、1988年から減配しておらず、2007~15年に合計で1兆3千億円あまりを費やしてきた。自社株買いには07~14年(15年
は実施せず)に1兆500億円を投じた。07~14年の株主還元は同期間のフリーキャッシュフロー合計額に相当する規模だ。
 アベノミクス相場以降、政府や投資家、企業がそろって「株主還元強化」を叫んでいるが、キヤノンはその先駆者だ。ただ市場評価
にはつながっていない。時価総額が大きい主要30社の過去5年間の株価騰落率をみると、キヤノンは唯一、2ケタの下落率を記録
した。「(株主還元は)継続的な企業価値向上の観点で最善策だったのだろうか」。SMBC日興の桂竜輔氏はこう疑問を投げかける。
 10日の株式市場では富士機械製造株が前日比5%高と急騰。9日に新株予約権付社債(転換社債=CB)発行と自社株買いを
組み合わせて実施すると発表したためで、株式市場の根強い還元志向を浮き彫りにした。そうした中で「脱利回り株」への意志を明確
にしたキヤノン。成長路線への回帰に成功すれば還元絶対主義へのアンチテーゼとなるはずだ。(宮本岳則)

87.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 06:12:32.88 ID:A6ZeIH3G.net

焦る欧州中銀、物価低迷、3カ月で追加緩和―総裁、さらなる利下げは否定、ユーロ乱高下。
2016/03/11 日本経済新聞 朝刊 3ページ 463文字 書誌情報
 【ロンドン=黄田和宏】10日の欧州金融市場では、欧州中央銀行(ECB)の金融政策を巡ってユーロ相場が乱高下した。
追加金融緩和の発表を受けて当初はユーロ売りが広がり、対ドルでは一時1ユーロ=1・08ドル前半と、約1週間ぶりの安値
をつけた。ただ記者会見でドラギ総裁が「追加利下げが必要になるとは思わない」と発言し、ユーロは上昇に転じた。
 債券市場では、ドラギ総裁の発言を受け、期間の短い国債の利回りが上昇した。の2年物国債の利回りは政策発表
前のマイナス0・56%前後からマイナス0・45%台に大きく上昇した。市場では、金融機関がECBに預ける余剰資金の金利を
6月にも再び引き下げるとの期待が強かったため、失望感が広がった。
 株式市場では、主要国の株価が大きく上昇した後、急速に伸び悩んだ。の株価指数DAXは一時2%強上昇したが、
その後、下げに転じる場面があった。
 一方、ECBが社債を量的緩和策の購入対象に加えたことで、南欧などでは企業の信用状況が改善するとの期待が広がり、
イタリアやスペインの株価は堅調に推移した。

88.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 06:32:23.09 ID:A6ZeIH3G.net

日本株ADR10日、売り優勢 京セラやキヤノン、NTTが下落
2016/03/11 06:13 日経速報ニュース 138文字
【NQNニューヨーク=古江敦子】10日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。
同日の米株式相場が軟調に推移し、日本株ADRの重荷になった。京セラが3%近く下落。キヤノンとNTTドコモ、
NTT、三井住友FGなどが下げた。半面、ソニーとオリックスは上げた。

89.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 09:02:15.55 ID:iSd40a89.net

長期金利、プラス圏に浮上 0.015%に
2016/03/11 08:56 日経速報ニュース 33文字

90.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 09:07:53.11 ID:iSd40a89.net

ECB緩和 日銀の利下げ観測後退・丹治氏 金利に上昇圧力
2016/03/11 09:00 日経速報ニュース 448文字
 みずほ証券・丹治倫敦シニア債券ストラテジスト 欧州中央銀行(ECB)は10日の理事会で追加緩和を決めたが、
の金利は上昇した。域内の金融機関が中銀に預け入れる余剰資金の金利(預金ファシリティ金利)の引き下げ幅
が0.1%にとどまり、ドラギ総裁が理事会後の会見で今後の利下げについて「必要ない」と発言したためだ。マイナス金利で
先行しているECBの利下げに限界が近いとの見方が強まり、日銀の追加利下げ観測も後退しそうだ。国内の金利にも
当面、上昇圧力がかかりそうだ。
 欧米との金利差が縮小し、海外投資家の日本国債への買いを鈍らせる可能性もある。もっとも、利下げ観測が後退した
としても当座預金の一部に適用する金利が現在のマイナス0.1%から引き上げられない限り、中短期債の利回り上昇は限
られるだろう。日銀はECBと対照的に量的緩和の方が限界が近いとみられ、次の緩和手段は利下げの可能性が高いと
見込んでいる。長期的には再び金利が低下に向かうなど振れやすくなりそうだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

91.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 09:09:23.41 ID:iSd40a89.net

主な成り行き注文(東証・前場)鬼ゴムが929万株の買い越し 
2016/03/11 09:05 日経速報ニュース 150文字
 11日の東証1部の前場・後場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄は鬼ゴムが929万株、KDDI144万株、
三菱UFJ76万株、キヤノン38万株などだった。
 一方、主な売越銘柄は日立127万株、クボタ69万株、りそなHD63万株、みずほFG60万株などだった。

92.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 09:33:28.44 ID:iSd40a89.net

債券寄り付き 長期金利、プラス圏に浮上 一時0.015% 
2016/03/11 09:12 日経速報ニュース 416文字
 11日の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが2月22日以来、約3週間ぶりにプラス圏に浮上した。
一時、前日比0.035%高い(価格は安い)0.015%に上昇した。水準は2月18日以来の高さだった。欧州中央銀行(ECB)の
利下げに打ち止め感が広がったため10日にの長期金利が上昇し、日本国債にも売りが波及している。日銀の追加利下げ
が当面見込みにくいとの見方が広がったのも債券相場の重荷になっている。
 先物相場は大幅に反落している。中心限月の3月物は一時前日比65銭安の151円1銭まで売られた。期先の6月物は81銭
安の150円30銭に下落し、大阪取引所は先物相場の急変動を落ち着かせる目的で、「ダイナミック・サーキット・ブレーカー」(即時
約定可能値幅制度)を発動して取引を一時中断した。
 新発2年物国債の利回りは前日比0.030%高いマイナス0.150%で取引が成立した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

93.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 10:49:28.18 ID:wRZZSGJa.net

2016年03月11日09時59分
【材料】三菱UFJなどメガバンクが逆行高、マイナス金利打ち止め観測で買い戻し誘発

 欧州株安を受けて全体相場が軟調に推移するなか、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャル
グループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクが軒並み堅調な値動きで目を引く。ここ銀行株はマイ
ナス金利環境のなかで全体相場の地合い悪を誘導するセクターだっただけに、足もとの動きは違和感も伴う。
 これについて市場では「売り方の買い戻しが主導している。長期金利が足もと上昇していることに加えて、ECB理事会では
追加緩和を決定したものの、記者会見での追加利下げ打ち止め発言ともとれるドラギ総裁コメントが影響している」(国内
ネット証券大手)という。
 ドラギ総裁は今後の追加利下げについて「必要になるとは思っていない」と発言しており、それよりも銀行に融資しやすい
環境作りを支援する姿勢をみせた。これを受けて、「日銀の金融政策決定会合でもマイナス金利幅の拡大という政策は
打ちにくくなった。金融緩和政策にも限界が生じているとの認識がにわかに広がっている」(同)という見方が強まり、収益
環境の圧迫懸念を材料に投機筋の空売り対象となっていた銀行セクターを買い戻す動きが顕在化したようだ。
出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

94.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 12:10:24.24 ID:snCXf9Rr.net

東証前引け、反落 ECB総裁発言で、三菱UFJは逆行高
2016/03/11 11:58 日経速報ニュース 839文字
 11日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比146円80銭(0.87%)安の1万6705円55銭だった。
欧州中央銀行(ECB)がさらなる利下げに踏み切るとの見方が後退。緩和的な金融政策が生む資金が世界の株式
相場を押し上げると期待がしぼみ、売りが優勢となった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落した。
 ECBは10日の定例理事会で追加の金融緩和を決めた一方、ドラギ総裁は理事会後の記者会見で「追加利下げが
必要になるとは思わない」と発言した。さらなる利下げには慎重との受け止めから、欧米株式相場が下落。日本株にも
売りが波及した。
 ただ、朝方に取引が一巡した後は下げ渋った。ECBは10日にマイナス金利幅の拡大だけでなく量的緩和を拡充する
政策も決めた。市場予想を上回る内容と評価する雰囲気も一部でじわりと広がり、下値での買い戻しにつながった。
 朝方発表の法人企業景気予測調査によると、1~3月期の大企業全産業の景況判断指数はマイナス3.2だった。
3四半期ぶりのマイナスとなったが円高に伴う輸出採算の悪化が警戒されているため、「材料視するムードは乏しかった」
(東洋証券の大塚竜太ストラテジスト)という。
 前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆7750億円、売買高は15億1444万株だった。東証1部の値下が
り銘柄数は983と、全体の半分強を占めた。値上がりは793、変わらずは166銘柄だった。
 外国為替市場で円相場が円高・ドル安方向に振れ、輸出株のトヨタや富士重が下落した。高浜原子力発電所3号
機の運転を止めた関西電は続落。日経平均への影響が大きい値がさのファストリやソフトバンク、ファナックが下げた。
一方、金融の三菱UFJや三井住友FG、みずほFGが上昇。今期が最終増益になるとの見通しを示した積ハウスが上げた。
 東証2部指数は反落した。アートSHDと朝日インテクが下げ、サイオスやラオックスが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

95.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 12:11:43.34 ID:snCXf9Rr.net

<東証>三菱UFJが続伸 ECB総裁発言で連想、金融株高い
2016/03/11 11:10 日経速報ニュース 377文字
(11時10分、コード8306など)続伸し、一時前日比16円40銭(3.1%)高の552円まで上げた。欧州中央銀行(ECB)
のドラギ総裁が10日の定例理事会後の記者会見で「追加利下げが必要になるとは思わない」と述べた。ECBと日銀が
競い合うようにマイナス金利幅を拡大するとの見方が後退。金融機関の収益悪化に歯止めが掛かるとの連想が働き、
見直し買いにつながった。
 JPモルガン証券の足立正道シニアエコノミストは「ドラギ総裁の発言が日銀の判断に直接的に与える影響はないだろう
が、市場では日銀が追加利下げするシナリオの実現がひとまず遠のいたとの見方が出ている」と指摘する。みずほFG(
8411)や三井住友FG(8316)も上げ、業種別東証株価指数(TOPIX)の11時時点の騰落率ランキングで「銀行」は
値上がり首位となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

96.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 12:41:43.25 ID:BordH4UF.net

主な成り行き注文(東証・後場)関西電が4万株の売り越し 
2016/03/11 12:34 日経速報ニュース 135文字
 11日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄はANAHDが6万株、大東銀5万株、
関西電4万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は鬼ゴムが1002万株、神戸鋼78万株、みずほFG74万株、三菱UFJ43万株などだった。

97.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 13:56:50.09 ID:uy/UdbJz.net

>>2
6338材料キタ━━( ゚∀゚ )━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━( ゚∀゚ )━━!!!!

 奈良県立医科大学と株式会社タカトリとの「産学連携に関する包括協定」に基づき、
平成26年 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP採択課題
「体位センサーを搭載したアクチグラフ睡眠計・自由行動下血圧計の開発」に
ついて共同で研究開発して参りましたが、この度、その研究成果として、
共同で特許出願する運びとなりました。
 そこで、平成28年3月9日付で、以下のとおり共同で特許出願を行いましたので、
ご報告申し上げます。
httpp://www.takatori-g.co.jp/topics/cat239/201603/20160311111227.html

これってリアルタイムに血圧を測定できる=血圧の異常で
即座に急病を感知できるということか?

98.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 14:15:29.77 ID:Ksc3yJ07.net

ECBの打ち止め感、日銀の限界論に加勢 長期金利はプラス浮上
2016/03/11 13:38 日経速報ニュース 1140文字
 日銀の追加利下げが一段と難しくなったとの見方が市場に広がっている。マイナス金利政策で先行する欧州中央銀行(ECB)の
ドラギ総裁が10日、金利のこれ以上の引き下げは「必要ない」と発言したのがきっかけだ。これが日銀の金融緩和の限界論に飛び
火し、11日の債券市場では早期の緩和観測の後退で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが約3週間ぶりにプラス圏
に浮上した。

 ECBは10日の理事会で包括的な追加緩和を決めたが、ドラギ総裁の発言で同日の欧州の長期金利は上昇(債券価格は下落)
した。欧州での債券売りは日本国債にも及んだ。総裁発言でECBの今後のマイナス金利拡大に歯止めがかかったとの見方から
「緩和競争の回避が意識され、日銀の早期利下げなしとの予想を確認できた」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊
シニア債券ストラテジスト)との声も増えた。これが長期金利の2月22日以来のプラス浮上につながった。

 市場には「日銀は緩和限界論に敏感」(SMBC日興証券の宮前耕也日本担当シニアエコノミスト)との指摘が多い。マイナス金利
政策を導入して従来の量的緩和に政策手段の新しい選択肢を増やし、黒田東彦総裁は「緩和に限界はない」と強調する。だが、
ECBの利下げ打ち止め感は、日銀のマイナス金利拡大の限界論を勢いづかせる。宮前氏は「日銀は動きにくくなる」とみる。

 そうなると日銀は資産買い取りという量的緩和の拡大に軸足を戻すのか。だが、そもそも量的緩和だけでは限界論が浮上しやすい
ためにマイナス金利政策を導入したとの見方は根強い。長い目で見れば日銀の金融政策の方向性は緩和との予想は依然優勢だが、
次の一手がどのような政策手段になるかには市場の見方は割れている。
 みずほ証券の丹治倫敦シニア債券ストラテジストは、次はやはり利下げと予想する。金融機関が余剰資金を預ける際の金利
(中銀預金金利)を今回マイナス0.4%に引き下げたECBに比べ、マイナス0.1%の日銀はまだ下げ余地があるとみているためだ。
それでもその余地は決して大きくなく、丹治氏は「なるべく追加緩和を温存する」と読む。
 一方、日銀が金融緩和の限界論を嫌うとみる宮前氏は、上場投資信託(ETF)の買い入れ増額など質の面での緩和強化が
次の一手になるとみる。

 日銀による大規模な国債買い入れは続いており、「長期的には無秩序に上昇するとは考えにくい」(国内証券のディーラー)との
相場観は幅広く共通認識になっている。ただ、日銀の次の一手は、例えばETF買い増しなど金利に直接影響を与えない手段と
なることもありうる。その場合に長期金利が思わぬ上昇を演じるリスクは念頭に置く必要がありそうだ。
〔日経QUICKニュース(NQN) 村田菜々子〕

99.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 16:12:23.99 ID:daRE6zOm.net

東証大引け、続伸 ECB追加緩和策へ評価じわり、2部も続伸
2016/03/11 15:38 日経速報ニュース 837文字
 11日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比86円52銭(0.51%)高の1万6938円87銭で終えた。10日に
欧州中央銀行(ECB)が決めた包括的な金融緩和策の分析が時間の経過とともに市場に浸透。前向きな評価がじわりと
広がり、後場に入ると買いが優勢になった。
 ECBは10日の定例理事会でマイナス金利の拡大だけでなく量的緩和策を拡充した。金融機関の収益基盤を考慮しながら
実体経済をピー激する目配りされた政策との分析がじわりと浸透。日銀とECBが競い合うように利下げするシナリオがひとまず
遠のいたとの連想も働き、金融株を中心とした見直し買いを促した。
 ただ、前場は売りに押された。ECBのドラギ総裁は理事会後の記者会見で「追加利下げが必要になるとは思わない」と発言。
さらなる緩和に慎重との受け止めにつながり、下げ幅が280円に迫る場面があった。
 JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前日比60.67ポイント(0.50%)高の1万2296.16だった。東証株価指数
(TOPIX)も続伸し、7.15ポイント(0.53%)高の1359.32で終えた。
 東証1部の売買代金は概算で3兆883億円だった。株価指数先物・オプション3月物の特別清算指数(SQ)算出に伴う
取引で、2月17日以来の水準に膨らんだ。売買高は27億6156万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1295と、全体の
67%を占めた。値下がりは533、変わらずは115銘柄だった。
 三菱UFJや三井住友FG、みずほFGの三大金融グループがそろって上昇。日本政策投資銀行が株式公開買い付けを
提案した鬼ゴムが大幅高。26年ぶりの復配を決めた飛島建の値上がりも目立った。一方、トヨタとホンダが下落。ファナックが
下げ、高浜原子力発電所3号機の運転を止めた関西電が5日続落した。
 東証2部株価指数は続伸した。サイオスとラオックスが上げ、朝日インテクやアートSHDが下げた。

100.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 19:03:22.53 ID:0SUgwqiF.net

■三菱UFJ <8306>  554.3円  +18.7 円 (+3.5%)  本日終値
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ
<8411>などメガバンクが軒並み高。ここ銀行株はマイナス金利環境のなかで全体相場の地合い悪を誘導するセクター
だっただけに、足もとの動きは違和感も伴う。これについて市場では「売り方の買い戻しが主導している。長期金利が
足もと上昇していることに加えて、ECB理事会では追加緩和を決定したものの、記者会見での追加利下げ打ち止め
発言ともとれるドラギ総裁コメントが影響している」(国内ネット証券大手)という。ドラギ総裁は今後の追加利下げに
ついて「必要になるとは思っていない」と発言しており、それよりも銀行に融資しやすい環境作りを支援する姿勢をみせた。
これを受けて、「日銀の金融政策決定会合でもマイナス金利幅の拡大という政策は打ちにくくなった。金融緩和政策
にも限界が生じているとの認識がにわかに広がっている」(同)という見方が強まり、収益環境の圧迫懸念を材料に投機
筋の空売り対象となっていた銀行セクターを買い戻す動きが顕在化したようだ。

101.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 21:43:12.28 ID:dwOUrzoG.net

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄
httpps://t.co/jFlXCJJMZI

四季報記者が選んだ2016年度大バケ期待の20銘柄
httpps://t.co/jFlXCJJMZI

102.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 22:13:21.20 ID:F2ODCTjl.net

日銀総裁、マイナス金利「実体経済への波及には若干時間かかる」
2016/03/11 20:05 日経速報ニュース 217文字
 日銀の黒田東彦総裁は11日夕、政府の経済財政諮問会議(議長・ピー晋三ピー)に出席し、マイナス金利政策の
効果などを説明した。イールドカーブ(利回り曲線)が低下している現状に言及しつつ「預金金利の低下は小幅にとどまって
いる」と指摘。住宅投資や設備投資へのプラス効果に触れたうえで「実体経済への波及には若干時間がかかる」との見方
を示した。
 石原伸晃経済財政・再生相が会議終了後の記者会見で明らかにした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

103.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 22:54:13.48 ID:hoS0YXCW.net

円上昇を言い当てたRBSのストラテジスト、ピーク付けたと判断
2016/03/11 19:08 JST
httpp://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3VARZ6K50YN01.html

104.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/11(金) 22:56:08.96 ID:hoS0YXCW.net

東証1部の空売り比率33.2%へ低下、昨年12月2日以来の水準-11日
2016/03/11 16:39 JST
httpp://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3V6LW6KLVWF01.html

105.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 02:47:40.05 ID:tDk7kRj/.net

ノルウェー政府系ファンド、日本株保有6兆円に迫る
2016/03/12 02:00 日経速報ニュース 803文字
 世界最大級の政府系ファンドのノルウェー政府年金基金が、日本株投資を拡大している。2015年末の日本株保有額は
約5兆9500億円と、14年末から約1兆1千億円(24%)増えた。日経平均株価の上昇率(9%)を上回って増え、5千億
円以上を買い増したとみられる。世界経済の減速懸念で金融市場が不安定になる中でも、日本株への関心は薄れていな
かったようだ。
 運用を管理するノルウェー銀行(中央銀行)の報告書を基に、各年末の為替レートで円換算して集計した。日本株の
保有額は4年連続で増え、東証1部の時価総額の1%強を占めた。株式全体に占める日本の割合は9.3%と約2ポイント
上昇。昨年は海外勢が7年ぶりに日本株を売り越したが、同基金は一線を画した。
 銘柄数は1433と94社減ったが、主力株の投資額は増やした。2547億円と保有額最大のトヨタ自動車は11%増え、持ち
株比率を0.89%から1.02%に高めた。三菱地所(4倍)、三井不動産(76%増)など、軟調だった不動産株の買いも目立った。
 保有比率が3%以上の銘柄は45社と6社増えた。比率が最大のトーカロは5.27%だった。
 昨年11月に上場した日本郵政グループ3社は計130億円保有。昨年、再上場したベルシステム24ホールディングスや
ツバキ・ナカシマも組み入れた。
 原油安を受けて、昨秋以降の市場では中東のオイルマネーの日本株売りが懸念されてきた。ノルウェー年金基金も原油
収入が元手だが、買い増しを続けた。歳入の原油依存度が中東ほど高くないうえ、年金基金とあって長期運用の性格が
強いためとみられる。
 ただ、ノルウェー銀のオルセン総裁は2月の講演で、原油安が続けば「16年は基金から資産を取り崩す可能性がある」と
語った。大和証券の壁谷洋和氏は「日銀の金融緩和が日本株には追い風となるが、原油価格の動向次第ではノルウェー
年金基金の投資が鈍る恐れもある」と指摘する。

106.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 02:50:07.20 ID:tDk7kRj/.net

緩和に限界、買い続かず 「質への逃避」深まる
2016/03/12 02:00 日経速報ニュース 1155文字
 中央銀行がサプライズ緩和を打ち出しても投資家は熱狂しない。11日の株式市場は、そんな構図が定着したかのような
パッとしない値動きだった。世界経済の成長鈍化や低インフレの長期化への懸念は強く、買われる銘柄にも「質への逃避」
がにじむ。
 「どの株をいつ、とは言えないが興味深い企業は多い」。日本たばこ産業(JT)に株主還元を求めた英ザ・チルドレンズ・
インベストメント・ファンド(TCI)。JT株を全株売ったパートナーのオスカー・フェルドハウゼン氏は新たな投資先を探す。
 TCIは世界の10~15銘柄に厳選投資し、日本企業に多い金融や医薬、ハイテクには投資しない。一方で投資対象で
ある食品やサービス、小売りなどはPER(株価収益率)が20倍以上と高く、割安株を探すのが難しい状況だ。
 世界的に国債価格が上昇(利回りは低下)し、相対感から株価が割高でも買えるとの見方は多い。だが、フェルドハウゼン
氏は条件を付ける。「低インフレの環境でも買収に頼らず売上高を伸ばせる企業。重要なのは価格競争に巻き込まれない
価格支配力だ」
 欧州中央銀行(ECB)は市場予想を上回る緩和策を繰り出したが、株価が上昇したのは1時間程度だった。1月29日に
日銀がマイナス金利政策を決めた時は約30分で上昇が止まったのと似る。
 投資家は、緩和が物価や景気を押し上げる効果に限界を感じ始めている。ECBがマイナス金利を導入して2年近くになるが
、2016年の物価上昇率の見通しは0.1%と低迷する。低インフレの長期化への警戒感は、東京市場の株価の動きにも及ん
でいる。
 東証1部上場で時価総額が5000億円以上の銘柄の昨年末比の株価上昇率をランキングすると、1位のホシザキ電機や
2位のヤマハなど、業界トップシェアの企業が多い。増収増益で収益性も高め。株式市場では、収益が伸び財務内容も
良好な「クオリティー(高品質)株」と呼ばれる。
 2月以降は資源関連など割安株の上昇が目立つが、実は同時にクオリティー株が買われている点も見逃せない。「売られて
いた銘柄の上昇はヘッジファンドの買い戻しが主体で長続きしない。景気に不安が根強い中で、クオリティー株は長期投資家が
売らずに保有し、今後も買われやすい」(ゴールドマン・サックス証券の秋葉茅麦氏)
 大和証券は今月初旬にかけてカンファレンスを開き、来日した海外投資家が日本企業と面談を重ねた。セールス担当の
上島英二氏は、ある投資家から「日本の経営者は賃上げで人材を集めるより、時間短縮など縮小均衡を選択している」と
感想を聞かされた。
 「シュントー(春闘)」が海外に広く知れ渡るほど日本株への関心は高い。だが実際の賃上げは盛り上がらない。インフレへの好循環が見通せなければ、買われる銘柄はごく一部に限られる。(松崎雄典)

107.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 02:51:41.19 ID:tDk7kRj/.net

米国株、反発で始まる ダウ上げ幅180ドル超、原油高や欧州株高受け
2016/03/11 23:47 日経速報ニュース 688文字
【NQNニューヨーク=野見山祐史】11日の米株式相場は反発して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は
前日比155ドル66セント高の1万7150ドル79セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同46.527ポイント
高の4708.683で推移している。ダウ平均の上げ幅はその後180ドルを越えた。原油先物相場の上昇を好感した買いがエネ
ルギー関連などに入った。アジアや欧州の株式相場が欧州中央銀行(ECB)による10日の追加緩和などを材料に全面高
となり、投資家心理が改善した。
 国際エネルギー機関(IEA)は11日公表の3月月報で原油相場の底入れの可能性を指摘した。月報などを受けて原油
先物は昨年末以来の高水準である1バレル38ドル台後半で推移している。2月の米輸入物価指数は前月から0.3%低下
した。指数の低下は8カ月連続で、国内の低インフレを長引かせる一因になるが相場の反応は限られている。
 個別銘柄では証券会社の投資判断の引き上げが伝わった石油のシェブロンが高い。四半期決算で売上高や1株利益が
市場予想を上回った美容品などのウルトラサロンは13%超の大幅高。
 ダウ平均の構成銘柄では建機のキャタピラーや金融のゴールドマン・サックス、ネットワーク機器のシスコシステムズなどが
買われている。
 一方、衣料品のゼネスコは大きく下げて始まった。売上高や1株利益で市場予想に届かなかった四半期決算を嫌気した
売りが膨らんだ。スポーツ用品のズーミーズも安い。前日夕発表の減収減益の四半期決算を受けた売りが続いた。レストラン
チェーンのエルポロロコが安い。

108.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 03:06:48.90 ID:qk+l9/cw.net

日銀マイナス金利に限界論、株高が進む異例の展開

[東京 11日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が10日、追加利下げに否定的な発言をしたことで、日銀の
マイナス金利政策の限界が、市場で早くも意識され出した。その結果、銀行収益の圧迫など副作用の面が強く警戒されて
きた銀行株は、11日に急伸。金融政策の「限界論」が強まりながら、株高が進むという異例の展開となっている。

<「先駆者」ECBが限界示唆>

日銀がマイナス金利付き量的・質的金融緩和策(QQE)を1月29日に決めてから1カ月あまり。マーケットでは早くも限界論が
浮上してきた。

きっかけは10日のECB理事会後のドラギ総裁の発言だ。ECBは主要3金利の一斉引き下げや、月額の資産買い入れ枠
拡大など市場予想を上回る追加緩和策を発表したが、ドラギ総裁が「一段の金利引き下げが必要になるとは思わない」と
発言すると、市場の雰囲気は一変。欧州市場では金利上昇・ユーロ高・株安が進んだ。

ドラギ総裁は「新たな事実が、状況や見通しを変えることはあり得る」とも発言しており、追加の利下げを全否定したわけではない。
しかし、「銀行システムに何ら影響を及ぼすことなく、望むだけマイナス幅を拡大できるのか。答えは『ノー』だ」と断言。マイナス
金利の限界を示唆したと受け止められている。

現在の日銀のマイナス金利幅は0.1%。マイナス金利政策を日銀に先駆けて導入している欧州地域・各国の政策金利の
マイナス幅は、ECBが0.4%、スイスやデンマークは0.75%となっており、水準的には日銀にも拡大余地がある。

しかし、日本は欧州などと比べ、貸出金利の水準が低い。昨年末時点の貸出金利(国内銀行)は0.9%程度。ユーロ圏の
2.2%程度などと比べると引き下げ余地は小さい。預金金利をマイナスにできない以上、金利低下がさらに進めば、利ザヤは
一段と縮小し、銀行の収益を圧迫する。
マイナス金利政策の「先駆者」であるECBが限界を示唆したことで、市場では「少なくとも、日銀は来週の会合でマイナス金利
の引き下げをできる環境ではなくなった」(UBS証券・デスクストラテジストの井川雄亮氏)との見方も広がり始めた。

<外債投資トレンドは変化なしか>

日銀の追加緩和を織り込んできた円債市場では、これまでの反動から金利が急上昇。10年長期金利JP10YTN=JBTCは
一時プラス0.015%とマイナス水準を脱し、2月18日以来の水準に上昇した。

しかし、マイナス金利の限界論が高まったとしても、日銀が国債の「爆買い」をしている状況は継続中だ。需給的に円債市場は
締め付けられており、市場では「金利上昇は限定的」(外資系証券ストラテジスト)との見方は多い。

日本は実質金利、名目金利がともにマイナスとなっている主要国で唯一の国だ。この状況は日本にお金を置いておけば、目減
りするということを意味する。それゆえ、日本の投資マネーが海外に向かうという構図が、崩れることはないとみられている。

「金利が多少上昇しても、絶対的な金利水準としては依然として低い。国内投資家は海外への投資を止める可能性は低い」
とHSBC証券東京支店 ・グローバル・マーケッツ債券営業本部マクロ経済戦略部長の城田修司氏は話す。

109.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 03:08:37.44 ID:qk+l9/cw.net

<マイナス金利拡大に株安リスク>

一方、日本株市場にとって、マイナス金利の「限界論」が浮上してきたことは、むしろプラス材料とみられているようだ。

11日の東京株式市場では、銀行株.IBNKS.Tが値上がりトップとなり、日経平均.N225を一時1万7000円台に押し
上げた。日銀によるマイナス金利政策の決定後、日本株が急落したのは、世界的なリスクオフに巻き込まれたことが
大きいが、収益圧迫懸念から銀行株が売られたことも、株安に拍車をかけた一因だ。

個人投資家の保有が多い銀行株の上昇は市場のムードも明るくする。

JPモルガン・アセット・マネジメント、グローバル・マーケット・ストラテジスト の重見吉徳氏は「日本株市場は、金融機関
の収益き損への警戒感に支配されているようだ。日銀のマイナス金利拡大が遠のいたとすればプラスに働く」とみる。

さらに金利・量・質の「3次元緩和」のうち、量に比重がかかってくれば、ETF(指数連動型上場投資信託)の購入枠拡大
への期待も高まる。「効果がわからないマイナス金利の拡大より、ETF拡大の方が需給に直接的に影響を与えるだけに、
株価にはインパクトがある」(国内銀行エコノミスト)という。

とはいえ、金融緩和に「限界論」が強まれば、一般的には株安材料だ。それにもかかわらず、11日の日本株が上昇した
のは、マイナス金利に対する市場の「嫌悪感」を表しているともいえる。

今後、日銀がマイナス金利幅を拡大させる追加緩和策を実施する場合は、株安リスクを警戒する必要がありそうだ。

110.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 07:05:12.43 ID:UwC/0/10.net

長期金利一時プラス、欧州中銀総裁発言受け、銀行株は上昇。
2016/03/12 日本経済新聞 朝刊 3ページ 777文字 書誌情報
 日欧で長期金利の動きが荒くなっている。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が10日、マイナス金利政策の一段の拡大に
慎重な姿勢を示したためだ。11日の東京市場では長期金利が一時、約3週間ぶりにプラス圏に浮上した。銀行収益への懸念
もいったん和らぎ、日欧で銀行株が値上がりした。
(関連記事7面に)
 ECBは10日、利下げを含む追加緩和を決めたが、注目されたのはドラギ総裁の発言だった。記者に一段の利下げの是非を
問われると「必要になるとは思わない」と繰り返した。マイナス金利政策が銀行の収益を圧迫する点にも触れ「(量的緩和など)
マイナス金利以外の手段に軸足を移すつもりだ」と述べた。
 市場では打ち止めになるとの見方が広がった。の10年物国債の利回りは年0・2%台から0・3%台へ上昇。11日の
東京市場ではユーロが買い戻され、一時1ユーロ=126円台後半と、緩和発表前から2円強も円安・ユーロ高が進んだ。
 日本の新発10年物国債の利回りは8日に過去最低のマイナス0・1%まで低下したが、11日には一時プラス0・015%まで
上昇。「マイナス金利で先行したECBですら限界を示唆したことで、日銀の利下げ余地の限界も意識されやすくなる」(SMBC
日興証券の森田長太郎氏)との声が出ている。
 株式市場では2月に大きく値下がりした銀行株が買い戻された。マイナス金利が深まらなければ銀行収益が悪化するリスクは
低くなるからだ。欧州ではイタリアのウニクレディトやスペインのサンタンデールの株価が上昇。11日の東京市場でも銀行株は
堅調で三菱UFJフィナンシャル・グループは3%高となった。
 ユーロの買い戻しに伴うドル安で通貨の代替資産と位置づけられる金も買われた。ニューヨーク市場の金の先物価格は11日
の時間外取引で1トロイオンス1280ドルを超え、約1年ぶりの高値を付けた。

111.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 07:08:06.26 ID:UwC/0/10.net

事業融資、証券化し販売、三井住友銀、生保や地銀に。
2016/03/12 日本経済新聞 朝刊
 三井住友銀行は国内のインフラ向け事業融資(プロジェクトファイナンス)の貸出債権をもとに開発した新しい金融商品を
売り出す。第1弾として、栃木県の大規模太陽光発電(メガソーラー)事業から上がる収益を分配する商品を生命保険
会社や地方銀行に売る。日銀のマイナス金利政策で運用難の機関投資家の需要をとらえ、銀行のリスク資産の拡大を
抑える効果も見込む。
 新商品は三井住友銀の事業融資の一部を証券化し、信託受益権として機関投資家に売る。海外の金融機関が組成
する「プロジェクトボンド(債券)」に似た仕組みで邦銀初の取り組みという。格付け会社から格付けを得て、投資家がリスクを
判定しやすくする。
 栃木県のメガソーラー事業では、同行の事業融資のうち約30億円分を証券化し、生保や地銀など2~3社に売る計画だ。
日本格付研究所からシングルAの予備格付けを得ており、同じ格付けの普通社債より高めの利回りになるとみられる。
 三井住友銀は同様の手法で組成される金融商品の市場規模が再生エネルギー分野だけで今後1000億円規模に達する
とみる。国内債券の運用利回りの確保が難しいなか、投資家の需要も強まりそうだ。
 今後は事業融資への参加が難しい年金基金や個人投資家などへの販売も検討する。
 国際的な金融規制が厳しくなり、銀行は事業融資のように数十年単位の貸出債権を持ち続けにくくなっている。三井住友銀
は貸出債権を信託受益権に転換して売り、自行の資産膨張を防ぐ。

112.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 07:14:05.25 ID:UwC/0/10.net

日本株ADR11日、全面高 三井住友FGなど金融が大幅高
2016/03/12 06:13 日経速報ニュース 154文字
【NQNニューヨーク=川内資子】11日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は全面高だった。
日米株式相場がともに上昇した影響で買われる銘柄が多かった。同日の東京市場で堅調だった三井住友
FGや野村、三菱UFJ、みずほFGといった金融銘柄がそろって大幅高となった。ソニーやキヤノン、NTTドコモ
も上昇した。

113.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 07:15:07.37 ID:UwC/0/10.net

米国株、ダウ反発し218ドル高 年初来高値、エネルギーや金融株に買い
2016/03/12 06:30 日経速報ニュース 731文字
【NQNニューヨーク=川内資子】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。終値は前日比218ドル18セント
(1.3%)高の1万7213ドル31セントと、2015年12月31日以来ほぼ2カ月半ぶりの高水準で今年の最高値となった。原油
先物相場やアジア、欧州株式相場の上昇を受けて投資家心理が改善し、米市場でも買いが優勢となった。
 ニューヨーク原油先物相場が約3カ月ぶりの高値を付けた。収益や財務悪化への警戒感が薄れたエネルギーや資源関連
株を中心に買いが入った。
 アジアの株式相場が上昇したほか、前日に欧州中央銀行(ECB)による追加の金融緩和の発表を受けて大きく下げた
欧州株式相場が急反発した。11日の米市場ではECBの金融緩和による景気ピー激効果を見直す動きが広がり、金融株
などが買い戻されたという。
 多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3日続伸し、昨年12月31日以来の高値だった。
 ナスダック総合株価指数は反発し、同86.310ポイント(1.9%)高の4748.466と1月6日以来の高値で終えた。
 業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇した。「金融」や「エネルギー」、「ヘルスケア」の上げが目立った。
 証券会社による投資判断の引き上げが伝わった石油のシェブロンが上昇。前日夕に追加の人員削減を発表した日用品
のコルゲート・パルモリーブが小高い。製薬のファイザーや化学のデュポン、医療保険のユナイテッドヘルス・グループが買われた。
 一方、前日夕に発表した決算が減収減益だったスポーツ用品のズーミーズが急落。ダウ平均の構成銘柄では、日用品の
プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や小売りのウォルマート・ストアーズが下げた。

114.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 07:51:28.08 ID:9wx+xCK8.net

日銀は追加緩和で誤解を解け(大機小機)
2016/03/12 日本経済新聞 朝刊
 1月29日、日銀がマイナス金利の導入を決めた。だが、メディアなどではこの政策に対する誤解が多い。
 第1にマイナス金利政策はこれまでの量的質的金融緩和政策からの転換を意味する、という誤解だ。これまで日銀がやってき
たことは実質金利を下げることに尽きる。実質金利は名目金利から予想インフレ率を差し引いたものである。金融緩和は名目金
利のイールドカーブ(利回り曲線)を押し下げ、予想インフレ率を上昇させることで実質金利を下げてきた。マイナス金利は、この
名目金利の押し下げをさらに進めるものであり、日銀の政策は論理的に首尾一貫している。
 第2に、導入直後に円高と株安が進行したことからマイナス金利政策に疑問を呈する向きがある。しかし、この政策はイールド
カーブ全体を押し下げ、10年物の長期金利まで一時はマイナスになった。日銀は名目金利のさらなる引き下げには成功している。
 問題は、現状で予想インフレ率が下落していることだ。物価連動国債から計算される期待インフレ率は下がっている。3月8日
に発表された消費動向調査から試算すると、家計の予想する1年後の物価上昇率は2・2%で、量的質的金融緩和の発動
時と、ほぼ同じ水準まで下がっている。
 予想インフレ率の下落は日銀にとって重大な懸念である。下落の原因は同時に起きていた原油価格の下落やピーの成長鈍
化、銀行の経営状態への懸念などによる世界的な株安によるものかもしれない。
 一方で日銀が1月29日に発表した「経済・物価情勢の展望」では、2%の物価上昇率の達成時期は17年前半ごろに先送
りされた。マイナス金利が量的質的金融緩和からの転換を意味するという誤解もあり、日銀の物価安定目標へのコミットメントに
疑念を抱かせ予想インフレ率の下落に拍車をかけたのかもしれない。
 日銀のとるべき道は明らかだ。3月の決定会合では量的質的部分での追加緩和も行い、誤解を払拭すべきである。
 政府にもやることがある。消費増税後に予想インフレ率が下がっている。消費増税は経済成長率と物価の押し下げ圧力に
なっている。政府は増税凍結あるいは減税によって、日銀とともにデフレ脱却を確実にすべきだろう。(カトー)

115.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 08:01:20.60 ID:hU2FcbYy.net

◆★★[◆]☆☆■★★[★]【★】★【】[]【◆】[]【■】[★]◆★[][●]●●●【●】★【●】【★】[★][☆]

 ★★資産を一瞬で失うケース(売買バタバタしないでホールドのすすめ)

 優良株で50%位財産が目減り。
   ↓
  今ココ(我慢時ですよ)→長期で戻す。(下よりは確率大)
   ↓
 耐えられなくなり売る。
   ↓
 乗り換えた先でも高値掴み。
 高速自働アルゴ相手にバタバタやり売買し。
 気かついたら一ヶ月で財産の90%を失っている。

【■】[★]◆★[][●]●●●【●】★【●】【★】[★][☆]◆★★[◆]☆☆■★★[★]【★】★【】[]【◆】[]

116.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/12(土) 13:52:24.06 ID:PrlFvz9/.net

飛島建が26期ぶり復配 16年3月期、優先株を全額消却
2016/3/11 23:21
 飛島建設は11日、2016年3月期に2円の配当を実施すると発表した。復配は1990年3月期以来、26期ぶり。
金融機関に発行した優先株を同日付で全額消却し、業績も好調なためだ。飛島建はバブル時の不動産投資の
失敗で経営が悪化。02年と03年に計414億円の優先株を発行し、経営再建を進めた。
 みずほフィナンシャルグループなど大手金融機関から、普通株と引き換えに優先株を取得してきた。取引時間中
に復配を発表すると、飛島建株は一時、前日比28円高(16%)の188円を付けた。
 主力の土木工事、民間建築とも受注が拡大し、16年3月期の連結純利益は前期比8割増の44億円を見込む。
28期ぶりの高水準。自己資本比率も20%台に乗る見通しで、財務体質の改善にも一定のメドがついた。
 準大手クラスのゼネコンでは、長谷工コーポレーションや熊谷組、三井住友建設なども金融支援を受けた。いずれ
も優先株の消却を終え、復配を果たしている。残っていた飛島建の全額消却で、ゼネコンの経営再建がようやく完了する。

117.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/13(日) 06:09:30.73 ID:yIGuyvxT.net

三菱地所、1000億円規模の海外不動産ファンド、国内マネーの受け皿に。
2016/03/13 日本経済新聞 朝刊 1ページ 497文字 書誌情報
 三菱地所は海外の不動産に投資する1000億円規模のファンドを立ち上げる。生命保険会社や年金基金など国内
の機関投資家から資金を集め、米欧の主要都市のオフィスビルや商業施設に投資する。賃料収入を元に分配金を出し、
年5%程度の運用利回りを目指す。マイナス金利政策で運用難に陥った国内マネーの受け皿にしたい考えだ。
 今後3年をメドに安定した賃料収入が見込める優良不動産を4物件ほど組み込む計画。米ニューヨークや英ロンドン
など、先進国の大都市で物件を探す。1000億円を目標に資金を集め、投資家が希望すれば追加で資金を受け入れ
る。投資家からの運用手数料が三菱地所の収入になる。
 三菱地所はこれまで特定の投資家を対象に海外不動産ファンドを運営してきた。幅広い機関投資家から資金を集める
のは初めてで、金額もこれまでにない大規模となる。三井不動産や野村不動産ホールディングスも同様のファンド設立を
検討しているという。
 1月に日銀がマイナス金利政策を打ち出し、金融市場では十分な利回りを得られる投資先が少なくなっている。海外の
不動産投資で安定した収益を出すファンドをつくれば、投資マネーを集められると判断した。

118.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/13(日) 17:11:03.66 ID:H94ZiXdX.net

>>2
医療機器と医療費削減関連の6338タカトリが
上市予定の胸腹水濾過濃縮装置は上市後5年目で
CART市場の95%シェア獲得を目指す(↓の15ページ目の記載を参考)

ht://www.med-device.jp/pdf/development/vp/H25-017_25.pdf
Mobile-CART System による医療費削減効果は130 億円/年になると考えられる

四季報より
胸腹水濾過濃縮装置は16年秋厚生労働省認可17年度中ピーに向け準備

CART市場は将来性が高い
東京大学医学院附属医院 北山丈二教授採用CART
ht://www.medsci.cn/article/show_article.asp?id=82c53e3630b-5

タカトリの上市予定の胸腹水濾過濃縮装置が
CART市場世界トップシェアを獲得したら
株価はそーせいのように化けますか?

ピー、液晶で世界一に 3年で3兆円投資し増産
ht://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ23HT7_U5A021C1MM8000/
液晶製造装置関連のタカトリにとっては好材料!

【展開】モバイル型胸腹水ろ過濃縮装置は16年秋にも認可
ht://www.nikkei.com/markets/company/news/news.aspx?scode=6338&type=2&g=DGXLMS6338H1KS13112015000000

ザッカーバーグ氏医療や教育などの分野に長期投資を行う計画
ht://www.bloomberg.co.jp/bb/newsarchive/NYP90Y6KLVR401.html

【決算速報】タカトリ、10-12月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過
ht://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160205-00000532-stkms-stocks
タカトリが業績絶好調で黒字

「体位センサーを搭載したアクチグラフ睡眠計・自由行動下血圧計の開発」
について共同で特許出願
ht://www.takatori-g.co.jp/topics/cat239/201603/20160311111227.html

リアルタイムに血圧を測定=血圧の異常で即座に急病を感知?

119.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 05:11:10.68 ID:fGtcQ3K0.net

SBIホールディングス、ブロックチェーンコンソーシアム「R3」に参加へ
2016/03/14
 SBIホールディングスが米R3CEV主催のブロックチェーンコンソーシアムに参画したことが本誌取材により明らかになった。
2016年3月11日にR3社と契約を結んだ。インターネットをメーンチャネルとした金融機関の参加は初。今後、ブロック
チェーン技術の活用を積極的に進めるとしている。
 R3のコンソーシアムには英バークレイズ銀行や米シティグループなど世界的大手金融機関が42行参画している。
日本からは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、みずほフィナンシャル・グループ(みずほFG)、三井住友銀行の
3メガバンクに加え、野村ホールディングスが参加している。SBIホールディングスは国内で5社目。既にR3は2016年3月
3日にシティやMUFG、みずほFGなど世界主要銀40行とブロックチェーン上で債券取引の実験を成功裏に終えたと発表
している

120.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 06:17:57.72 ID:PNJO5awf.net

大手銀、外貨預金に誘導、マイナス金利で、三菱UFJ、米ドル建て金利上げ、為替手数料は下げ。
2016/03/14 日本経済新聞 朝刊 5ページ 878文字 書誌情報
 日銀がマイナス金利政策を導入決定後、大手銀行などが外貨預金の金利を相次いで引き上げている。1カ月物のドル定期預金
で年10%などを提示する例もある。運用先が乏しく、逆ざやになりかねない円預金を増やさないために、一部資金を外貨預金にシフ
トさせる狙いがある。預金者は金利水準だけでなく、為替変動リスクなどにも目を配った方がよさそうだ。
 三菱東京UFJ銀行は2月22日から外貨定期預金の金利を引き上げた。米ドル建てでは1カ月、3カ月、6カ月、1年の定期預金
金利を年0・2%と従来の0・01%から約7年ぶりに上げた。みずほ銀行や三井住友銀行も外貨預金金利を引き上げている。
 三菱東京UFJ銀では窓口限定で10万ドル(約1100万円)以上を預け入れた場合、1カ月物定期預金に年10%の金利を適用。
インターネット専業銀行ではジャパンネット銀行が31日まで2カ月物の米ドルなど外貨定期預金に年10%の金利を付けるキャンペー
ンを実施。楽天銀行も1週間物の米ドル預金金利を年8%にしている。
 キャンペーンなどの高金利は1カ月物など短期間が多い。同じ金利での継続は原則できないため、1カ月後などには金利が下がる。
 円資金を外貨に替える際の為替手数料を下げる動きもある。三井住友銀行は15日から3日間、インターネットなどの申し込みの
場合は米ドルで通常1ドルあたり50銭の手数料を5銭にする。ソニー銀行も月末まで米ドルの為替手数料を半額以下の7銭にしている。
 一部の個人は実際に外貨の投資に乗り出しているようだ。ソニー銀行の米ドル預金残高は昨年12月末時点で13・9億ドルだった
が、2月末時点で1割以上増えた。三井住友銀行では1営業日当たりの外貨預金申込件数、金額とも2月は1月の2倍になった。
 メガバンクなどが外貨預金の拡大を狙うのは、日銀のマイナス金利政策導入が一因。銀行は大量の円預金を受け入れ続けると、
余剰資金を抱える可能性がある。それを日銀に預けるとマイナス金利が適用されてしまうため、外貨預金への一部シフトを進めたい
考えだ。為替手数料で収入源を多様化させる狙いもある。

121.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 06:21:32.76 ID:PNJO5awf.net

株式―戻り試す展開か、他(今週の市場)
2016/03/14 日本経済新聞 朝刊 15ページ 1029文字 書誌情報
 今週(14~18日)の日経平均株価は戻りを試す展開か。欧州中央銀行(ECB)の追加金融緩和や原油価格の底入れを
受けて、投資家は運用リスクを取りやすくなっている。各国の経済指標で景気の底堅さが確認できれば、1万7000円台定着も
視野に入りそうだ。
 前週末の米シカゴ市場で日経平均先物(6月物)が節目の1万7000円台を回復した。原油高や欧米株高を受けて投資家
心理は改善しており、週明けの東京株式市場も買い優勢で始まる公算が大きい。
 日銀が14~15日に金融政策決定会合を開き、15~16日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されている。
市場では現時点で金融政策の大幅な変更を予想する声は少なく、相場への影響は限定的とみられる。
 経済指標では15日の米小売売上高が注目だ。「製造業の鈍化が消費に波及するリスクを払拭できるか」(野村証券の海津
政信氏)がカギで、内容次第では米経済の堅調を好感した株式市場への資金流入が続きそうだ。
 今週の米国株式相場は、上昇基調が続くか回復力が試される。ダウ工業株30種平均は11日まで4週連続で上昇。世界
経済に対する過度な警戒感は和らぎつつある。今週前半に開かれる日米の金融政策決定会合では、どちらも政策が現状維持
となる公算だが、会合後の総裁・議長会見での発言に市場関係者の関心が集まる。
 米国内の経済指標では、15日発表の2月の小売売上高、16日の2月の消費者物価指数(CPI)の結果が注目される。
(ニューヨーク=平野麻理子)
 今週の円相場は円高方向で推移しそうだ。14~15日にかけて日銀が金融政策決定会合を開く。前週に追加緩和を実施した
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が利下げの打ち止めを示唆しユーロが買われた。日銀の連続利下げも難しいとの見方が強ま
っている。実際に現状維持が決まれば、円も買われそうだ。
 15~16日にかけては米連邦準備理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。会合後のイエレンFRB議長の
会見や声明文などで、利上げを急がないとのメッセージがあれば、米金利の低下を通じてドル売り・円買いが進みそうだ。
 長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは再び低下に転じそうだ。22日に国債の大量償還を控え、余剰資金を
国債投資に回す動きが出やすい。過去最低のマイナス0.1%を長期金利の下限と見込む声が多い。14~15日の日銀金融
政策決定会合では金融政策の現状維持の見方が大勢になっている。

122.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 09:11:55.84 ID:dn9CfU72.net

主な成り行き注文(東証・前場)みずほFGが380万株の買い越し 
2016/03/14 09:04 日経速報ニュース 129文字
 14日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFGが380万株、三菱UFJ178万株、
パイオニア70万株などだった。
 一方、主な売越銘柄は日産自18万株、大京14万株、マネパG12万株などだった。

123.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 09:16:17.61 ID:EpPky4Mg.net

■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■ 

124.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 12:44:34.78 ID:dn9CfU72.net

主な成り行き注文(東証・後場)キューブシスが20万株の買い越し 
2016/03/14 12:31 日経速報ニュース 143文字
 14日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFGが60万株、三菱UFJ31万株、
キューブシス20万株、神戸鋼8万株などだった。
 一方、主な売越銘柄は東ガスが5万株、飛島建4万株、クックパッド3万株、三井物3万株などだった。

125.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 14:21:14.24 ID:o6QobO/1.net

円、日銀現状維持でも上値は113円程度か リスク投資が円高に歯止め
2016/03/14 13:20 日経速報ニュース 989文字
 東京外国為替市場では、日銀が15日まで開く金融政策決定会合で政策の現状維持を決めるとの見方が大多数を占めている。
そして予想通りに現状維持となっても「当面、円高圧力は限定的」との指摘が増えてきた。14日の日経平均株価の上げ幅が300円
を超えるなど、リスク資産への投資意欲が急速に回復しているからだ。目先の円相場は1ドル=113~114円台を中心として、落ち
着きどころを探る展開となりそうだ。
 あす15日は「現状維持」なら、発表直後に一部のヘッジファンドなど投機筋から瞬間的な円買い・ドル売りが膨らむ可能性はある。
「短期売買を主に手掛ける一部参加者は、日銀の追加緩和を見込んだ(宝くじ的な)円売り・ドル買いに動いている」(国内銀行の
為替ディーラー)ためだ。
 もっとも「2月中旬の高値(110円98銭)に並ぶような急激な円高が進むとは考えづらい」(第一生命経済研究所の藤代宏一主任
エコノミスト)。日銀が当座預金残高にマイナス0.1%の金利を適用した2月16日から約1カ月で、日経平均株価は1000円あまり上
昇した。投資家が運用リスクを取って資源国通貨や株式に投資する雰囲気が強まりつつある。きょうの時点では前週末に比べて小幅
な円安・ドル高にとどまっているが、少なくとも円高進行に一定の歯止めがかかり始めた可能性は高い。
 市場の一部では、今回日銀がマイナス金利付き量的・質的緩和政策の「技術的な調整」を検討するとの観測もあった。具体策と
してマネー・リザーブ・ファンド(MRF)のマイナス金利適用からの除外や、4月からの銀行保有株式売却の再延期などが挙がっている。
元本割れリスクの低い債券などで組成するMRFは、証券会社の待機資金の受け皿となっている。「適用除外となれば、証券会社
などが資金を運用しやすくなるとの見方から株高が進み、外為相場では円安要因になる」(大和証券の亀岡裕次チーフ為替アナリスト)
公算が大きい。
 QUICKが14日公表した外為月次調査で外為担当者44人に3月末時点での円相場予想を聞いたところ、単純平均は113円60銭
、中央値は114円ちょうどと、足元の相場とほぼ同水準だ。ピー経済の急減速や原油先物相場の急落といった外部環境への懸念が
遠のくなか、年初から続いてきた円高・ドル安はひとまず一巡したと考えてよさそうだ。
〔日経QUICKニュース(NQN) 高橋そら〕

126.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 15:37:00.11 ID:o6QobO/1.net

日本株1カ月半ぶり高値、原油など投資環境安定-東証全33業種上げる
2016/03/14 11:59 JST
httpp://www.bloomberg.co.jp/news/123-O401O46KLVR401.html

127.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 15:38:08.32 ID:o6QobO/1.net

日経平均は大幅続伸し1カ月半ぶり高値、商いは低調
httpp://jp.reuters.com/article/nikkei-jump-idJPKCN0WG0E9

128.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 15:40:40.57 ID:o6QobO/1.net

コラム:「荒れ相場」示唆する世界経済事情=山口曜一郎氏
httpp://jp.reuters.com/article/column-forexforum-yoichiro-yamaguchi-idJPKCN0WG08T

129.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 20:02:58.59 ID:014lzgcS.net

超高速取引、米で制限機運、株価乱高下の一因と指摘、SEC、取引所公設化を審査。
2016/03/14 日本経済新聞 夕刊
 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米国の株式市場を席巻する「超高速取引」に網をかけようという機運が高まってきた。
超高速取引は独自のシステムで一般投資家より一瞬早く得た情報で利ざやを稼いでおり「公平性を欠く」とのピーが
絶えない。超高速取引を技術的に制限する新興の証券取引所が台頭し、ウォール街の議論は白熱している。
 米国では超高速取引による売買が増え、全体の約半分を占める。この流れに「待った」をかけるのではないかと業界
が注目する審査が米証券取引委員会(SEC)で進む。運営開始から2年半足らずの私設取引所IEXをニューヨーク
証券取引所(NYSE)などと並ぶ「公設」の取引所として認めるかどうかの判断が3月21日までに下る。
 IEXは受注から売買までの時間を意図的に350マイクロ(マイクロは100万分の1)秒遅らせる。超高速取引業者が
情報を先取りできず、公平性が高いとして、一般投資家やゴールドマン・サックスなど金融大手から支持され、今や取引
量全体の2%弱を扱う。公設取引所に認められれば投資家を開拓しやすくなる。
 米国では11の公設に加え、金融機関などが独自に運営する40以上の私設取引所での売買も活発だ。複数の取引
所で最良の売買条件を探すため、注文が出てから取引確定までにわずかな時間差が生じる。高速取引業者はこれを
利用し、高速通信網を敷いたり取引所内にサーバーを置いたりして、いち早く情報を得て取引を済ませる。こうした取引
手法は合法だが、瞬時に膨大な注文を出し、相場を乱高下させる一因だとの指摘がある。年金基金の運用成績を悪化
させるなどとやり玉に挙がっている。
 IEXのブラッド・カツヤマ最高経営責任者(CEO)は「技術の不正な活用を放置できず起業した」と話す。高速取引
業者はIEX以外の取引所で利用するのは可能だが、IEXでの取引が増えると利ざやを抜く機会が減る。高速取引業者
は「IEXが注文の速度や受理の仕方を恣意的に運用しているのは問題」との意見書をSECに出すなど反対運動を展開
している。

130.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/14(月) 22:39:32.35 ID:4JcbWrOQ.net

株、週後半に1万7800円台目指す・三野氏 FRB議長発言に注目
2016/03/14 17:14 日経速報ニュース 426文字
 三野博且・みずほ証券シニアストラテジスト 日経平均株価は今週後半にかけて2月1日に付けたマイナス金利導入後の
高値(1万7865円)を目指すとみている。米連邦準備理事会(FRB)は日本時間17日未明に米連邦公開市場委員会
(FOMC)の結果を公表する。今回は利上げを見送る可能性は高いが、年内に追加利上げをする方針を維持する公算は
大きい。
 一時期は世界景気の不透明感から、年内の追加利上げは見送られるという見方が浮上していた。イエレンFRB議長が
金融政策の正常化に向けた前向きな発言をすれば、市場では好感する動きが出やすいとみている。日本株の相場は欧米
に比べ、通貨価値の下落を反映しやすい。発言をきっかけに円安が進めば株価の押し上げ要因になる。
 あすの日銀の金融政策決定会合では現状維持が決まるとみられる。一時的に思惑的な売り買いが交錯する場面はあった
としても、1万7200~1万7300円台で小動きになると予測する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

131.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 02:38:38.39 ID:lg4G5irF.net

さまよう地銀マネー リスク投資、相場かく乱 スクランブル
2016/03/15 02:00 日経速報ニュース 1219文字
 日銀のマイナス金利政策により債券投資で窮地に立たされる地銀が、株式投資に活路を見いだそうとしている。上場投資信託
(ETF)などに加え、配当を狙って短期で個別株に投資する手法だ。例年以上に3月末の需給動向を気にする必要がある。
 日経平均株価が1カ月半ぶり高値で終えた14日。日銀の金融政策決定会合の結果発表を15日に控えて午後は様子見姿勢
が広がった。「現状維持」との見方が多い中、警戒モードを解けないでいるのが地銀だ。マイナス金利政策で事業計画が一変した
ためだ。
 SMBC日興証券は今月、大手地銀の2017年3月期の業績予想を軒並み引き下げた。マイナス金利政策で貸出金利が下がる
のが主因だ。純利益は2割前後の減益を見込んでおり、「金利が一段と低下すれば、さらなる下方修正の必要もある」(佐藤雅彦氏)
 融資の採算改善が見込みにくい状況では運用部門への期待も高まるが、現実は厳しい。国債を減らして外債やファンド投資を
増やす動きは、13年4月の量的・質的緩和以降に加速した。そして国債利回りがマイナスとなった今、地銀が直面する現実はさらに
過酷になっている。「これまでの延長ではやっていけない」との声が高まる。
 野村証券は先週、地銀を対象にした来期の運用計画に関するアンケート調査の締め切りを延期した。「3月末のぎりぎりまで計画
を練り直したい」との地銀が続出したためだ。
 さまよう地銀マネーはどこに向かうのか。浮上するのが株式投資だ。野村でETF業務を統括する塩田誠氏は「高い配当利回りが
見込めるETFへの関心が一段と高い」と話す。
 もともと「株式になじみの薄い地銀などにとって、『高配当』の切り口は分かりやすい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の古川
真氏)。だが、今年はETFなど指数連動型の運用にとどまりそうもない。ピー地方の地銀幹部は「高配当の個別株投資を強化する」
と打ち明ける。
 銀行は自己資本比率の規制上、リスクが高い株式残高をどんどん積み増すのは難しい。そこで念頭に置いているのが短期売買。
期末の配当取りの権利を確保したら、権利落ち後はさっさと売却する。配当は受け取るが期末のバランスシートで株式残高を計上
する必要がない、いいとこ取りの手法といえる。九州地方の地銀幹部は「短期間持てば4~5%の配当利回りを得られる銘柄が
ゴロゴロしている。債券市場では考えられない水準だ」という。
 みずほ証券で地銀などの営業を担当する三浦哲也氏は「地銀は投資先を広げてバランスファンド化する必要がある」と話す。短期
の配当取りがその解なのかどうかは疑問も残るが、地銀がそこまで追い込まれているのは事実だろう。
 15年度末の配当権利付きの最終売買日は3月28日。数百億円規模の地銀マネーが配当取りに向かい、翌日には一斉に引き
揚げるとしたら需給面への影響は小さくない。「短期投資家の地銀」という新たなプレーヤーの出現で、期末相場は波乱含みだ。
(田口良成)

132.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 07:14:31.73 ID:jBInMmqz.net

NY株ハイライト 強気相場に懐疑心、モルガンは目標水準を引き下げ
2016/03/15 07:01 日経速報ニュース 1134文字
【NQNニューヨーク=岩切清司】14日の米ダウ工業株30種平均は小幅ながら続伸し約2カ月半ぶりの高値を付けた。前週からの
戻り相場の地合いを引き継いだ格好だが、市場では本格的な強気相場入りに対し懐疑的な見方も根強い。米株式市場は相場
見通しの分水嶺にさしかかっている。

 モルガン・スタンレーが13日付で発表した今後1年の世界市場の見通しでは、多くの機関投資家が参考指標とするS&P500種
株価指数の想定水準を2050とした。3カ月前の2175から下方修正された結果、14日終値(2019.64)からの上昇余地は2%に満
たない。
 世界株式の中では米株式を選好するとしつつも、投資家の期待値の低下を織り込んだことがある。S&P500指数を1つの株価と
した場合の予想PER(株価収益率)を16.5倍から16倍へ引き下げたことになる。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め
局面が影響するという。
 最近の投資家心理の改善に寄与しているのが新興国株の反発だが、モルガンは先行きに悲観的だ。世界景気の減速懸念や政
治リスクを背景に新興国企業の減益を見込む。MSCIの新興国株指数の想定水準を850から一転して735へ大きく引き下げた。
同指数は前週末に約2カ月半ぶりとなる800の大台を回復したばかりだった。同社のシナリオを見る限り、世界市場でリスク資産の価
格上昇をけん引する主役が見当たらない。

 米国株に話を戻すと、チャート分析でも強気相場との確信を持てない投資家が多いようだ。前週末の上昇でS&P500指数は約
2カ月半ぶりに200日移動平均を上回った。1つの節目を抜けた印象が漂うが、昨夏のピーショック以降、同移動平均を上回っても
上値を切り上げることができなかった。むしろ「戻りの天井」として意識され、テクニカルアナリストからも「買いのシグナルとしては懐疑的に
ならざるを得ない」(BTIGのケイティ・ストックトン氏)との指摘があった。

 一方で「このラリーは本格的な上昇相場」と受け止めているのがFBN証券のジェレミー・クライン氏だ。原油相場の安定に欧州中央
銀行(ECB)の追加緩和。加えて金融市場が脆弱なため、FRBも拙速な利上げを回避すると期待する。「米景気に対する投資家
の悲観的な見方が反映されている足元の米株式は割安だ」という。

 15~16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。今回は利上げ見送りとの見方が大勢を占めるが、「市場動向や
経済指標を見る限り、次回の利上げは6月」(ジェフリーズのショーン・ダービー氏)との見方が多い。FRBの政策正常化へ市場の
心の準備も再び整いつつある半面、強弱の材料に焦点が定まっていない。方向感が明確になるまで時間がかかりそうだ。

133.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 07:16:57.13 ID:jBInMmqz.net

材料を読む FOMC、利上げ見送りか 問われるリスク管理能力
2016/03/15 07:03 日経速報ニュース 1232文字
【NQNニューヨーク=神能淳志】米連邦準備理事会(FRB)は15~16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。昨年12月
に続く利上げの有無が焦点となるものの、市場参加者の大半は政策金利が据え置かれると予想している。次の利上げを占ううえで
は、FOMCメンバーが示す見通しやイエレンFRB議長が記者会見でどの程度まで慎重な姿勢を示すかがカギとなりそうだ。

 利上げを見送った1月のFOMC声明では、年初からの金融・資本市場の混乱を巡って「労働市場や物価・経済見通しに及ぼす
影響と、見通しに対するリスクがバランスしているか精査する」と明記した。その後公表された議事要旨でも、多くのメンバーが見通し
に対する下振れリスクの拡大を指摘していたことが明らかになり、市場が織り込む3月利上げの可能性はゼロ近辺でとどまっている。

 米ダウ工業株30種平均は11日に今年の最高値を更新するなど、ひところの混乱から市場は落ち着きを取り戻している。ノムラ・
セキュリティーズ・インターナショナルが企業の信用状況や株式相場といった様々な指標から試算する米金融環境指数は10日時点
でマイナス0.9%と、約1カ月前(マイナス1.6%)から悪化の度合いは和らいだ。
 それでも「特に信用状況は昨年12月と比べても厳しいままだ。過去9カ月にわたる市場変動の高まりは将来的な経済成長の足
かせとなる」(ノムラ)という。利上げに関しては、FRB内部でも「リスク管理の観点から先行きがはっきりするまで忍耐強くあるべきだ」
(ブレイナード理事)との声は根強い。ピーの人民元切り下げに伴い市場が荒れて利上げ開始を見送った昨年9~10月時点と似た
状況となるなか、FRBはリスク管理の一環として様子見を続けるとの予想が多い。

 次の利上げ時期を探るうえで、市場がまず注目するのはFOMCメンバーが示す経済・金利見通しだ。ゴールドマン・サックスは3月
の会合では米経済成長見通しが小幅に引き下げられ、物価見通しは上方修正されると予想。政策金利の見通しについては「2016
年~18年にかけてメンバーの中央値は0.25%下げられるだろう」(ゴールドマン)として、16年中にFRBが想定する利上げ回数は昨年
12月の年4回から年3回に減るとみる。
 年3回としても市場が現時点で織り込む年1回程度の利上げを大きく上回る回数だ。年内の追加利上げがないと予想するBNP
パリバは「経済データ次第で6月に利上げを想定する姿勢が示される」と指摘。市場の利上げ観測を維持するためにFRBは中期的
な政策の方向性が変わらないことを強調するとみる。
 市場の多くが早期の利上げは難しくなっていると受け止めるなか、年内の政策金利据え置きが市場の共通認識となっては実際の
利上げが難しくなる。半面、利上げに前のめりの姿勢を示すと金融環境が再び引き締まるジレンマにとらわれている。ほど良い利上げ
観測を維持するため、FRBのリスク管理能力が問われることになりそうだ。

134.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 09:52:00.60 ID:MKFFQS8a.net

主な成り行き注文(東証・前場)みずほFGが58万株の売り越し 
2016/03/15 09:03 日経速報ニュース 144文字
 15日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄はみずほFGが58万株、三菱UFJ53万株、
シャープ43万株、富山第一32万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は神戸鋼が168万株、東芝29万株、OKI18万株、東ガス17万株などだった。

135.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 10:19:27.80 ID:PMUpDMH7.net

逝ったぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■ 
■■■ 全部売れ! ■■■ 

136.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 12:34:26.75 ID:efOx9CnR.net

主な成り行き注文(東証・後場)東芝が15万株の売り越し 
2016/03/15 12:31 日経速報ニュース 130文字
 15日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄は東芝が15万株、三井住友トラ13万株、
三菱UFJ13万株などだった。
 一方、主な買越銘柄はみずほFGが42万株、キューブシス19万株、神戸鋼9万株などだった。

137.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 13:04:50.37 ID:efOx9CnR.net

日銀、金融政策の現状維持を決定
2016/03/15 12:46 日経速報ニュース 747文字
 日銀は14~15日に開いた金融政策決定会合で、金融政策の現状維持について資金供給量は賛成8反対1、マイナス金利に
ついては賛成7反対2の賛成多数で決めた。マネタリーベース(資金供給量)を年80兆円に相当するペースで増やし、日銀の当座
預金の一部にマイナス0.10%の金利を付与するマイナス金利付き量的・質的金融緩和を続ける。反対したのは資金供給量につい
ては木内登英審議委員、金利については、木内委員、佐藤健裕審議委員の2人。なお、マネー・リザーブ・ファンド(MRF)をマイナ
ス金利の適用対象外とした。
 木内委員は資金供給量と国債買い入れの増加ペースを年45兆円にするよう提案したが反対多数で否決された。
 国内景気は「新興国経済の減速の影響などから輸出・生産面に鈍さがみられるものの、基調としては緩やかな回復を続けている」
と、1月の展望リポートで示した見通しを下方修正した。先行きは「基調として緩やかに拡大していく」で維持した。消費者物価(生鮮
食品を除く)の前年比は「0%程度となっている」とし、先行きについては「当面0%程度で推移する」との見方を維持した。予想物価
上昇率については「長い目で見れば全体として上昇している」としている一方で「このところ弱含んでいる」とした。
 金融政策運営では、2%の物価安定目標を「安定的に持続するために必要な時点まで」マイナス金利付き量的・質的金融緩和
を続けると改めて強調した。さらに「経済・物価のリスク要因を点検し、必要な場合には『量』・『質』・『金利』の3つの次元で追加的
な金融緩和措置を講じる」と1月の前回会合の表現を繰り返した。
 15時30分から黒田東彦総裁が記者会見し、会合の決定内容や金融市場の動向について説明する。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

138.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 15:22:06.04 ID:TeBLg5Qh.net

東証大引け、4日ぶり反落 利益確定売り、日銀緩和見送りも重荷
2016/03/15 15:15 日経速報ニュース 874文字
 15日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落した。終値は前日比116円68銭(0.68%)安の1万7117円07銭だった。
前日までの3営業日で日経平均が600円弱値上がりするなど、相場上昇が続いた反動もあり、大型の主力株を中心に利益確定を目的
とした売りが出た。日銀が金融政策の現状維持を決め、追加緩和に期待した一部の投資家から売りが出たことも相場を押し下げた。保険
株の下げが目立ち、鉱業や鉄鋼など資源関連株も安かった。
 JPX日経インデックス400は4営業日ぶりに反落し、終値は前日比81.53ポイント低い1万2399.15だった。東証株価指数(TOPIX)は7
.87ポイント低い1372.08だった。

 日経平均は一時、下げ幅を200円近くに広げた。日銀の結果発表をきっかけに円相場が強含み、連動して株価指数先物に売りが出た。
連れて現物株にも売り圧力が強まった。市場では政策の現状維持を見込む声が多かったが、一部で追加緩和に期待した資金が不動産
株などに先回りして入っていたとの指摘があった。日銀の発表前には追加緩和の思惑が広がり、上げに転じる場面もあった。
 もっとも、取引終了後の日銀の黒田東彦総裁の記者会見や週内に予定している米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え
て様子見ムードは強く、下値を一段と売り込む動きも限られた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆1123億円、売買高は20億9325万株。東証1部の値下がり銘柄数は947、値上がり銘柄数は843
、変わらずは152だった。
 トヨタや三菱電、新日鉄住金など主力の大型株は軒並み下落。関電工やアルプス、日ハムの下げも目立った。一方、地銀の一角や電
力、セブン&アイなど小売り株は上昇した。
 きょう上場した富山第一銀は公開価格を6%上回る初値を付けた。UMCエレは同17%下回る初値だった。いずれもきょうの終値は初値
を下回る水準だった。
 東証2部株価指数は4日続伸した。アートSHDやケイアイ不が上昇し、朝日インテクや鳥貴族が下落した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

139.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 17:56:39.53 ID:IQJVNS4W.net

日経平均先物、夜間取引で100円超安 円112円台に上昇で
2016/03/15 17:36 日経速報ニュース 124文字
 15日夕の大阪取引所の夜間取引で、日経平均先物6月物が下落している。
一時、日中取引の終値比140円安の1万6820円に下げた。外国為替市場で円相場が1ドル=112円台に上昇し、
輸出企業の採算悪化が意識された。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

140.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/15(火) 23:22:58.65 ID:YkZC8dmU.net

米国株、反落で始まる ダウ一時100ドル超安、低調な小売売上高を嫌気
2016/03/15 22:44 日経速報ニュース 972文字
【NQNニューヨーク=神能淳志】15日の米株式相場は反落して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は
前日比92ドル89セント安の1万7136ドル24セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同22.093ポイント
安の4728.187で推移している。原油安に加えて世界的に株式相場が下落し、米株式には売りが先行。この日発表の米
小売売上高が低調だったのを嫌気した売りも出て、ダウ平均の下げ幅は一時100ドルを超えた。
 ニューヨーク原油先物相場は一時1バレル36ドル台前半に下落した。国際商品市況の改善が一服するとの見方から、
米株式市場では業績への影響が大きいエネルギーや素材など資源関連株に売りが広がった。アジアや欧州株が総じて
下げたことも市場心理を冷やし、米株式株式相場の重荷となった。
 取引開始前に発表された2月の米小売売上高は前月比0.1%減と市場予想に沿った結果だったが、1月分は0.4%減
と速報段階(0.2%増)から大幅に下方修正された。市場では「米経済成長の鈍化が想定よりも早く訪れることを示唆して
いる」(BNPパリバ)との声もあり、米景気の先行き不透明感が意識された。
 もっとも、ニューヨーク連銀が公表した3月の製造業景況指数は市場予想を上回って改善し、昨年7月以来8カ月ぶりに
プラス圏に浮上した。景気の足かせとなっていた米製造業の景況感に改善の兆しがみられたことで過度の悲観にはつながら
ず、相場の下値を探る動きも限られた。
 個別ではカナダの製薬大手バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルが急落した。取引開始前に2015年10
~12月期決算とあわせて公表した16年1~3月期の業績見通しを大幅に下方修正したことが嫌気された。約2500人の
人員削減計画などを公表した化粧品大手のエイボン・プロダクツも下げたほか、建機のキャタピラーや石油のシェブロンなど
も安い。
 一方で、製薬のセラトー・ファーマシューティカルズが急騰した。急性骨髄性白血病の患者に向けた治療薬の試験で良好
な結果が出たと発表したことが買い材料視された。米証券会社が主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の需要が
上振れる可能性を指摘したと伝わったアップルが上昇したほか、ホームセンターのホーム・デポも高い。

141.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 03:01:07.34 ID:2GTrvmdh.net

海外勢半身の日本回帰 内需株選好、持続性どこまで(スクランブル)
2016/03/16 02:00 日経速報ニュース 1235文字
 年初から日本株の売りが目立つ海外勢の動きに変化の兆しがでてきた。世界景気への過度な懸念が後退するとともに日本の
企業業績の底堅さを改めて評価し、日本株へのマネー回帰も目立ち始めた。だが物色の中身をみる限り、全面的に運用リスク
をとりにいく流れとはなっておらず「半身」のリスクオンが実情だ。
 「日銀の追加緩和見送りでも、海外勢は小売りや医薬品株に買いを入れてきた」。15日、クレディ・スイス証券のバジル・ダン氏
は打ち明けた。日経平均株価は4日ぶりに反落したが、下落率は1%未満。むしろ相場の底堅さを印象づけた。背景にあるのは
売買シェアで約7割を握る海外投資家の姿勢の変化だ。
 「ここに来て、日本株への問い合わせが着実に増えている」。アバディーン投信投資顧問の窪田慶太氏も指摘する。日本株へ
の興味が戻ってきたと判断。窪田氏は4月に欧州に飛び、年金基金などを訪問予定だ。
 実際、世界の投資マネーは日本株に向かい始めている。三井住友アセットマネジメントが米調査会社EPFRグローバルのデー
タを集計したところ、日本株ファンドには3月9日までの1週間で約10億ドルの資金が流入。年初からの累積流入額は87億ドル
に上り、流出超過の米国株や欧州株とは対照的だ。三井住友アセットの石山仁氏は「日本株は相対的に支持されている」と話す。
 東証によると海外投資家は年初から2月まで3兆円売り越した。だが3月第1週(2月29日~3月4日)の売越額は954億円
に減り、売り圧力は弱まった。
 背景にあるのは投資家心理の好転だ。年明け以降の株安を招いた原油相場に底入れ感が浮上。ピーや米国景気の先行き
に対する過度な不安も和らぎ、萎縮していた投資マインドは徐々に回復傾向だ。こうした中、年明け以降の下落率(日経平均)
が15日で10%超に達し、先進国の中でも下げがきつい日本株の見直し機運につながったわけだ。
 世界でみた業績の安定感も大きい。主要企業を対象としたメリルリンチ日本証券の推計によると、16年暦年の日本企業の1株
利益の予想伸び率は9.1%。米国の2.9%やの4.5%を大きく上回り、先進国では最も成長が期待できる国の一つ。円高で
収益が目減りする可能性はあるが、買い安心感はある。
 だが物色の中身をみるかぎり、楽観一色ともいえない。関係者に中長期の海外マネーの物色動向を聞いたところ「もっぱら業績
の安定している建設株や医薬品株」(外資系証券)。年初からの軟調相場で割安感の出ている自動車や電機などは敬遠されて
いる。割高・割安を示すPBR(株価純資産倍率)が2~3倍に達した内需株をひたすら拾う姿が目立つという。
 「世界景気に業績が左右されやすい外需株を買うほど投資家心理は回復していない」(BNPパリバ証券の岡沢恭弥氏)わけだ。
 年初からの波乱相場を招いた海外勢の売り圧力が弱まれば下値不安はだいぶ後退する。だが物色が内需関連株にとどまる限り、
持続的な相場上昇は期待しにくい。(荻野卓也)

142.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 06:05:47.81 ID:JSxPXVFc.net

金融、資金調達ラッシュ、低金利下、資本規制見据え、みずほ、新社債1100億円超、保険各社は劣後債。
2016/03/16 日本経済新聞 朝刊 5ページ 1235文字 書誌情報
 大手金融機関が相次いで大規模な資金調達に乗り出す。みずほフィナンシャルグループ(FG)は4月にも新金融規制に対応した
新型の社債を10億ドル(約1130億円)以上発行する。損害保険ジャパン日本興亜や日本生命保険も1000億~2000億円
規模の劣後債発行を検討する。世界的な低金利という調達環境を生かし、規制の強化やM&A(合併・買収)を見据えて財務余
力を高める狙いがある。
 日米欧などの金融当局でつくる金融安定理事会(FSB)は、破綻時に金融システムへの影響が大きい巨大銀行に資本や社債の
積み増しを求めるTLACと呼ばれる新規制の基準をつくった。2019年から段階的に適用する。具体的には銀行のリスク資産に対す
る社債や資本などの割合を2019年に16%、22年に18%以上に引き上げるように求めている。
 みずほFGが発行するのは「TLAC債」と呼ぶ社債。新規制に対応しており、持ち株会社が発行する社債の保有者が破綻時に生じ
る損失を負担する仕組みだ。既に三菱UFJフィナンシャル・グループは50億ドル、三井住友フィナンシャルグループも40億ドルを調達。
みずほFGも投資家の需要次第で発行額を20億ドル規模に上積みする方針だ。
 保険会社も資金調達を積極化する。損保ジャパン日本興亜は16年度中に2000億円規模の劣後債発行を目指す。16年度
からの中期経営計画で海外事業の成長を掲げ、大型のM&Aに備えて資本を増強し、買収時の格付け引き下げを防ぐ。
 日本生命も1000億~2000億円の劣後債発行を検討中だ。15年度からの3年間で自己資本を1兆円増やす目標を掲げてお
り、財務基盤を厚くして契約者への安定配当につなげる。
 金融機関の資本増強が相次いでいるのは、リーマン・ショック時の反省を踏まえた金融当局の規制強化が続いているためだ。TLAC
などの新規制が導入され、3メガ銀は追加の資金調達を余儀なくされている。
 3メガ銀はTLAC債だけで19年までに4兆~5兆円程度、22年までに7兆円程度の発行が必要との試算がある。保険会社にも
資本強化を求める動きが強まっており、金融庁は20年をメドに大手生損保に国際的な資本規制を適用する方針だ。
 日銀のマイナス金利政策など世界的に金融緩和状態が続くなかで、金融機関が資金を調達しやすくなっている。
 三菱UFJや三井住友FGが発行したTLAC債は10年物の利回りが米国債の2倍近い高さで、発行額の2~3倍以上の注文が
集まった。「今後はピーの銀行なども規制対応の資本増強に動きそうなので有利な条件のうちに調達したい」(あるメガ銀幹部)と
いった思惑も背景にある。
 ▼TLAC債 TLACと呼ばれる巨大銀行への新たな規制に対応するため、銀行の持ち株会社が発行する社債。TLACはTotal 
Loss-Absorbing Capacityの略で「総損失吸収力」と訳される。日本では3メガバンクが新規制の対象で各行がTLAC債の
発行を計画している。

143.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 06:08:28.33 ID:JSxPXVFc.net

三菱UFJ銀、イスラム式融資を現地で、まずサウジ鉱物公社。
2016/03/16 日本経済新聞 朝刊 5ページ 309文字 書誌情報
 三菱東京UFJ銀行は邦銀で初めて海外支店からイスラム金融の手法で融資する。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ
支店からサウジアラビアの鉱物公社マーデンの子会社に2億ドル(約220億円)を貸し出す。中東の取引先に近い拠点で
需要を取り込む。
 イスラム金融はイスラム教の教義に基づく特殊な取引。利子の受け渡しが禁じられているため、銀行は鉄やアルミを売買し
て価格の差額という形で利子分を受け取る。三菱東京UFJ銀行は今後3年間で中東向け融資の15%程度をイスラム
金融で実施する計画だ。
 英アーンスト・アンド・ヤングによると、主要国のイスラム金融市場は2020年まで年14%拡大し、1・8兆ドル(約200
兆円)に達する見通しだ。

144.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 06:12:08.85 ID:JSxPXVFc.net

株、買い戻しに一巡感、新興国関連・金融株など、景気・金融政策に不透明感。
2016/03/16 日本経済新聞 朝刊 19ページ 1003文字 書誌情報
 2月中旬以降、株式相場の戻りをけん引していた空売りの買い戻しに一巡感がでてきた。新興国景気の影響を受けやすい
銘柄や日銀のマイナス金利導入後に売られた金融株が上げていたが、足元で勢いが鈍っている。世界景気や金融政策の先
行きに不透明感が強いためだ。新規の買いが一段の買い戻しを促す本格的な上昇相場には至っていないとの見方が多い。
 15日の東京株式市場では資源株や金融株の上値の重さが目立った。日銀が同日まで開いた金融政策決定会合で当座
預金金利のマイナス幅を拡大せず、三菱UFJフィナンシャル・グループは前日比で1%上昇する場面もあったが、結局1%安。
「前日までの物色動向がころっと変わった」(レオス・キャピタルワークスの岡田雄大氏)とされ、三菱商事やJFEホールディングス
は4日ぶりの反落となった。
 前日まではヘッジファンドなど短期筋が空売りしてきた銘柄が上昇する「リターン・リバーサル」の動きが鮮明だった。
 日経平均株価が今年の安値を付けた2月12日から3月14日までの東証株価指数(TOPIX)100採用銘柄の騰落率上位
をみると三菱商が33%高、三菱UFJが約3割高と上げが目立った。半面、値持ちの良かった東京ガスやNTTドコモなど内需株
は総じて上昇力が鈍い。
 買い戻しの動きが鈍ったことは東証の売買代金に占める空売りの割合を示す空売り比率にも表れている。ファンド勢が売りを
減らし、空売り比率は11日に33・2%と約3カ月ぶりの水準に下がっていたが、15日は再び38・8%に上昇した。「日銀の決定
会合というイベントを機に短期筋の買い戻しが一服した」(岡田氏)との見方がある。
 買い戻しが持続しない背景には先行き不透明感がある。市場混乱の原因となった米中景気や原油安への不安は払拭しきれず
、円高による企業業績の下押し懸念も根強い。長期投資家はまだ積極的な買いに動いていない。
 短期筋も米経済指標の改善などを手掛かりにいったん空売りの持ち高を減らした側面が強い。「売られすぎた分の買い戻しの
域を出ていない」(パインブリッジ・インベストメンツの前野達志氏)とされ、短期筋にも新たに買い持ち高を増やす動きは乏しい。
 もっとも、当面の相場は強含みで推移するとの見方もある。「3月末の配当権利落ち日まで配当狙いの買いも入りやすい」
(三菱UFJ国際投信の小西一陽氏)ためだ。年度末に向けた年金基金などの買い観測もある。

145.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 06:13:42.73 ID:JSxPXVFc.net

日本株ADR15日、ほぼ全面安 オリックスや京セラが安い
2016/03/16 05:28 日経速報ニュース 108文字
【NQNニューヨーク=岩切清司】15日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)はほぼ全面安の展開となった。
日経平均株価の下落や円高を嫌気した。オリックスや京セラ、野村、トヨタ、三菱UFJが売られた。NTTは上げた。

146.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 08:25:32.46 ID:yrfEqgo0.net

株、弱含む展開か・藤代氏 円高基調や米個人消費の弱さが重荷
2016/03/16 08:16 日経速報ニュース 385文字
 藤代宏一・第一生命経済研究所主任エコノミスト きょうの日経平均株価は弱含む展開となりそうだ。外国為替市場で円高
・ドル安基調が続き、輸出関連企業の採算悪化などが意識されやすい。前日に発表された米小売売上高は米国の個人消費
の弱さを映す内容で、今後1カ月程度は金融市場でリスク資産の選好の流れが生じにくい可能性があることも相場の重荷だ。
 国内企業の月給を一律に上げるベースアップが昨年実績を下回る見通しとなっている。物価指標の下振れ懸念は日銀の
緩和強化を想起させるが、マイナス金利政策の波及効果が見えにくい現状を踏まえると、一段の金融緩和は期待しにくい。
 日本時間あす未明には、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表が予定される。積極的な売買を手控える動きも
強まりそうだ。日経平均は1万6900円~1万7300円で推移するとみている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

147.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 09:03:41.77 ID:yrfEqgo0.net

主な成り行き注文(東証・前場)東芝が72万株の売り越し 
2016/03/16 08:59 日経速報ニュース 140文字
 16日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄はシャープが198万株、東芝72万株、
野村39万株、神戸鋼34万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は極東貿易が22万株、アイフル12万株、ヤマダ電、広ガスそれぞれ9万株などだった。

148.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/16(水) 13:18:52.72 ID:JE/plrgR.net

>>1
6338 タ カ ト リは 医療費削減関連銘柄の本命

タカトリが上市予定の胸腹水濾過濃縮装置は上市後5年目で
CART市場の95%シェア獲得を目指す(↓の15ページ目の記載を参考)

ht://www.med-device.jp/pdf/development/vp/H25-017_25.pdf
Mobile-CART System による医療費削減効果は130 億円/年になると考えられる

四季報より
胸腹水濾過濃縮装置は16年秋厚生労働省認可17年度中ピーに向け準備。

CART市場は将来性が高い
東京大学医学院附属医院 北山丈二教授採用CART
ht://www.medsci.cn/article/show_article.asp?id=82c53e3630b-5

【決算速報】タ カ ト リ、10-12月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過
ht://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160205-00000532-stkms-stocks

「体位センサーを搭載したアクチグラフ睡眠計・自由行動下血圧計の開発」
について共同で特許出願
ht://www.takatori-g.co.jp/topics/cat239/201603/20160311111227.html

医療費40兆円へ=14年度、歯止めかからず―厚労省
ht://news.yahoo.co.jp/pickup/6173122

国民医療費、初の40兆円超え=13年度、最高を更新―厚労省
ht://news.yahoo.co.jp/pickup/6176729

医療費、初の40兆円超え 13年度、7年連続で増加
ht://www.asahi.com/articles/ASHB65Q6SHB6UTFL00D.html

ついに40兆円突破、医療費の膨張止まらず
最大の「岩盤」打破にピーピーの覚悟が問われる
ht://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/238117/091000006/?rt=nocnt

『六参参八』医療費削減関連総合その1『ⅥⅢⅢⅧ』
ht://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1458079325/

149.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/17(木) 09:49:17.92 ID:8DbNpIHr.net

主な成り行き注文(東証・後場)シャープが24万株の売り越し 
2016/03/16 12:32 日経速報ニュース 133文字
 16日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄はシャープが24万株、日立6万株
、大ガス4万株、井筒屋4万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は板硝子が32万株、大成建10万株、商船三井7万株、東芝5万株などだった。

150.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/17(木) 09:50:58.24 ID:8DbNpIHr.net

還元効果消す業績懸念 内外景気、来期も不透明 スクランブル
2016/03/17 02:00 日経速報ニュース 1244文字
 米金融政策を見極めようと買い控えが広がり、16日の日経平均株価は続落した。年度末は国内機関投資家
の売買が滞りがちだが、昨年と異なるのが個人などの配当狙いの買いの薄さ。日銀のマイナス金利政策が後
押しする自社株買いも、株価押し上げ効果の持続力に欠ける。国内外の景気がなお不透明で、企業業績への
懸念がつきまとうためだ。
 東証1部の7割近くが値下がりする中、キユーピーは買いが途切れず、2%高で引けた。前日発表した約51億
円を上限とした自社株買いが材料だ。ユー・エス・エスも前日に上限100億円で自社株取得枠を設定し、一時4%
高となった。
 「株主総会ピークの6月にかけて、自社株買いに踏み切る企業はさらに増えそうだ」とニッセイ基礎研究所の
矢嶋康次氏は話す。
 1月に日銀がマイナス金利政策の導入を決め、手元資金が多い企業への株主のプレッシャーが強まっている
ことが背景にある。成長投資に資金を振り向けないのなら、自社株買いで株主に報いるのが自然だ。
 上場企業の自社株買い実施は2015年度に5兆円近くと、8年ぶりに過去最高を更新する見込み。来年度に
かけて株価のけん引役と期待する声も多いが、最近は株高効果が短期間で終わるケースも目に付く。
 例えば日産自動車。自社株買いに最大4000億円を投じると2月26日に発表し、翌営業日は一時12%高となっ
た。ところが急騰後は値動きが落ち着き、発表翌営業日以降の値動きは日経平均より悪い。日産と同日に自社
株買いを発表した群馬銀行や山一電機なども株価はさえない。
 マイナス金利をきっかけに配当がもっと材料視されて不思議はない。金利低下で債券投資の妙味は薄れて
いるためだ。東証1部の配当利回り(単純平均)は約1.8%ある。
 昨年3月を振り返ると、配当の権利付き最終売買日を前に高利回り株の医薬株に買いが膨らんだ。年初から
3月16日までの株価上昇率は昨年はエーザイが46%、武田薬品工業は26%に達していたが、今年は2銘柄
とも逆に10%前後下落している。配当利回りが2~3%と東証1部平均を上回るにもかかわらずだ。
 「安定した高配当は魅力だが、今春の薬価改定が業績に与える悪影響が手控え要因となっている」(クレディ
・スイス証券の酒井文義氏)。業績懸念が目先の買い意欲をそぐ構図だ。

151.名前:山師さん@トレード中 sage
投稿日:2016/03/17(木) 09:51:49.38 ID:8DbNpIHr.net

これは日本株全体にも当てはまる。三菱UFJ国際投信によると、16年度の主要企業の1株利益の伸び率は
約10%。円高を踏まえれば高い伸びだが、見逃せないのが特別損失が一巡する効果だ。
 今年度は東芝が不適切会計問題で巨額赤字に沈み、資源安などを受けた減損損失の計上が商社や資源
関連株に相次いだ。企業の「稼ぐ力」は利益の伸びほど強くないとも解釈できる。
 停滞が続く個人消費を受け、株式市場では来春の消費増税の延期シナリオがにわかに浮上。選挙をにら
んだ政府の財政出動も取り沙汰される。業績不安を払拭し、相場が勢いを取り戻すには、景気の見方その
ものを変える材料が必要なのかもしれない。(伊藤正倫)

152.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/17(木) 09:52:34.16 ID:8DbNpIHr.net

主な成り行き注文(東証・前場)みずほFG129万株の買い越し 
2016/03/17 09:00 日経速報ニュース 146文字
 17日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFGが129万株、三菱UFJ98万株、
神戸鋼63万株、ソニー29万株などだった。
 一方、主な売越銘柄は商船三井が23万株、シャープ17万株、野村12万株、DMG森精機9万株などだった。

153.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/17(木) 09:52:51.73 ID:GDMNpRO8.net

逝ったぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

■■■ 全部売れ! ■■■
米国債利回り低下
ドル円は105円~100円の動きへ

■■■ 全部売れ! ■■■
  日本株は大暴落する 
 TPPが承認されない可能性台頭
 与野党陣営、日本叩きで一色

▼協定の破棄も想定しなければならない

▼TPP、米国で承認は困難を極める
▼米国ピー家の多数は怒りにも似た声
▼アベノミクスの根幹が揺ぐだろう

■■■ 全部売れ! ■■■
英国のEU離脱、金融リスク台頭
▼June 23 will be a pivotal day in modern British history
6月23日は近代英国史において重要な日になるだろう

▼“Brexit” Carries Risks for Both U.K., Europe (wall street journal)
“Brexit”は英国、EUの双方にリスクを伴う
▼巨大金融機関が混乱に陥る

▼ユーロ、ポンドがどれくらい下落するのかめど立たず

154.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/17(木) 16:06:45.47 ID:MXWOckxC.net

主な成り行き注文(東証・後場)野村16万株買い越し 
2016/03/17 12:31 日経速報ニュース 126文字
 16日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFGが52万株、野村16万株、
シャープ15万株などだった。
 一方、主な売越銘柄は三菱UFJが12万株、日本通信3万株、大陽日酸3万株などだった。

155.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/17(木) 16:07:49.89 ID:MXWOckxC.net

株、海外勢の売越額が過去最高・3月第2週 信託銀は16週連続買い越し
2016/03/17 15:35 日経速報ニュース 304文字
 東京証券取引所が17日に発表した3月第2週(7~11日)の投資部門別株式売買動向(東京・名古屋2市場、
1部、2部と新興企業向け市場の合計)によると、海外投資家(外ピー)は10週連続で売り越した。売越額は1兆1
932億円と、1982年7月に統計の公表を始めて以来で最大だった。前の週は954億円を売り越していた。
 個人投資家は3週ぶりに買い越した。買額は2038億円。一方、年金基金の動向を映すとされる信託銀行は16週
連続で買い越し、買越額は736億円だった。16週連続の買い越しは2007年10月第5週から2008年2月第2週まで
16週連続で買い越して以来の長さだった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

156.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/17(木) 22:54:53.71 ID:XDfEKhPq.net

勃起

157.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 01:36:31.43 ID:RNAMQZUx.net

佐藤全銀協会長、マイナス金利下での預金「欧州の事例を相当に研究」
2016/03/17 18:16 日経速報ニュース 267文字
 全国銀行協会の佐藤康博会長(みずほフィナンシャルグループ社長)は17日の定例記者会見で、日銀のマイナス金利導入
を受け、銀行預金にマイナス金利や手数料を適用する可能性について聞かれ「(すでにマイナス金利政策を導入している)欧州
の事例での影響などを慎重に判断していく段階だ」と述べた。すでにマイナス金利政策を導入している欧州については「大口預金
で(手数料を取った)事例がないわけではない。ただ個人(の銀行)預金へのマイナス金利の適用が難しかったのは事実だ。欧州
の事例は相当に研究している」とも話した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

158.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 04:10:06.37 ID:YZek96Nf.net

北海ブレント先物17日 続伸、1バレル41ドル台半ば
2016/03/18 03:07 日経速報ニュース 101文字
【NQNロンドン】17日のロンドン原油市場(ICEフューチャーズ)で北海ブレント先物相場は続伸。午後6時現在、
期近の5月物は前日終値に比べ1.10ドル高の1バレル41.36ドルで取引されている。

159.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 06:26:49.03 ID:fUUFj/s9.net

スティグリッツ氏、マイナス金利「効果に限界」、成長促す財政支出を。
2016/03/18 日本経済新聞 朝刊 2ページ 1117文字 書誌情報
 来日中のスティグリッツ米コロンビア大教授は17日、日本経済新聞とのインタビューで、日銀のマイナス金利政策について
「効果には限界がある」と述べた。2017年春の消費増税は「すべきでない」と指摘。16年の世界経済は、金融危機後で
最も成長率が低い年になるとも予想した。
 ――16日の政府の「国際金融経済分析会合」で、17年春の消費税率引き上げに反対した理由は。
 「日本経済はそう堅調ではない。消費者物価の上昇率も目標の2%を大きく下回る。賃金も十分上向いていない。世界
経済も非常に弱い。今は引き上げる時ではない」
 「税収を増やしたいなら需要増につながる税制がいい。例えば(化石燃料の消費に課税する)炭素税を導入すれば企業や
家計の関連投資を促し経済をピー激する」
 ――世界経済の現状をどうみますか。
 「16年は金融危機後で最も弱かった15年を下回る。ピー経済は減速している。欧州も振るわず、欧州中央銀行(ECB)
の金融政策にも市場は懐疑の目を向ける。いわば大いなる停滞だ。1990年代以降の日本と同じで、すごい苦境ではないが
繁栄もしていない」
 ――日銀のマイナス金利政策を支持しますか。
 「マイナス金利は銀行に打撃を与え、貸し出しを妨げるおそれがある。効果はないよりましという程度。日銀は世界の中央銀行
で最も想像力を発揮したが限界はある」
 「今、必要なのは財政政策に他ならない。技術や教育への投資、格差問題に対応する子ども手当など社会要請に沿った
公的投資を行うべきだ」
 ――日本の財政の健全性は問題ありませんか。
 「財政が心配なら増税する手もある。経済をピー激する増税と成長を促す財政支出を組み合わせれば、将来の歳入増も期
待でき債務削減に役立つ」
 ――ピー晋三政権は企業に賃上げを促していますが、道半ばです。
 「目的は正しいが、賃金に影響を与えるには動機づけが必要だ。日本では十分でないと思う」
 ――新著「これから始まる『新しい世界経済』の教科書」(徳間書店)では格差拡大の背景を分析しています。
 「格差は経済の力学だけでなく、政策に左右される。米国では30年ほど前、レーガン政権の前後から経済のルールが変わった。
富裕層減税や金融規制の緩和、組合の弱体化などを進めた」
 「これをまねた多くの国は今、米国の実験が失敗したと思っている。富裕層だけが豊かになり、下位90%の層は所得がほとんど
上昇していない。だから、また経済ルールを書き直す必要がある」
(聞き手は経済部次長 西村博之)

160.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 06:34:24.70 ID:fUUFj/s9.net

日本株ADR17日 買いが優勢 アドテストやみずほFG高い
2016/03/18 05:15 日経速報ニュース 147文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】17日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には買いが優勢だった。
同日の米株式相場が大きく上昇し、日本株のADRにも買いが入りやすかった。アドテストやみずほFGが上昇、
ソニーや三菱UFJも高い。オリックスや野村も上げた。一方、キヤノンとNTTドコモは下げた。

シカゴ日本株先物概況・17日
2016/03/18 06:11 日経速報ニュース 268文字
【シカゴ支局】17日の日経平均先物は反落した。6月物の終値は前日比140円安の1万6700円だった。17日の
大阪取引所の終値を120円下回った。米の利上げペースが緩やかになるとの観測から円高・ドル安が進み、売りに押された。
 16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、今年の年末時点の政策金利見通しが、3カ月前の見通しから
引き下げられた。6月物は一時1万6435円まで売られたが、取引終了にかけて米株高を受けた買いも入って下げ渋った。
6月物の高値は1万7120円だった。
 推定売買高は6万9152枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

161.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 09:13:11.75 ID:sh/KDyCk.net

主な成り行き注文(東証・前場)東芝110万株買い越し 
2016/03/18 09:06 日経速報ニュース 143文字
 18日の東証1部の前場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄は東芝が110万株、みずほFG29万株、
シャープ28万株、板硝子28万株などだった。
 一方、主な売越銘柄は日立が25万株、三井住友トラ16万株、日産自14万株、鬼ゴム13万株などだった。

162.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 09:39:05.49 ID:sh/KDyCk.net

マイナス金利1カ月 新生銀社長、追加利下げ「悪循環呼ぶリスク」
2016/03/18 09:28 日経速報ニュース 1703文字
 日銀による当座預金の一部に対するマイナス金利適用から1カ月がたった。長期金利の指標となる新発10年物国債利回り
がマイナスとなるなど金利水準が大きく切り下がるなか、金融機関の収益悪化に対する懸念は根強い。銀行経営者は日銀に
よるマイナス金利政策の影響をどうみるのか。新生銀行(8303)の工藤英之・代表取締役社長に聞いた。

■資金需要高まらず、金融緩和の効果限界も
――マイナス金利政策の経済への波及効果をどうみますか。
 「イールドカーブ(国債の利回り曲線)が急低下しており、借り入れが多い個人や企業の金利負担の軽減効果は期待できる。
実際、住宅ローンの引き下げを発表した後、個人から問い合わせが殺到した。だが債務を長期化や固定化を目的とした借り
換え需要がほとんどで、新規の住宅購入や設備投資を目的とした融資は盛り上がりに欠ける」
 「(デフレ脱却などについて)日銀のマイナス金利政策だけに責任を負わせるのは問題だ。政府が成長戦略を実行しなければ、
潜在成長率の底上げにつながらず将来の経済成長をにらんだ投資は増えない。政府は起業支援や個人の資産運用を促進す
る税制改革、人材不足解消のための女性登用などの改革に早期に取り組むべきだ。日銀は(デフレマインド払拭のため)金融
緩和を進めているが、政府も時間軸を意識して政策を実施する必要がある」

■「貯蓄から投資」の流れ停滞気味
――マイナス金利導入後、事業環境はどう変化していますか。
 「個人の動向は不透明だ。本来、低金利環境では株などリスク資産への投資が増えてもおかしくない。ただ、昨年から金融
資本市場が不安定さを増し『貯蓄から投資』の流れがスローダウンしている。投資信託の販売手数料など非金利収入は減って
いる。マイナス金利が期待するような政策効果を発揮するには、株式相場の安定が非常に重要な要素になるだろう」
「新生銀の主力事業である消費者金融の貸出金利は高く、国債利回りがマイナスとなっても影響は受けにくい。むしろ資金調達
コストが低下しているため、利ざやは拡大する可能性がある。法人融資や有価証券運用に注力する金融機関は経営面で打撃
を受けるとみられるが、新生銀はそれらの割合が少ない。現在の金利水準なら収益に大きな影響はないとみている」
「地方銀行を中心に金融機関の経営環境が一段と苦しくなったのは間違いない。個人ローンなど新たなビジネスや非金利収入
の増加などに取り組んだ後、コスト削減のために業界再編が進むのは自然な発想だ」

■資源安一服で株価安定、波乱要因は日銀の追加利下げ
――2016年度の金融市場環境をどうみますか。
 「極端には悲観していない。15年度はピー経済の減速が資源価格の下落や新興国経済の景気不安を誘い、金融市場の
混乱が続いた。ただ資源価格は自律反発が見込める水準まで調整が進んだとみている。資源価格の安定は新興国経済の
不安感を払拭し、株式市場は落ち着きを取り戻すだろう」
 「波乱要因は日銀が追加利下げに踏み切り、さらなる利下げ観測を呼ぶことだ。機関投資家や個人はリスク回避姿勢を強め、
悪循環に陥るリスクがある。追加利下げはプラスとマイナスの効果があるだけに、政策決定は慎重に見極めてほしい」

■運用難の影響受けにくく、外貨建て資産の拡大継続へ
――国債利回りの低下で金融機関の運用難が指摘されています。
 「短期的には金利低下に伴い、保有国債の評価額が上昇している。今後は国債の償還、そして再投資を繰り返すたびに
運用利回りは低下していく。ただ、新生銀は低金利の長期化を前提に有価証券運用の圧縮を進めてきたため、収益に占める
有価証券運用への依存度は既に低くなっており大きな影響は出ない」
 「日銀の追加利下げは覚悟しておくべきだ。ALM(資産・負債の総合管理)の観点では余剰資金をできるだけ減らすように
管理し、円以外の通貨での運用を拡大する流れを強めていく」

163.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 10:59:52.30 ID:r6KDquUr.net

東証10時、下げ幅拡大 円じり高でリスク回避、トヨタ一段安
2016/03/18 10:16 日経速報ニュース 518文字
 18日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を拡大した。下げ幅を一時300円超に拡大し、
1万6600円台前半まで水準を切り下げる場面があった。外国為替市場で円相場がじり高となり、投資家心理
が悪化。運用リスクを避ける目的で売りが広がった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も一段
安となった。
 円相場が東京市場でも1ドル=110円台に上昇し、企業の輸出採算が悪化するとの懸念が強まった。トヨタや
日産自が下げ幅を拡大。日経平均への影響が大きい値がさのファストリやソフトバンクにも売りが波及し、相場全体
を下押しした。
 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6330億円、売買高は6億1165万株だった。東証1部の値下がり銘柄
数は1439と、全体の74%を占めた。値上がりは403、変わらずは104銘柄だった。
 金融の三菱UFJや三井住友FGが下落。SUMCOの値下がりが目立ち、中期経営計画を発表したエプソンも売り
に押されている。一方、東芝が上昇。パナソニックや三井物が小高い。
 東証2部株価指数は3日続落。アートSHDやサイオスが下落し、ランドコンピとヨネックスが上げた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

164.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 12:45:41.36 ID:r6KDquUr.net

主な成り行き注文(東証・後場)鬼ゴム11万株売り越し 
2016/03/18 12:29 日経速報ニュース 127文字
 18日の東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な売越銘柄は鬼ゴム11万株、アコム2万株、アイフル2万株などだった。
 一方、主な買越銘柄は三菱UFJが23万株、みずほFG22万株、三菱ケミHD14万株などだった。

165.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 12:54:04.50 ID:sECkjv1T.net

うわぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

東京市場の3連休中、円急騰の噂

■■■ 全部売れ! ■■■ 
東京市場に流れている情報

来週月曜日は日本が休日ということもあり「本邦勢がいないところでさらに下を狙われるのではないか」

■■■ 全部売れ! ■■■ 
ドル円見通し Dollar yen prospect
==================
105yen~100yen(end of march)
==================

■■■ 全部売れ! ■■■ 
ドル安長期化か、ハト派化するFRB
ドル円は最終的には95円程度まで進行する余地(ロイター)

166.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 13:21:37.09 ID:AuXs0L2o.net

長期金利最低 量的・質的金融緩和の限界論再燃も・井川氏
2016/03/18 13:07 日経速報ニュース 454文字
 井川雄亮・UBS証券デスクストラテジスト 18日午後の債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の
利回りが過去最低となるマイナス0.135%を付けるなど、幅広い年限で利回りが急低下したのは、日銀の国債買い
入れオペ(公開市場操作)への応札が大幅に減少したためだ。投資需要の強い年度末の時期のため、債券不足が
深刻になっている。市場では「売れる国債がない」という状況だろう。超長期債について、対象としたオペは月内にあと
2回ある見込みだが、入札は新年度に入る4月まで実施されない。一段の需給の引き締まりが想定される。
 今回のオペ結果を受けて、市場ではオペの応札額が落札額に満たない「札割れ」への懸念が高まりそうだ。その場合、
日銀が実施する量的・質的金融緩和に限界が近いとの見方が再び強まるだろう。市場では追加緩和期待は根強い。
一層の資産買い増しが難しいとの思惑が広がった場合、債券相場には特に懸念材料とはならないだろうが、円高が進む
など、他市場に影響を及ぼす可能性がある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

167.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 13:22:39.85 ID:AuXs0L2o.net

東証後場寄り、軟調 円高懸念くすぶり、日東電が一段安
2016/03/18 13:13 日経速報ニュース 428文字
 18日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は軟調な展開となった。1万6600円台半ばで推移し、
下げ幅は280円程度と前引け時点から広げた。円高加速への懸念がくすぶり、輸出株を中心に買いを手控え
る雰囲気が強い。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)もさえない値動きを続けている。
 前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は
約39億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2292億円、売買高は11億7891万株
だった。東証1部の値下がり銘柄数は1463と、前引け時点からやや増加。値上がりは385、変わらずは98銘柄だった。
 日経平均への影響が大きい値がさの日東電が後場入り後に一段安。KDDIが下落に転じた。今期の業績予想
を引き上げた日本取引所も売りに押されている。一方、JUKIや日揮が上昇。ソニーとパナソニックが小高い。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

168.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 13:24:17.13 ID:AuXs0L2o.net

株、ざわつく消費増税先送り論 兜町でも始まる頭の体操
2016/03/18 13:14 日経速報ニュース 1113文字
 18日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落した。外国為替市場で円相場が一時1ドル=110円台まで円高
方向に振れ、企業の輸出採算が悪化するとの懸念が拡大。前日比217円安で前引けを迎えた。下値模索となった相場
を横目に、参院選が迫る「永田町」での目下の話題は2017年4月に予定している消費増税の先送り論だ。静けさを保つ
ようにみえる「兜町」でも、頭の体操をする参加者が出始めた。

 18日午前の市場ではイオンやセブン&アイなど小売株にも下げる銘柄が目立ったが、視線を遠くに延ばすと景色は一変
する。日経平均が前週末から1%超下落する一方、業種別東証株価指数の「小売業」は1%強上げた。円高の悪影響
を受けづらい内需株を物色する流れに乗った面はあるが、市場では「消費増税を先送りするとの期待が一役買った」(イン
ベストラストの福永博之代表)との見方が聞かれる。

 政府が世界経済について有識者と意見交換する「国際金融経済分析会合」では、スティグリッツ米コロンビア大教授が
「現在のタイミングでは消費税を引き上げるべきではない」などと発言。18日には「ピー晋三ピーが景気の足踏み状態が
続いた場合には先送りする方向で検討を始めた」との一部報道も飛び出た。

 菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、先送りの検討を開始したとの報道について「そのような事実はない」と説明。
火消しに動いたが、国際金融経済分析会合は5月下旬の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)までに合計で5回以上開く
予定だ。市場では増税先送りの布石を打つための会合との「読み」が勢いを増しつつある。

 にわかに盛り上がってきた増税再延期論。クレディ・スイス証券の白川浩道チーフエコノミストは「実際に先送りとなれば、
増税による消費の落ち込みを避けられるとの見方から、海外投資家は日本株買いに動く」とみる。消費者の節約志向を
弱める効果も期待され、三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジストは「小売りや外食など消費関連
銘柄への買いを促す可能性が高い」と指摘する。

 ただ、市場は歓迎一色ではない。市川氏は「海外投資家は財政再建にも注目している」と強調。初動は好感しても
財政への懸念が次第に高まると読む。財政再建に向けた具体的な道筋を併せて示さないと単なる選挙対策と受け取られ
かねず、相場の勢いも短命になりかねないという。

 財政出動や追加金融緩和など、とかく政策頼みになりがちな現在の東京株式市場。「円高に伴い企業収益の下振れ
懸念が強まる」(みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミスト)なか、投資家の視線は市場の外に向いている。
〔日経QUICKニュース(NQN) 内山佑輔〕

169.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 14:02:24.59 ID:AuXs0L2o.net

市場ニュース
2016年03月16日15時18分
【市況】欧州大手証券、日銀発表はメガバンクにポジティブ、三菱UFJと三井住友FGを推奨
 クレディ・スイス証券の金融セクターのリポートでは、日銀が3月15日に発表したマイナス金利に係る変更点は、
メガバンクにとってポジティブなものと指摘。また、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)へのマイナス金利除外で、一時
的に証券会社の株価が急騰する場面があった事に関しては、ネガティブではないが大きなポジティブインパクトが
あるわけでもないと解説。
 個別に関しては、メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>と三井住友フィナンシャルグループ
<8316>を引き続き推奨して、銀行以外の金融では、今回の発表で明らかなベネフィットを受ける企業はないと解説。
 保険ではMS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725>、東京海上ホールディングス<8766>、
第一生命保険<8750>を推奨し、その他では、金利低下の影響がポジティブなクレディセゾン<8253>とオリックス
<8591>を推奨している。
《MK》 株探ニュース

170.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 14:03:47.84 ID:7SFVHMku.net

PERや配当から見たらもはやありえん安値だろ

171.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 14:04:11.27 ID:7SFVHMku.net

それでも下がるのだからすさまじい

172.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 16:12:04.47 ID:XT7oTor2.net

長期金利再び過去最低、年度末で需給締まる 緩和限界論の再燃は注意 
2016/03/18 15:20 日経速報ニュース 1674文字
 18日の債券市場では、日銀の国債買い入れオペ(公開市場操作)の結果を受けて、幅広い年限の国債利回りが急低下した。
年度末で債券の投資需要が高まりやすいという特殊要因はあるものの、需給の引き締まりは新年度以降も続くとみられ、債券相
場の先高観は当面後退しそうにない。ただ、日銀の資産買い入れの持続性に対する懸念は、根強い追加緩和期待の後退にも
つながりかねず、注意が必要だろう。

■金利急低下、日銀オペへの「売り惜しみ」が原因
 長期金利は午後の取引開始直後に急低下し、一時マイナス0.135%と、8日に付けた過去最低水準(マイナス0.100%)を大幅
に更新した。新発20年物国債利回りも0.290%と過去最低を付けた。
 きっかけは、国債買い入れオペへの「売り惜しみ」だ。4本のオペのうち、残存期間「10年超25年以下」は、応札額を落札額で割
った応札倍率が1.35倍と、日銀が量的・質的金融緩和を導入した2013年4月以降のすべての国債(変動利付債を除く)買い入れ
オペの中でもっとも低い応札倍率となった。また残存期間「25年超」は、最低の(価格は高い)落札利回りが前日の引値比で0.240
%低い水準と、13年4月以降の国債の買い入れオペの中でもっとも低くなった。これらの結果は、国債を手元に置いておきたい投資
家の多さを示している。「25年超」に関しては、応札が少なかったために日銀は市場実勢よりも高値で国債を買い入れざるを得なく
なったわけだ。
 こうした結果となったのは、3月後半という時期が影響している。22日には日銀保有分を除いても7兆円あまりの国債が償還される。
来年度に向けて再投資を考える投資家は、プラス利回りがわずかながら残る超長期債への需要が強い。1月に日銀がマイナス金利
政策の導入を決めて以降、中期債の利回り低下は一巡したが、超長期債の利回り低下が続いているのは、投資家需要が超長期
債に集中しているからだ。

■日銀オペの「札割れ」リスク高まる
 前日の20年債入札を最後に、月内は超長期債の入札がない。一方で超長期を対象にしたオペは、日付は未定だが月内に2回
予定されている。市場では「(応札額が予定額に満たない)札割れのリスクが高まっている」(UBS証券の井川雄亮デスクストラテジ
スト)という声も出始めた。日銀が現在の量的・質的金融緩和を始めた13年4月以降、札割れは国庫短期証券(TB)で1度だけ
起きたことがあるが、国債オペはまだない。
 TBはオペの札割れをきっかけに金利が一時急低下したものの、それ以降は応札が回復した。国債オペも応札倍率が下がった後は
高値の応札を狙った応札が増える傾向があり、一本調子に応札倍率が下がるとは言い切れない。4月に入れば入札による国債の
供給も増え、需給の引き締まりは多少緩和される可能性もある。ただ、需給要因を背景とした金利低下という流れが大きく変わるわけ
ではないだろう。

■量的・質的金融緩和の「限界論」に波及も
 このままオペの応札が少ない状況が続けば、量的・質的金融緩和の「限界論」を台頭させかねない。そもそも市場では、国債の
さらなる買い増しは難しいとの見方が多く、日銀が追加緩和策としてマイナス金利を導入したのも国債買い入れの拡大が難しくなった
からとの受け止めが多い。こうした観測が再燃すれば、金利の低下ペースが鈍る、もしくは反転に向かうことも考えられる。
 黒田東彦総裁はマイナス金利の拡大だけでなく「今後とも量・質の面での追加緩和も選択肢」とピーなどで発言している。日銀は1
8日朝に公表した1月の金融政策決定会合の議事要旨は、マイナス金利の他に量的・質的金融緩和の拡大案も提示していたことを
明らかにするなど「量」の増加は可能との姿勢を改めてアピールしている。限界があるのかないのか、市場と日銀のどちらの主張が正し
いかはまだ結論が出る段階ではない。ただ、札割れの発生などに直面した時は、その後の日銀のかじ取りに対する見方次第で投資
家の判断が割れてくる場面も出てきそうだ。
〔日経QUICKニュース(NQN)依田翼〕

173.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 16:13:06.88 ID:XT7oTor2.net

東証大引け、続落 円高で心理悪化、トヨタ下落 2部も続落
2016/03/18 15:26 日経速報ニュース 599文字
 18日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比211円57銭(1.25%)安の1万6724円81銭で終えた。
外国為替市場で円高・ドル安が加速し、投資家心理が悪化。運用リスクの軽減を目的とした売りが広がった。JPX日経
インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も4日続落した。
 円相場が一時1ドル=110円台まで上昇し、企業の輸出採算が悪化するとの懸念が強まった。内需の勢いが鈍い中で
幅広い銘柄に収益の先行きを警戒する雰囲気が広がり、日経平均は下げ幅を300円超に拡大する場面もあった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆4504億円。売買高は22億9580万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1283と
、全体の66%を占めた。値上がりは555、変わらずは108銘柄だった。
 輸出株の代表であるトヨタが下落。金融の三菱UFJや三井住友FGが下げ、日経平均への影響が大きい値がさのソフト
バンクやファストリ、ファナックが売りに押された。一方、東芝が上昇。原油市況の持ち直しを手掛かりに国際石開帝石や
海洋掘削の値上がりが目立った。ソニーやパナソニックも上げた。
 東証2部株価指数は3日続落した。サイオスやラオックスが下げ、ヨネックスとケイアイ不が上げた。新規上場したイワキポンプ
は公開価格を2.5%上回る初値をつけた後、上げ幅を拡大して初日の取引を終えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

174.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 16:15:21.93 ID:XT7oTor2.net

日銀1月議事要旨、量的緩和拡大案も提示、マイナス金利「効果強める」。
2016/03/18 日本経済新聞 夕刊 3ページ 878文字 書誌情報
 日銀は18日、マイナス金利政策を決めた1月28~29日の金融政策決定会合の議事要旨を公表した。黒田東彦総裁の
指示をうけた日銀執行部がマイナス金利政策のほかに、量的・質的金融緩和の拡大という選択肢も提示していたことが分かった。
マイナス金利政策の効果を巡り意見を交わしたうえ、実体経済へのピー激を一段と強めるとして同政策を賛成多数で決めた。
 金融市場は年明けから原油価格の下落やピー経済の先行き不透明感を背景に株安・円高が進んでいた。会合では市場の
動揺が物価の基調に水を差しかねないとして追加緩和の是非を議論。黒田総裁ら政策を決める9人の委員は「投資家のリスク
回避姿勢が強まっている」との認識を共有した。
 多くの委員が「人々のデフレ心理の転換が遅れ、物価の基調に悪影響が及ぶリスクが増大している」と強調。予防的な措置と
して「追加的な政策対応を行うことが適当だ」との見解が多く出た。一方、すでに十分な緩和状態にあるとして「追加緩和を正当
化する理由はない」といった慎重意見を述べる委員もいた。
 議論を踏まえ、黒田総裁は日銀執行部に対し、追加緩和策として取りうる政策の提示を求めた。執行部は2013年4月に導入
し14年10月に拡充した量的・質的緩和の拡大と、マイナス金利政策の導入の2案を示した。
 提示に対し、政策委員の議論はマイナス金利政策の効果・副作用に集中した。同政策に賛成した委員は「資金供給量が同じ
であれば(貸し出しや株式投資へと資金が流れやすくなる)ポートフォリオ・リバランス効果を高める」と前向きな評価を示した。
「必要な場合、さらに引き下げることが望ましい」と追加緩和の余地にも言及した。
 一方、複数の委員は同政策の導入が「(国債など)資産の買い入れの限界と受け止められる可能性」があると反対論を主張。
「海外の中央銀行とのマイナス金利競争に陥る可能性がある」と通貨安競争への懸念を示す委員もいた。金融システムを不安定
にするリスクなどを踏まえ「危機時の対応策としてのみ妥当だ」との慎重論も出された。
 採決では黒田総裁ら5人の賛成で同政策の導入が決まった。

175.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 19:15:01.68 ID:TFzt7lRS.net

PERが数倍しかないのはさすがに異常だろ

176.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/18(金) 19:16:30.67 ID:LJkMzJHE.net

勃起

177.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 01:09:36.63 ID:nWeVrqVU.net

NY原油、41ドル台前半に上昇 3カ月半ぶり高値 アルジェリアでプラント爆発と伝わる
2016/03/18 21:59 日経速報ニュース 322文字
【NQNニューヨーク=野見山祐史】18日朝のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が一段高となった。
WTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)で期近の4月物は米東部時間8時(日本時間21時)すぎに1バレル41.13ドルまで
上昇し、2015年12月7日以来およそ3カ月半ぶりの高値をつけた。
 早朝にノルウェーのエネルギー企業スタトイルなどがアルジェリアで操業する石油プラントが爆発したと伝わった。詳しい被害状況
などは明らかになってない。外国為替市場ではドル安傾向が続いており、ドル建てで取引される原油の割安感は引き続き意識さ
れやすい。
 8時55分(同21時55分)現在は1バレル41ドル近辺で推移している。

178.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 01:11:42.02 ID:nWeVrqVU.net

米国株、続伸で始まる ダウ90ドル超高、原油高や欧州株高を好感
2016/03/18 22:47 日経速報ニュース 682文字
【NQNニューヨーク=野見山祐史】18日の米株式相場は6日続伸して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は
前日比54ドル28セント高の1万7535ドル77セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同13.943ポイント高の
4788.928で推移している。ダウ平均の上げ幅はその後90ドルを越えた。原油先物相場の上昇を受け、素材やエネルギー銘柄に
買いが入った。日本を除くアジア、欧州株式相場が上げた地合いを引き継いだ。ダウ平均は週間ベースで5週連続の上昇となる
ペースで推移している。
 個別銘柄では、宝飾のティファニーが小高い。朝方発表した2015年11月~16年1月期決算で売上高や1株利益が市場予
想を上回り、好感された。ホテル運営のスターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドが5%超高。ピーの安邦保険集団
などの企業連合から、同業のマリオット・インターナショナルの提示額を上回る買収提案を受けたと発表した。コロンビア・パイプライン
・グループは6%超高。前日夕にカナダの同業トランスカナダへ1兆円超で身売りすると発表した。市場予想を上回る四半期決算を
前日夕に発表したソフトのアドビシステムズも5%超高と52週(過去1年)高値をつけて推移している。
 ダウ平均の構成銘柄では自社株買いの枠拡大を前日夕に発表したJPモルガン・チェースが3%近く上昇。ゴールドマン・サックス
やピーン・エキスプレス、デュポンなどが高い。
 一方、ウォルマート・ストアーズやジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、キャタピラーなどは安く始まった。

179.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 02:06:40.99 ID:yCzMh77U.net

取引所株に映る先安観 世界で冷める成長への熱 スクランブル
2016/03/19 02:00 日経速報ニュース 1263文字
 日経平均株価は円高が重荷となり4日続落。正午には弱気ムードを変えるかと期待されたニュースも出た。日本取引所グループ
の業績上方修正だ。だが、市場は無反応で終わった。市場のインフラ、取引所株の人気薄が映すのは投資家の先安観だ。米国
でも期待先行で盛り上がってきた「モメンタム株」の急落が目立つ。共通するのは、株式離れの足音か。
 「太平洋の向こう側はピーも市場も熱狂しているのに……」。先週、大統領選挙に向けた予備選に沸く米国を訪問してきた日本
取引所の清田瞭最高経営責任者(CEO)の嘆き節だ。
 同社は18日、2016年3月期の連結純利益(国際会計基準)が従来予想(385億円)を上回り、前期比30%増の447億円に
なる見通しと発表した。にもかかわらず、株価は2%安。「円高圧力が高まる中で、相場の先高観をイメージできない投資家が多い」
(SMBC日興証券の太田千尋投資情報部部長)
 株式売買の減少が日米で進む。18日の東証1部の売買高は22億9500万株と今年の1日平均を約1割下回る。米ダウ工業株
30種平均も水準こそ年初来の高値にあるが、ニューヨーク証券取引所の3月に入ってからの1日平均売買高は10億5200万株と
今年の平均値を7%下回っている。
 根底にあるのが、世界経済の成長に対する不信感だろう。国際通貨基金(IMF)は16年の世界経済成長率を3.4%とみるが
「下振れリスクは大きい。原油市況の回復で足元は一時的に落ち着いているにすぎない」(BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフ
エコノミスト)との見方は多い。
 そんな投資家の不安が海外のモメンタム株の動きに鮮明だ。成長期待で買われ、値動きに勢いのあるバイオやIT(情報技術)
を指す。代表例がカナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズだ。薬価つり上げ疑惑に端を発し業績悪化懸念が高まっ
ている。17日までの4日間で6割下落し、直近高値の11%の水準に落ち込んだ。
 事は一銘柄にとどまらない。この銘柄を保有するヘッジファンドは多い。著名投資家のビル・アックマン氏が率いるパーシング
・スクエア・キャピタル・マネジメントは、昨年末時点で17億ドル弱(約1800億円)を保有。金融危機時に名をはせたジョン・ポール
ソン氏のファンドも13億ドル強を保有する。損失を抱えたファンドのリスク許容度が下がり、含み益のある銘柄を売却する可能性
もある。
 個人投資家も勢いを欠く。マネックスグループが日米中の個人投資家に世界の株式市場見通しを聞いたところ、2016年3月
のDI(「上昇」から「下落」を差し引く)は3地域すべてマイナスに沈んだ。そろってマイナスになるのは11年12月の調査以来、4年
3カ月ぶりだ。
 「企業統治改革に真剣に取り組む日本企業に投資したい」(フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチのカーク・ニューライター氏
)と一部に強気の見方はある。ただ米国の世界成長エンジン論やアベノミクスへの熱狂は消えつつある。市場には再び熱くなれる
材料が必要だ。
      (関口慶太)

180.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 02:23:31.32 ID:yCzMh77U.net

邦銀の対外与信残高3・3%増の424兆円、昨年12月末
2016.3.18 18:36
 日銀が18日発表した国際決済銀行(BIS)国際資金取引・与信統計の日本集計分によると、平成27年末の邦銀の
対外与信残高(最終リスクベース)は3兆5179億ドル(当時レートで約424兆円)で、9月末時点に比べ3・1%増えた。
米国が4・3%増の1兆4801億ドル、ピー(香港除く)は4・2%減の671億ドル、インドネシアは3・3%減の231億ドル
だった。

181.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 07:05:44.32 ID:vtDid4ts.net

三菱UFJが米事業を再編、銀行・証券など連携。
2016/03/19 日本経済新聞 朝刊 5ページ 197文字 書誌情報
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は米国事業を再編する。銀行と証券会社、信託銀行の一部を7月に現地の
持ち株会社の傘下にまとめる。米当局が導入する新たな金融規制に対応した動きだ。グループ会社の連携を強め、融資や
債券発行など多様化する顧客ニーズを柔軟に取り込める体制にする。持ち株会社「MUFGピー」が三菱東京UFJ銀行
や三菱UFJ証券ホールディングスの米国法人を傘下におさめる。

182.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 07:09:55.04 ID:vtDid4ts.net

米国株、ダウ続伸 120ドル高 2カ月半ぶり高値、リスク資産に買い意欲 
2016/03/19 05:38 日経速報ニュース 1084文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6日続伸し、前日比120ドル81セント(0.7%)高の
1万7602ドル30セントで終えた。緩和的な金融政策が長引くとの観測が強まっており、この日も米国株の買いを誘った。
 16日までの米連邦公開市場委員会(FOMC)後、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースは緩やかになるとの見方が強まっ
ている。当面は株などリスク資産に資金が流入しやすい環境が続くとして、IT(情報技術)や金融、資本財関連などに資金が向かった。
 商品相場も底入れし、戻りを試す展開が続いている。ニューヨーク原油先物はこの日は反落して終えたものの、期近物は節目の1
バレル40ドルを大きく割り込まずに推移した。投資家が運用リスクを取りやすい地合いだったという。
 外国為替市場ではここ数日間にドルが対主要通貨で大きく下げ、米企業の逆風とされるドル高への警戒感がやや和らいだ。企業
業績に対する懸念がやや後退したとの見方も相場の押し上げ要因となった。
 ダウ平均の週間の上げ幅は388ドルで、5週連続で上昇した。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、同20.662ポイント(0.4%)高の4795.647と1月6日以来の高値で
終えた。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は15年12月30日以来の高値となった。
 業種別S&P500種株価指数(全10業種)では「ヘルスケア」や「金融」など7業種が上げ、「電気通信サービス」や「公益事業」など
が下げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約25億8000万株(速報)。ナスダック市場は約25億5000万株(同)だった。株価指数
先物や同オプションなどの権利行使最終日が重なり、売買高が膨らんだ。
 前日夕に自社株買いを拡大すると発表したJPモルガン・チェースが高い。朝方発表した四半期決算で売上高が市場予想ほど落ち
込まなかった宝飾のティファニーも上昇。前日夕に発表した決算が市場予想を上回ったソフトのアドビ・システムズも上げた。
 ホテル運営のスターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドが大幅高。ピー保険大手などの企業連合から、マリオット・インタ
ーナショナルの提示を上回る買収提案を受けたと発表した。カナダのパイプラインのトランスカナダに身売りすると発表した同業のコロン
ビア・パイプライン・グループも買われた。
 財務負担が懸念され、トランスカナダは下げた。ダウ平均ではマイクロソフトや小売りのウォルマート・ストアーズも安い。

183.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 07:11:00.54 ID:vtDid4ts.net

日本株ADR18日、売り優勢 アドテストや京セラが下落
2016/03/19 05:12 日経速報ニュース 143文字
【NQNニューヨーク=神能淳志】18日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には売りが優勢だった。
米株式相場が堅調だったものの、日本の株安が響き、日本株ADRも売られる銘柄が多かった。アドテストや
京セラが下落した。NTTやトヨタも安い。一方で、キヤノンや三井住友FGなどが買われた。

シカゴ日本株先物概況・18日
2016/03/19 06:13 日経速報ニュース 185文字
【シカゴ支局】18日の日経平均先物は小幅に続落した。6月物は前日比60円安の1万6640円で取引を終えた。
18日の大阪取引所の終値は130円上回った。前夜の大取で売られた地合いを引き継いだ。ただ、米株高を好感
する買いも入って、下げ渋った。
 18日の6月物安値は1万6440円、高値は1万6800円だった。
 推定売買高は5万4766枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

184.名前:山師さん@トレード中
投稿日:2016/03/19(土) 14:45:42.69 ID:9ddyBpkv.net

みずほ証券、TV電話で投資相談 みずほ銀の支店で
2016/03/19 12:13 日経速報ニュース 436文字
 みずほ証券は顧客がテレビ電話を通じて営業員と投資について相談できるサービスをみずほ銀行の支店で始める。
支店に駐在する営業員の業務を補完するほか、相談を希望する顧客の待ち時間を短縮する。証券界でこうした
取り組みは珍しく、銀行顧客が投資しやすい環境を整える狙い。
 22日から江戸川橋支店(東京・文京)に設けた簡易店舗「プラネットブース」にあるテレビ会議システムを使って相談
業務を始め、対象となる店舗を順次増やす。投資相談のほか新規口座の開設や金融商品の売買注文なども手がける。
テレビ電話の画面では、原則として対面での営業の経験のある社員が対応する。
 大手銀行グループ各社は融資が伸び悩むなか、傘下の証券会社と個人向け営業戦略を一体化し手数料収入の
拡大を目指している。みずほグループは全国165の銀行支店に証券の社員が駐在するブースを設けている。
 ただ、証券会社の社員が不在の際は、顧客に対応できないこともあった。テレビ電話で顧客が投資に関する相談を
常に受けられるようにする。

Leave a Reply

x

Check Also

【6753】シャープ【締結確定!〜そして伝説へ〜】

1.名 ...